メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

2020.12.13

社内報のつくりかた

【社内報の企画・ネタ】春の社内報を制作するなら?

【社内報の企画・ネタ】春の社内報を制作するなら?

4月は季節としてのイベントが多いことはもちろん、新卒社員が入ってきたり人事異動があったりと、何かとニュースの多い時期です。社内報へ載せるべきネタも豊富ですが、毎年同じような話題が上がる中、制作担当者は...

2020.12.13

社内報のつくりかた

PDFで社内報を配布するメリット・デメリット

PDFで社内報を配布するメリット・デメリット

社内報は、どのような形態に仕上げるかによって配布の方法が大きく異なります。仕上げ方は大きく分けて紙、PDF、webの3種類があり、その特徴やメリット、デメリットもさまざまです。社員数が1,000人を超...

2021.06.02

社内報のつくりかた

社内報のWEB化について考える

社内報のWEB化について考える

こんにちは!かわうそです。今回は「WEB社内報」をテーマに考えてみたいと思います。社内報を紙や冊子で発行している会社も多い一方で、情報の速報性に優れ社内コミュニケーションの活性化にもつながるWEB社内...

2020.11.10

社内報のつくりかた

社内報の自己紹介が思いつかないときに!使えるテンプレート

社内報の自己紹介が思いつかないときに!使えるテンプレート

新入社員で最初に困るのは自己紹介を書くことです。なかなか自分の力だけでは内容を思いつくことができません。そんなとき、テンプレートがあれば自己紹介で書くことに悩まずに済みます。自分をより知ってもらいたい...

2020.12.12

社内報のつくりかた

もっと読まれる面白い!社内報の表紙タイトル

もっと読まれる面白い!社内報の表紙タイトル

社内報は読んでもらわないと意味がありません。社内報を手に取る人は、最初にタイトルに注目します。面白いタイトルであれば、多くの人の印象に深く残り、話題になりやすくなります。タイトルに興味を持ってもらえる...

2020.12.13

社内報のつくりかた

社内報への寄稿のお願いと修正依頼の方法

社内報への寄稿のお願いと修正依頼の方法

社員に読んでもらう社内報を作るためには、興味深い内容を充実させることが大切です。そのための方法として、寄稿してもらうのはおすすめできます。興味深い内容の原稿をもらえば、それが社内報の大きな目玉となるで...

2019.02.12

社内報のつくりかた

社内報の作成に悩んだときに!参考になる書き出しのポイントは?

社内報の作成に悩んだときに!参考になる書き出しのポイント...

社内報にはさまざまな記事を掲載します。そのため、社内報の作成にあたっては、書き出しの段階から書き方に迷ってしまう人も多いです。書き出しは、読者が本文まで読むかどうか判断するために目を通す部分です。その...

2021.01.20

社内報のつくりかた

社内報のレイアウトの考え方は?おすすめテンプレートは何?

社内報のレイアウトの考え方は?おすすめテンプレートは何?

より多くの人に自分たちが心を込めて作った社内報を読んでもらいたいというのは、社内報担当者の願いですよね。しかし、毎日忙しく働く社員に、仕事の合間や休憩時間などの限られた時間のなかで社内報を読んでもらう...

2020.12.12

社内報のつくりかた

魅力的な社内報のタイトルで、企画をもっとアピールしよう

魅力的な社内報のタイトルで、企画をもっとアピールしよう

社内報の記事には見出しをつける必要があります。見出しによって、その記事の内容をわかりやすく伝えることができ、読者にアピールすることになります。ただし、見出しは魅力のあるものにしなければ読者を惹きつける...

2020.12.12

社内報のつくりかた

インナーブランディングとは?目的・役割と浸透方法

インナーブランディングとは?目的・役割と浸透方法

ブランディングには顧客に対して企業や商品の価値を伝えるアウターブランディングと、企業内において社員に企業の価値を浸透させるインナーブランディングの2種類があります。アウターブランディングと比べてインナ...
社内報作成に役立つ資料を 今なら無料プレゼント!

全9種類

社内報作成に役立つ資料を 今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する
お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-6210-1433

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

社内報お役立ちコラム

ページトップへ