メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

社内広報は、「社員ファースト」で考えよう。

社内広報は、「社員ファースト」で考えよう。

こんにちは、ディレクターのkojiです。

社内広報の担当者である皆さんの元には、さまざまな声や情報が飛んでくることでしょう。経営層の声、行き交う社員同士の会話、社外の情報を社内に還元する役割も担わなければなりません。

さて、これらの情報をどのようにまとめていきましょうか。社内広報では、「社員ファースト」で考えていくことにしましょう。

ここで言う「社員ファースト」とは、文字通り「社員」の知りたいことを「ファースト(第一優先)」して解決するということ。それでは、「社員」は何を知りたいのか?やはり、事実を知りたいのではないでしょうか。 

とにかく迅速に

何が起こったのか、その原因は何なのか、わかっている範囲での情報をできるだけ迅速に社員に伝えましょう。「すべてが解明してから行わないと、間違ったことを伝えてしてしまう恐れがあるのでは?」と考えるかもしれませんが、すべてが解明するのを待っていては、社員の不安・不満は募るばかり、士気も下がってしまいます。

適切に

情報開示が困難な場合には、適切な表現方法、社内報であれば、どのような企画が今、社員に必要なのか?を考えてみましょう。たとえば、コンプライアンスに関わる事件が起こった場合には、「管理体制やルールの見直し」「社会とよりよい関係を築くために」など、社会の一員としての企業の役割を再認識させる企画が必要かもしれません。

そして客観的に

事実に対して、正しいかor間違っているか、良いor悪い、美しいかor醜いかの<意見>を混ぜないように注意しましょう。それは置かれる状況や立場によって変わるものです。

一方、淡々と事実を追及するだけなら、社内広報など必要なくなってしまいます。ここが難しい部分ですが、さまざまな声を拾える社内広報の担当者の皆さんだからできること。それは、不安定な社内の情報を整理し、企業を、社員の気持ちを、立ち止まらせずに「少しでも前へと向かせるためにどうしたらよいか」を考えることではないでしょうか。

企業の問題が起こった時でも、社員は、不安を感じながらも働かなくてはならないのです。家族や関係者に対して、その説明をしなければならないのです。迅速で、適切で、客観的な情報開示の実行は、事実の収束と対外的な広報に追われて後まわしにされがちな社員に希望を与え、自分たちに今できることはなにか?を考えさせるきっかけを与えることでしょう。

SHARE

全9種類

社内報作成に役立つ資料を 今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する
お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

全9種類

社内報作成に役立つ資料を
今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

新着記事

2019.01.18

春号の社内報に使えるネタは?定番のアイデアを紹介

社内報のつくりかた

春号の社内報に使えるネタは?定番のアイデアを紹介

春号の社内報に使えるネタは?定番のアイデアを紹介

社内報を作る際のアイデアに困っているようなら、各季節ならではのネタを取り入れることをおすすめします。例えば、春号の社内報には春のネタを盛り込むと読者の関心を集めることができます。しかし、春といってもさ...

2019.01.17

社内報で社員を紹介するなら!趣味を取り上げるときのコツ

社内報のつくりかた

社内報で社員を紹介するなら!趣味を取り上げるときのコツ

社内報で社員を紹介するなら!趣味を取り上げるときのコツ

社内報は会社が発行する公的な情報誌であり、会社の情報を知ることができるものです。そんな社内報では在籍する社員の紹介をすることもあります。社員紹介では基本的なプロフィールに加えて、より詳しい内容を取り上...

2019.01.11

読みたい気持ちを刺激する!社内報のネーミング例

社内報のつくりかた

読みたい気持ちを刺激する!社内報のネーミング例

読みたい気持ちを刺激する!社内報のネーミング例

社内報の名称、つまりネーミングは印象を左右する大切なものです。通常、読者である社員がまず目にするのは社内報のネーミングであり、そこで読むかどうかの判断が下されることも多いからです。それだけに、読んでも...

2019.01.09

ポイントはコンセプト作り!社員に読んでもらえる社内報の作り方

社内報のつくりかた

ポイントはコンセプト作り!社員に読んでもらえる社内報の作り方

ポイントはコンセプト作り!社員に読んでもらえる社内報の作...

社内報は多くの会社で発行されているのですが、中にはこれまでの伝統を単に引き継いでいるだけで、誰も読んでいないような社内報があります。しかし、そのような社内報に存在価値はなく、せっかく社内報を発行するな...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-7653-5657

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ