メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

プロフィールに、愛をこめて

2015.08.21

プロフィールに、愛をこめて
  • #ライティング

アシスタントディレクターのちっしーです。こんにちは!

今回のテーマは、プロフィール。
インタビューや座談会、あるいは移動のお知らせなど、人物の氏名とともに、簡単な経歴を載せる場合が多くあるかと思います。
所属はここで、こんな仕事をしています。
という、単純な内容になりがちですが、文字のあるところにチャンスあり。
プロフィールは、実は工夫ポイントなのですよ!

例えば、中途で入った社員さんの紹介をするとします。
いつものプロフィールは、こんな感じ。

社内 報子さん
前職:販売業
趣味:ドライブ
ひとこと:これからよろしくお願いします。

問題ないです。
でも新しく入る社員さんにとって、社内報にプロフィールが掲載されるというのは、周囲のひとたちとの交流の、大きな第一歩になります。早く新しい環境になじめるように、長く一緒に頑張っていけるように。社内報は、そのお手伝いをしているのです。

多くのひとに興味を持ってもらえるように、アレンジしてみましょう。

例えば、原稿をお願いするときに、「前職」「趣味」など一問一答に加え、自由記述欄を設けてみましょう。より掘り下げたエピソードが聞けるはず!

Q:「趣味」+「その趣味は、いつから続けていますか?きっかけは?」
A:趣味はドライブです。大学生の時に免許を取って、休日はいつも、いろいろなところへ一人旅をしています。

これくらい内容に厚みが出ると、簡単なプロフィールではみえない、そのひとの人柄が伝わってきますよね。

「アクティブで、一人でどこにでも行っちゃうポテンシャルを持っている。一緒に仕事をしたら、頼りになりそうなひとだな。」

そんなふうに、読み手が感じてくれたら大成功!

そもそも、プロフィールって、何を指すのでしょうか?
経歴、趣味、特技…これらは全部、紹介される本人の主観に基づく情報ですよね。
このほかに、周囲のひとたちから見た印象、客観的な「側面」の情報も、実は含まれているのです。

他者からの目線を活かして、こんなプロフィールはいかがでしょう。

 

 

4a8d9b0b210fed50423b0ffe12b89d8a

 

たとえ同一人物であっても、そこに関わってくる相手のポジションによって、本人の印象は違ってくるもの。そこで本人発の情報に加え、同じ会社の仲間や家族が語る人物評を描いてみます。

「上司にも部下にも等しく信頼されている、裏表のないひとなんだなぁ」 「普段は仕事に厳しくて、おっかないひとだけど、家庭を大切にしているんだ」

などなど、普段知られていない一面や、あるいは本人も「こんな風に思われているのか」と意外に感じるエピソードが出てくるかもしれません。

紹介される本人。周囲のひとたち。
……そして、この記事にはもうひとつの視線があります。
それは、記事を書いた「あなた」の視線。

誰かにインタビューをしたりアンケートをとったあと、ライターとして原稿を起こすとき。体裁を整え文章を組み立てる作業の中には、無意識に、「あなた」から見た人物評が加えられているのです。

仕事ができて厳しいひとだな、と感じればそこを強調するだろうし、
家庭的で、部下にも思いやりのあるひとだなと意外に思えば、ギャップに焦点を当てるはず。

あなたの選ぶ言葉によって、読者が受け取る印象が変わってしまう可能性があること。
誰かのプロフィールを書くときは、その「責任」と「愛」を、ぜったいに忘れないようにしましょうね☆

SHARE

全9種類

社内報作成に役立つ資料を 今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する
お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

全9種類

社内報作成に役立つ資料を
今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

新着記事

通常の仮名「あ」⇔小書き文字「ぁ」を 変更する校正記号

社内報のつくりかた

通常の仮名「あ」⇔小書き文字「ぁ」を 変更する校正記号

    object(stdClass)#4044 (12) { ["term_id"]=> int(28) ["name"]=> string(15) "校正・校閲" ["slug"]=> string(45) "%e6%a0%a1%e6%ad%a3%e3%83%bb%e6%a0%a1%e9%96%b2" ["term_group"]=> int(0) ["term_order"]=> string(2) "22" ["term_taxonomy_id"]=> int(28) ["taxonomy"]=> string(9) "columncat" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(24) ["count"]=> int(27) ["object_id"]=> int(1611) ["filter"]=> string(3) "raw" }
  • #校正・校閲
  • object(stdClass)#4048 (12) { ["term_id"]=> int(26) ["name"]=> string(27) "社内報のつくりかた" ["slug"]=> string(81) "%e7%a4%be%e5%86%85%e5%a0%b1%e3%81%ae%e3%81%a4%e3%81%8f%e3%82%8a%e3%81%8b%e3%81%9f" ["term_group"]=> int(0) ["term_order"]=> string(2) "24" ["term_taxonomy_id"]=> int(26) ["taxonomy"]=> string(9) "columncat" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(0) ["count"]=> int(456) ["object_id"]=> int(1611) ["filter"]=> string(3) "raw" }

2015.02.19

表記ルール③

社内報のつくりかた

表記ルール③

    object(stdClass)#4041 (12) { ["term_id"]=> int(27) ["name"]=> string(18) "ライティング" ["slug"]=> string(54) "%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0" ["term_group"]=> int(0) ["term_order"]=> string(2) "23" ["term_taxonomy_id"]=> int(27) ["taxonomy"]=> string(9) "columncat" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(24) ["count"]=> int(52) ["object_id"]=> int(1435) ["filter"]=> string(3) "raw" }
  • #ライティング
  • object(stdClass)#4047 (12) { ["term_id"]=> int(26) ["name"]=> string(27) "社内報のつくりかた" ["slug"]=> string(81) "%e7%a4%be%e5%86%85%e5%a0%b1%e3%81%ae%e3%81%a4%e3%81%8f%e3%82%8a%e3%81%8b%e3%81%9f" ["term_group"]=> int(0) ["term_order"]=> string(2) "24" ["term_taxonomy_id"]=> int(26) ["taxonomy"]=> string(9) "columncat" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(0) ["count"]=> int(456) ["object_id"]=> int(1435) ["filter"]=> string(3) "raw" }

2015.07.03

印刷トラブルを防ぐデータの作り方イロイロ 第四回(データ作成時のルール1)

社内報のつくりかた

印刷トラブルを防ぐデータの作り方イロイロ 第四回(データ作成時のルール1)

    object(stdClass)#4049 (12) { ["term_id"]=> int(26) ["name"]=> string(27) "社内報のつくりかた" ["slug"]=> string(81) "%e7%a4%be%e5%86%85%e5%a0%b1%e3%81%ae%e3%81%a4%e3%81%8f%e3%82%8a%e3%81%8b%e3%81%9f" ["term_group"]=> int(0) ["term_order"]=> string(2) "24" ["term_taxonomy_id"]=> int(26) ["taxonomy"]=> string(9) "columncat" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(0) ["count"]=> int(456) ["object_id"]=> int(1917) ["filter"]=> string(3) "raw" } object(stdClass)#4040 (12) { ["term_id"]=> int(17) ["name"]=> string(12) "デザイン" ["slug"]=> string(36) "%e3%83%87%e3%82%b6%e3%82%a4%e3%83%b3" ["term_group"]=> int(0) ["term_order"]=> string(2) "27" ["term_taxonomy_id"]=> int(17) ["taxonomy"]=> string(9) "columncat" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(24) ["count"]=> int(31) ["object_id"]=> int(1917) ["filter"]=> string(3) "raw" }
  • #デザイン
  • object(stdClass)#4043 (12) { ["term_id"]=> int(20) ["name"]=> string(6) "印刷" ["slug"]=> string(18) "%e5%8d%b0%e5%88%b7" ["term_group"]=> int(0) ["term_order"]=> string(2) "30" ["term_taxonomy_id"]=> int(20) ["taxonomy"]=> string(9) "columncat" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(24) ["count"]=> int(44) ["object_id"]=> int(1917) ["filter"]=> string(3) "raw" }
  • #印刷

2018.06.21

社内報のリニューアルは現状の課題と向き合おう

社内報のつくりかた

社内報のリニューアルは現状の課題と向き合おう

    object(stdClass)#4045 (12) { ["term_id"]=> int(46) ["name"]=> string(15) "目的・役割" ["slug"]=> string(45) "%e7%9b%ae%e7%9a%84%e3%83%bb%e5%bd%b9%e5%89%b2" ["term_group"]=> int(0) ["term_order"]=> string(1) "4" ["term_taxonomy_id"]=> int(46) ["taxonomy"]=> string(9) "columncat" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(24) ["count"]=> int(68) ["object_id"]=> int(481) ["filter"]=> string(3) "raw" }
  • #目的・役割
  • object(stdClass)#4042 (12) { ["term_id"]=> int(34) ["name"]=> string(18) "リニューアル" ["slug"]=> string(54) "%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%a2%e3%83%ab" ["term_group"]=> int(0) ["term_order"]=> string(2) "16" ["term_taxonomy_id"]=> int(34) ["taxonomy"]=> string(9) "columncat" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(24) ["count"]=> int(18) ["object_id"]=> int(481) ["filter"]=> string(3) "raw" }
  • #リニューアル
  • object(stdClass)#4046 (12) { ["term_id"]=> int(26) ["name"]=> string(27) "社内報のつくりかた" ["slug"]=> string(81) "%e7%a4%be%e5%86%85%e5%a0%b1%e3%81%ae%e3%81%a4%e3%81%8f%e3%82%8a%e3%81%8b%e3%81%9f" ["term_group"]=> int(0) ["term_order"]=> string(2) "24" ["term_taxonomy_id"]=> int(26) ["taxonomy"]=> string(9) "columncat" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(0) ["count"]=> int(456) ["object_id"]=> int(481) ["filter"]=> string(3) "raw" }

2017.05.10

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-7653-5657

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ