メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

家族満足度を上げれば顧客満足度も上がる?

家族満足度を上げれば顧客満足度も上がる?

今回は、ダイバーシティ・働きがいのある会社に関連したニュースをお届けします!

突然ですが、みなさんは家族に職場の説明はしたことありますか? 家族からの理解があるのと無いのとでは、働いていて全然違いますよね。今、家族に対する企業の取組みが話題となっております。
社内報でも家族に対する取り組みをすることができますよね。例えば、社員の家族に会社の事をもっと理解してもらうことを目的に特集を組んだりすることです。

今回は家族満足度を向上させるとなぜ良いかをご説明致します!
そして、そのような傾向から全国で急増している「ファミリーデー」という取り組みも一緒にご紹介します。
ぜひ、ご参考にして頂ければと思います。

FS(家族満足度)施策の重要性

従来、CS向上のためにES向上を目指す企業様が多かったですが、 近年では、ESの土台であるFSに対して施策を実施する企業様が増えています。

 

 

lesson34_img01

 

FSへの施策に関心が高まったのは
FSを向上させることで、CS・ESをさらに向上させたいという
企業側の思いが強まっているからです。

 

lesson34_img02

このような背景から、
家族向けだけの社内報を発行されている企業様が増えているそうです。 

「ファミリーデー」とは? 

 会社として従業員のご家族の職場訪問を受け入れる取り組みを行う日のことを言います。
家族の皆さまに企業に対する理解を深めてもらい、会社全体として従業員の大切なご家族の存在を再認識することを目的に実施されています。

そうすることで、「働きやすく、家族を大切にする職場の雰囲気づくり」につながり、従業員のワークライフバランス推進も図ることができるという仕組みです。

例えば「リコー(株)」さんは、家族が職場体験できる機会にしたり。
例えば「ソフトバンクグループ(株)さんは東北支援と関連して開催したり。

ちなみに当社グループの印刷会社でも、
工場見学やオリジナル名刺づくり体験などの印刷会社ならではのプログラムで実施しています!

いろいろな会社の取り組みを見てみると、現在はFS向上に取り組んでいない企業さまでも、今後社内報で取り組むべきテーマや社員のワークライフバランスにつながるポイントが見えてくるかもしれません!

自社だけではなく、他社のCSRの取り組みの傾向もチェックして、広い視野で社内報のネタづくりに取り組んでみてください。

また新たなネタを見つけましたら、ご報告させていただきます!

SHARE

全9種類

社内報作成に役立つ資料を 今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する
お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

全9種類

社内報作成に役立つ資料を
今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

新着記事

2019.04.08

社内報の創刊号を作るには?制作のポイントを徹底解説!

社内報のつくりかた

社内報の創刊号を作るには?制作のポイントを徹底解説!

社内報の創刊号を作るには?制作のポイントを徹底解説!

社内報は社員が会社のことを理解し、共感したうえで仕事を行うための大きな役割を担っています。今まで社内報を発行していない会社で創刊号を任された担当者は、社内報をどのように作るべきなのか悩んでしまうことで...

2019.04.04

社内広報は何のためにある?重要性や得られるメリットは?

社内報のつくりかた

社内広報は何のためにある?重要性や得られるメリットは?

社内広報は何のためにある?重要性や得られるメリットは?

この記事を読んでいる方は、恐らく、社内広報担当になった・社内報を制作することになったという方も多いでしょう。さらに初めての制作ともなれば不安なことももちろん多いでしょう。そこでこの記事では、社内広報の...

2019.03.28

コンプライアンス対策と社内報

社内報のつくりかた

コンプライアンス対策と社内報

コンプライアンス対策と社内報

こんにちは!かわうそです。今回は「コンプライアンス」をテーマに考えてみたいと思います。そもそもコンプライアンスとは、一体何でしょうか?よく「法令遵守」という言葉に置き換えられることが多いものの、きちん...

2019.03.22

社内コミュニケーションツールの現状は?活用するメリット・デメリット

職場活性化

社内コミュニケーションツールの現状は?活用するメリット・デメリット

社内コミュニケーションツールの現状は?活用するメリット・...

会社では、社員同士が連絡を取り合う手段が必要になります。さまざまな技術が発達した結果、社内コミュニケーションツールの手段として、いろいろ便利なものが現われて、もはやメールだけの時代ではなくなりました。...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-7653-5657

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ