メニュー メニューをクロース

  • ホーム
  • コラム
  • カメラのISO感度と、 “ノイズ”のバランスを意識する。

社内報のつくりかた

カメラのISO感度と、 “ノイズ”のバランスを意識する。

2015.02.12

カメラのISO感度と、 “ノイズ”のバランスを意識する。

こんにちは、カメラマンのオノッチです。
毎回、カメラに関する情報を発信しています。今回は「ISO感度」についてお話します。

ISO(イソまたはアイエスオー…言い方はどちらでもいいみたいです)

ざっくり説明すると暗い場所で明るく、そしてシャッタースピードをあげるために使うものです。ただISO感度を上げていくと“ノイズ”(写真上でザラザラした質感を感じさせるもの)が目立ってきます。機種によってノイズの出方も違いますし、人によって好みもありますので、どのくらいまで大丈夫かは撮影画像を見てご自身で判断してみてください。

詳しくはいつものNikonさんのページで
http://www.nikon-image.com/enjoy/phototech/manual/13/

 

★私のカメラでノイズの出方を比較してみたいと思います。

 

1

ISO 100で撮影した画像(SONY DSC-RX1)

 

部分拡大 1

2

 

部分拡大 2

3

並べて比較してみるとISO800あたりからノイズが出はじめますが気になるレベルではありません、個人的にはISO3200までなら普通に使えます。

ISO6400あたりで色が変わりはじめていますがディティール(輪郭)はまだあります。
ISO12800あたりでディティールが崩れはじめてISO25600では完全にディティールが無くなっています。

私の判断ではISO6400まではOK 。場合によってはISO12800もありかな? と、思います。

雑誌で新機種が出るとこんな比較画像がよく掲載されていますが、
「ノイズが出たらダメ」みたいな事がたまに書いてあります。

ホントにそうなのか?
答えはNOです!

高級なカメラでも高感度になればノイズなんてすぐに出ます。

個人的な考えですが、ディティールさえ残っていればPhotoshopなどがあれば後である程度なら直せます。つまり高感度でディティールが残っていれば「高感度に強い」カメラになると思います。

最近のデジカメには「ノイズリダクション」という機能があって、これをONにしておけばある程度ノイズを消して綺麗にしてくれます。(jpeg撮影の場合)C社やN社のノイズリダクションは結構優秀なのでノイズが出るのが嫌な方はONにしておきましょう。

メーカーは言えないのですがノイズリダクションをONにすると「油絵」みたいにしてしまうカメラもあります。それが嫌であればノイズリダクションOFF、または「RAW」で撮影することをオススメします。
綺麗重視かディティール重視かは、お好みで。

最後に逆の発想でノイズが入った方が雰囲気の出る写真を

カラーだと汚く目立つノイズもモノクロにするとフィルムっぽくなって雰囲気が出ます。

 

比較画像

 

4

 

5

それでは、また次回のカメラレッスンでお会いしましょう!

SHARE

全9種類

社内報作成に役立つ資料を 今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する
お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

全9種類

社内報作成に役立つ資料を
今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

新着記事

2019.01.18

春号の社内報に使えるネタは?定番のアイデアを紹介

社内報のつくりかた

春号の社内報に使えるネタは?定番のアイデアを紹介

春号の社内報に使えるネタは?定番のアイデアを紹介

社内報を作る際のアイデアに困っているようなら、各季節ならではのネタを取り入れることをおすすめします。例えば、春号の社内報には春のネタを盛り込むと読者の関心を集めることができます。しかし、春といってもさ...

2019.01.17

社内報で社員を紹介するなら!趣味を取り上げるときのコツ

社内報のつくりかた

社内報で社員を紹介するなら!趣味を取り上げるときのコツ

社内報で社員を紹介するなら!趣味を取り上げるときのコツ

社内報は会社が発行する公的な情報誌であり、会社の情報を知ることができるものです。そんな社内報では在籍する社員の紹介をすることもあります。社員紹介では基本的なプロフィールに加えて、より詳しい内容を取り上...

2019.01.11

読みたい気持ちを刺激する!社内報のネーミング例

社内報のつくりかた

読みたい気持ちを刺激する!社内報のネーミング例

読みたい気持ちを刺激する!社内報のネーミング例

社内報の名称、つまりネーミングは印象を左右する大切なものです。通常、読者である社員がまず目にするのは社内報のネーミングであり、そこで読むかどうかの判断が下されることも多いからです。それだけに、読んでも...

2019.01.09

ポイントはコンセプト作り!社員に読んでもらえる社内報の作り方

社内報のつくりかた

ポイントはコンセプト作り!社員に読んでもらえる社内報の作り方

ポイントはコンセプト作り!社員に読んでもらえる社内報の作...

社内報は多くの会社で発行されているのですが、中にはこれまでの伝統を単に引き継いでいるだけで、誰も読んでいないような社内報があります。しかし、そのような社内報に存在価値はなく、せっかく社内報を発行するな...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-7653-5657

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ