メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

雑誌風の社内報をヒントに考えてみました。

2016.04.20

雑誌風の社内報をヒントに考えてみました。

新聞はどの欄から読みますか?という質問があります。

ページ物は、小説や実用書は別にして、ページ順で読まれることはありません。似たような質問ですと、お寿司を好きなものから食べるか、そうでないものから食べるかというのもありますが、人は、興味のある順番に行動をします。

その特性を理解して編集をすること、それが、読まれる社内報作りの近道となります。

こんにちは、プロデューサーのkitaです。

今回は、読まれる社内報、読ませる社内報の極意について、編集の視点からお話しします。実は、読まれる冊子は、おしゃれとか、写真の使い方が上手いとか、そういうこととは違います。それだけでは、読まれません。

読まれる社内報とは、一つの指標として、雑誌風というのがヒントになります。雑誌は、見た目のデザインテイストやトーン&マナー以上に、興味あるページから読まれるという読者特性を意識した、編集のテクニックが駆使されています。

編集する上で、基本となるのが、パラパラとめくった手を止めてもらうタイミングを創出することです。

その為に以下の仕掛けをします。

●文字の多いページ、写真の多いページなどをバランスよく入れて、
 誌面にメリハリをつけて、それぞれのコーナーを素早く認識させる。

●インデックスを付けて、コーナーやカテゴリーがはっきり分かるようにする。

●目次もどのタイミングで読むかは人それぞれですが、埋もれないようにする。

●目次を通して、その号で一番伝えたいことが分かるようにする。

●連載ページやフォーマット化されている定番ページでの、その号の訴求ポイントを目次でも伝える。

上記の仕掛けをした上で、タイトル、キャッチ、リード文や小タイトルなど、パラパラとページをめくって読む読者の目に飛び込むようにする。

以上、雑誌風というのは、デザインやトーン&マナー以上に、編集テクニックが重要です。

印刷社内報の場合、最初のページから読まれることはあまりありません。興味のあるページから読まれます。読者特性を意識して編集をして、興味あるページを素早く見つけてもらう工夫がされていれば、読者は、興味あるページの取捨選択を繰り返し、順不同に読み進めながらも、読破してしまうものです。

読者の興味がある順に読ませる工夫をする。それが、雑誌風をヒントにした読まれる社内報の極意です。

 

SHARE

全9種類

社内報作成に役立つ資料を 今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する
お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

全9種類

社内報作成に役立つ資料を
今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

新着記事

2019.01.18

春号の社内報に使えるネタは?定番のアイデアを紹介

社内報のつくりかた

春号の社内報に使えるネタは?定番のアイデアを紹介

春号の社内報に使えるネタは?定番のアイデアを紹介

社内報を作る際のアイデアに困っているようなら、各季節ならではのネタを取り入れることをおすすめします。例えば、春号の社内報には春のネタを盛り込むと読者の関心を集めることができます。しかし、春といってもさ...

2019.01.17

社内報で社員を紹介するなら!趣味を取り上げるときのコツ

社内報のつくりかた

社内報で社員を紹介するなら!趣味を取り上げるときのコツ

社内報で社員を紹介するなら!趣味を取り上げるときのコツ

社内報は会社が発行する公的な情報誌であり、会社の情報を知ることができるものです。そんな社内報では在籍する社員の紹介をすることもあります。社員紹介では基本的なプロフィールに加えて、より詳しい内容を取り上...

2019.01.11

読みたい気持ちを刺激する!社内報のネーミング例

社内報のつくりかた

読みたい気持ちを刺激する!社内報のネーミング例

読みたい気持ちを刺激する!社内報のネーミング例

社内報の名称、つまりネーミングは印象を左右する大切なものです。通常、読者である社員がまず目にするのは社内報のネーミングであり、そこで読むかどうかの判断が下されることも多いからです。それだけに、読んでも...

2019.01.09

ポイントはコンセプト作り!社員に読んでもらえる社内報の作り方

社内報のつくりかた

ポイントはコンセプト作り!社員に読んでもらえる社内報の作り方

ポイントはコンセプト作り!社員に読んでもらえる社内報の作...

社内報は多くの会社で発行されているのですが、中にはこれまでの伝統を単に引き継いでいるだけで、誰も読んでいないような社内報があります。しかし、そのような社内報に存在価値はなく、せっかく社内報を発行するな...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-7653-5657

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ