メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

Wアタックで、社内報に共感を!

Wアタックで、社内報に共感を!

最近、採用の面接を行っているのですが、我が社で行っている社内コミュニケーションを活性化させる取り組みを語ったら「社内報を制作している会社が、そのような活動をしていると聞いて安心しました」と言われ、手前味噌ですがちょっと誇らしくなりました。こんにちは、ディレクターのkojiです。

さて、今回は社内報の成長ステップについて。

「社内報を、まずは伝えたい内容を理解させ、共感を促し、行動へ導くツールに育てていきましょう」とお客さまとお話する機会が多々あります。その中で、「理解させる」ことは、さほど難しいことではありません。伝えたいコトを何度も繰り返し、しつこいくらいに社内報に掲載すればよいのです。社員のわかりやすい言葉で、見やすくしてあげればさらに効果は高まります。

難しいのは、第2ステップの「共感」です。
共感と同感は異なります。共感は、相手を評価するのでなく相手とその世界を理解し、「その人そのもの」を理解することです(ちなみに同感は、私もそう思う!と意見に同調すること)。

社内報において、数多くの社員を登場させることを目的とする企業さまも増えていますが、「その人そのもの」を理解させることで、社員の行動変化を起こさせることもできるのです。

例えば、これからの時期であれば、こんな決算企画はいかがでしょう。

オモテ企画>2016年3月期 決算報告

 決算報告は社内報の定番の企画ですよね。原稿ばかりでは読むのが難しくあきらめてしまう社員も多いので、最近ではポイントをつけて、分かりやすく伝える工夫を施す企業さまも増えています。 

ウラ企画>財務担当者の「今回の決算、ココだけは言わせて!」

 決算のプロとして財務担当者にご登場いただきます。さらに、その人をイメージさせるプロフィールを掲載しながら、数値上のポイントだけでなく、その背景となる経済的理由などを評論家のように語っていただくコーナーを設けます。社員はその方に興味を持つとともに、決算数値への興味もわいてくるかもしれません。

共感とは、「その人そのもの」を理解させること。

誰かの発言が、別の誰かの発言を生むキッカケとなる。それが社内報の共感の第一歩だったりするのです。

 

SHARE

全9種類

社内報作成に役立つ資料を 今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する
お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

全9種類

社内報作成に役立つ資料を
今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

新着記事

2019.03.19

社内報を読んでもらうために!送付状の書き方のポイントは?

社内報のつくりかた

社内報を読んでもらうために!送付状の書き方のポイントは?

社内報を読んでもらうために!送付状の書き方のポイントは?

社内広報の方法の一つである社内報。社内報には、職場全体の価値観や情報を共有するだけでなく、コミュニケーションの意味合いも含まれています。そのため社内報を活用している企業も多く、その形は紙媒体やWEB媒...

2019.03.15

ナレッジマネジメントで企業のブランドイメージを守る

社内報のつくりかた

ナレッジマネジメントで企業のブランドイメージを守る

ナレッジマネジメントで企業のブランドイメージを守る

多くの企業にとって、従業員が蓄積してきたスキル、経験をいかに共有していくかは大きな課題です。一部の従業員に依存した経営体制では、長期的な成長が望めなくなるでしょう。そこで「ナレッジマネジメント」によっ...

2019.03.13

4月の社内報を制作するなら!どんな内容を書くべきなの?

社内報のつくりかた

4月の社内報を制作するなら!どんな内容を書くべきなの?

4月の社内報を制作するなら!どんな内容を書くべきなの?

4月は季節としてのイベントが多いことはもちろん、新卒社員が入ってきたり人事異動があったりと、何かとニュースの多い時期です。社内報へ載せるべきネタも豊富ですが、毎年同じような話題が上がる中、制作担当者は...

2019.03.12

社内報を発行するために!pdfする際のポイントとは?

社内報のつくりかた

社内報を発行するために!pdfする際のポイントとは?

社内報を発行するために!pdfする際のポイントとは?

社内報は、どのような形態に仕上げるかによって配布の方法が大きく異なります。仕上げ方は大きく分けて紙、pdf、webの3種類があり、その特徴やメリット、デメリットもさまざまです。社員数が1,000人を超...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-7653-5657

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ