メニュー メニューをクロース

  • ホーム
  • コラム
  • あの支店・あの営業所を知ろう! 支店・営業所紹介ネタの作り方

社内報のつくりかた

あの支店・あの営業所を知ろう! 支店・営業所紹介ネタの作り方

2015.03.04

あの支店・あの営業所を知ろう! 支店・営業所紹介ネタの作り方

こんにちは。ディレクターのタカエです。

支社や営業所のある企業で働いていらっしゃる皆さん、配属されたことのない支店や営業所のこと、どのくらい知っていますか?

従業員が100名を超えると社員間のコミュニケーションが難しくなると言われています。そんな背景の中、従業員数が千人・万人規模ともなれば拠点間や部門間でのコミュニケーションは困難を極めます。

一つの経営目標に向かって進むべき「同じ釜の飯を食う仲間」の情報は、距離は職種が離れることで更に届きにくく。。。目先の実務に追われる社員も「わざわざ他部署や拠点の情報を取りにいこう!」なんてモチベーションはありません。

自分とは関係のない支店だから知らなくても・・・と皆が思っていたとしたら、支店間・営業所間のコミュニケーションは進みませんね。支店・営業所間の協力体制を構築したい企業や、業務上支店・営業所間のやり取りが多く、より支店同士・営業所同士の円滑な人間関係を作りたい企業の社内報では、ぜひ支店・営業所紹介ネタを扱いましょう。

ネタ作りのポイント

【1】支店・営業所の個性を出す

その支店で得意な仕事、名物社員、他の支店に負けないポイントなど、数ある支店・営業所の中でも何か特長を見つけて紹介すると、印象深い内容にできます。

その支店・営業所ならでは「ヒト」「モノ」「コト」の3点で考えてみましょう。
 「ヒト」・・・部門長、注目社員、名物社員、関係社員の紹介など
 「モノ」・・・担当商品・サービス、使用設備・アイテムの紹介など
 「コト」・・・関連イベント、最近のトピックの紹介など

紹介する支店・営業所は、「ヒト」「モノ」「コト」いずれのテーマで取り上げると読み応えがありそうでしょうか?全てを盛り込んだ企画でも、いずれかを取り上げた企画でも可能ですが、印象は大きく変わります。社員に響きそうなテーマを選んでみましょう。

【2】支店・営業所同士の交流の場を作る

支店・営業所から、他の支店・営業所に対するメッセージ(仕事上でのアドバイス、サークル活動のお誘いなど)を掲載し、紙面に支店・営業所同士の交流の場を作りましょう。社内報をきっかけにコミュニケーションが広がるかも知れません。

0304_2

このような支店・営業所紹介に慣れてきたら、支店・営業所間の連携事例の紹介や、他支店・他営業所からの推薦エピソードなど、支店・営業所間のコミュニケーションを活性化するネタにも挑戦してみてください。
社内報が全社員の“ハブ”となれたらいいですね!

見せ方のポイント

キャラクターやマスコットを使って情報を読みやすく!

lesson11_img01

一般的な拠点や部門紹介は、同期や顔見知り以外は自分の知らない社員が掲載されます。コミュニケーションの一般論として、認識したことの無い相手には、興味が湧かずになかなか目を走らせることができません。

そんな時には企画を工夫することで「他人事」問題を回避しましょう。マスコットキャラクターなどを用いて、「第三者」の目から面白く伝えてあげことで、目を惹く効果が生まれ、自然と記事に目が走るようになります。毎号連載していくうちに名物企画になることもあるのです。

 

現場は異なれども、同じ経営目標の元で職務を全うする社員同士がお互いの「今」を知ることは、他者の情報を知り、我が身を振り返る良い機会になります。そこから派生する「気づき」や「アクション」を巻き起こすことができれば、社内報の記事企画として「成功」と呼べるでしょう!

そのために「まずは読んで理解してもらう」ポイントを企画として味付けしてみるのも、一つの手です!

 

 

SHARE

全9種類

社内報作成に役立つ資料を 今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する
お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

全9種類

社内報作成に役立つ資料を
今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

新着記事

2019.05.14

組織活性化のために!企業が実践できる取り組みとは?

職場活性化

組織活性化のために!企業が実践できる取り組みとは?

組織活性化のために!企業が実践できる取り組みとは?

会社組織の活性化は、どの企業にとっても大きな課題です。組織活性化に向けて取り組んでいる企業は、いま足りないのは一体どんなところかなのかと悩んでしまいますよね。ひとことで活性化といっても企業ごとに特徴が...

2019.04.25

動画配信で社内報の情報伝達力を高めよう!

社内報のつくりかた

動画配信で社内報の情報伝達力を高めよう!

動画配信で社内報の情報伝達力を高めよう!

こんにちは!かわうそです。平成から令和へ・・・新しい時代が始まろうとしています。社内報でもこの1年間、平成を振り返る企画や特集記事が増えたのではないでしょうか。平成30年間を振り返ってみると、紙や冊子...

2019.04.18

社内報の編集後記って重要?書き方や文例は?

社内報のつくりかた

社内報の編集後記って重要?書き方や文例は?

社内報の編集後記って重要?書き方や文例は?

社内報とは、社内広報をおこなうために作られたツールです。社内報にはさまざまな記事が載せられていますが、その最後には編集後記というものがあります。社内報で大切なのは中身の記事であって編集後記が本当に必要...

2019.04.08

社内報の創刊号を作るには?制作のポイントを徹底解説!

社内報のつくりかた

社内報の創刊号を作るには?制作のポイントを徹底解説!

社内報の創刊号を作るには?制作のポイントを徹底解説!

社内報は社員が会社のことを理解し、共感したうえで仕事を行うための大きな役割を担っています。今まで社内報を発行していない会社で創刊号を任された担当者は、社内報をどのように作るべきなのか悩んでしまうことで...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-6385-1151

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ