メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

「ヒアリングシート」を上手に活用しよう。

「ヒアリングシート」を上手に活用しよう。
  • #インタビュー・取材・座談会

皆さん、こんにちは。ライターのニッタです。 

社内報を作る上で欠かせないのが、社員や関係部署への取材。貴重な終業時間を割いていただくからには、短時間でも密度の濃い取材を心がけたいものです。そこでワンランク上の取材をするために、「ヒアリングシート(質問シート)を活用しましょう。

取材を行うとき、既定の時間では取材がおさまらず、「聞きたいことが全部聞けなかった」または「終了予定時刻を大幅にオーバーしてしまった」という経験はないでしょうか。

そこでぜひ活用してもらいたいのが、「ヒアリングシート(質問シート)」です。
いくつかの質問事項と、回答用の枠やスペースを作ったシートを作ります。
それを事前に取材対象にメールで送り、基礎情報を記入してもらって事前に返送してもらうのです。

 

★質問シートのイメージです。

lesson29_img01

ヒアリングシートには3つのメリットがあります。

1つめは、どんな内容を求められた取材なのか対象の理解度が深まること。
実際の取材時に目的がブレない取材ができます。

2つめは、取材の時間短縮を図れること。
すでに一次情報が手元にある状態で取材をスタートできるため、基礎情報をヒアリングする時間が省けます。

最後は、質問を深掘りするポイントが見えやすくなること。
どこを掘り下げれば取材対象の言いたいことを充実させられるかが見えやすくなり、二次質問、三次質問と質問を重ねやすくなります。

 

短い取材時間に質問を多く詰め込んでしまったり、行き当たりばったりで話の流れるまま取材をしてしまうと、失敗の原因になりやすいので気をつけましょう。

SHARE

全9種類

社内報作成に役立つ資料を 今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する
お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

全9種類

社内報作成に役立つ資料を
今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

新着記事

「読みたくなる」社内報記事タイトルのコツ

社内報のつくりかた

「読みたくなる」社内報記事タイトルのコツ

    object(stdClass)#4041 (12) { ["term_id"]=> int(27) ["name"]=> string(18) "ライティング" ["slug"]=> string(54) "%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0" ["term_group"]=> int(0) ["term_order"]=> string(2) "23" ["term_taxonomy_id"]=> int(27) ["taxonomy"]=> string(9) "columncat" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(24) ["count"]=> int(52) ["object_id"]=> int(405) ["filter"]=> string(3) "raw" }
  • #ライティング
  • object(stdClass)#4045 (12) { ["term_id"]=> int(26) ["name"]=> string(27) "社内報のつくりかた" ["slug"]=> string(81) "%e7%a4%be%e5%86%85%e5%a0%b1%e3%81%ae%e3%81%a4%e3%81%8f%e3%82%8a%e3%81%8b%e3%81%9f" ["term_group"]=> int(0) ["term_order"]=> string(2) "24" ["term_taxonomy_id"]=> int(26) ["taxonomy"]=> string(9) "columncat" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(0) ["count"]=> int(456) ["object_id"]=> int(405) ["filter"]=> string(3) "raw" }

2017.03.15

社内報編集担当者のためのライティング講座 【後編】

社内報のつくりかた

社内報編集担当者のためのライティング講座 【後編】

    object(stdClass)#4042 (12) { ["term_id"]=> int(27) ["name"]=> string(18) "ライティング" ["slug"]=> string(54) "%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0" ["term_group"]=> int(0) ["term_order"]=> string(2) "23" ["term_taxonomy_id"]=> int(27) ["taxonomy"]=> string(9) "columncat" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(24) ["count"]=> int(52) ["object_id"]=> int(601) ["filter"]=> string(3) "raw" }
  • #ライティング
  • object(stdClass)#4046 (12) { ["term_id"]=> int(26) ["name"]=> string(27) "社内報のつくりかた" ["slug"]=> string(81) "%e7%a4%be%e5%86%85%e5%a0%b1%e3%81%ae%e3%81%a4%e3%81%8f%e3%82%8a%e3%81%8b%e3%81%9f" ["term_group"]=> int(0) ["term_order"]=> string(2) "24" ["term_taxonomy_id"]=> int(26) ["taxonomy"]=> string(9) "columncat" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(0) ["count"]=> int(456) ["object_id"]=> int(601) ["filter"]=> string(3) "raw" }

2018.05.11

マンガ記事を作るときに押さえるべきポイント

社内報のつくりかた

マンガ記事を作るときに押さえるべきポイント

    object(stdClass)#4050 (12) { ["term_id"]=> int(48) ["name"]=> string(6) "編集" ["slug"]=> string(18) "%e7%b7%a8%e9%9b%86" ["term_group"]=> int(0) ["term_order"]=> string(1) "2" ["term_taxonomy_id"]=> int(48) ["taxonomy"]=> string(9) "columncat" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(24) ["count"]=> int(81) ["object_id"]=> int(1002) ["filter"]=> string(3) "raw" }
  • #編集
  • object(stdClass)#4043 (12) { ["term_id"]=> int(27) ["name"]=> string(18) "ライティング" ["slug"]=> string(54) "%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0" ["term_group"]=> int(0) ["term_order"]=> string(2) "23" ["term_taxonomy_id"]=> int(27) ["taxonomy"]=> string(9) "columncat" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(24) ["count"]=> int(52) ["object_id"]=> int(1002) ["filter"]=> string(3) "raw" }
  • #ライティング
  • object(stdClass)#4048 (12) { ["term_id"]=> int(26) ["name"]=> string(27) "社内報のつくりかた" ["slug"]=> string(81) "%e7%a4%be%e5%86%85%e5%a0%b1%e3%81%ae%e3%81%a4%e3%81%8f%e3%82%8a%e3%81%8b%e3%81%9f" ["term_group"]=> int(0) ["term_order"]=> string(2) "24" ["term_taxonomy_id"]=> int(26) ["taxonomy"]=> string(9) "columncat" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(0) ["count"]=> int(456) ["object_id"]=> int(1002) ["filter"]=> string(3) "raw" }

2016.06.22

企画の見せ方はバラエティや情報番組を参考に【前編】

社内報のつくりかた

企画の見せ方はバラエティや情報番組を参考に【前編】

    object(stdClass)#4049 (12) { ["term_id"]=> int(48) ["name"]=> string(6) "編集" ["slug"]=> string(18) "%e7%b7%a8%e9%9b%86" ["term_group"]=> int(0) ["term_order"]=> string(1) "2" ["term_taxonomy_id"]=> int(48) ["taxonomy"]=> string(9) "columncat" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(24) ["count"]=> int(81) ["object_id"]=> int(733) ["filter"]=> string(3) "raw" }
  • #編集
  • object(stdClass)#4047 (12) { ["term_id"]=> int(26) ["name"]=> string(27) "社内報のつくりかた" ["slug"]=> string(81) "%e7%a4%be%e5%86%85%e5%a0%b1%e3%81%ae%e3%81%a4%e3%81%8f%e3%82%8a%e3%81%8b%e3%81%9f" ["term_group"]=> int(0) ["term_order"]=> string(2) "24" ["term_taxonomy_id"]=> int(26) ["taxonomy"]=> string(9) "columncat" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(0) ["count"]=> int(456) ["object_id"]=> int(733) ["filter"]=> string(3) "raw" } object(stdClass)#4044 (12) { ["term_id"]=> int(25) ["name"]=> string(15) "企画・ネタ" ["slug"]=> string(45) "%e4%bc%81%e7%94%bb%e3%83%bb%e3%83%8d%e3%82%bf" ["term_group"]=> int(0) ["term_order"]=> string(2) "25" ["term_taxonomy_id"]=> int(25) ["taxonomy"]=> string(9) "columncat" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(24) ["count"]=> int(85) ["object_id"]=> int(733) ["filter"]=> string(3) "raw" }
  • #企画・ネタ
  • object(stdClass)#4040 (12) { ["term_id"]=> int(17) ["name"]=> string(12) "デザイン" ["slug"]=> string(36) "%e3%83%87%e3%82%b6%e3%82%a4%e3%83%b3" ["term_group"]=> int(0) ["term_order"]=> string(2) "27" ["term_taxonomy_id"]=> int(17) ["taxonomy"]=> string(9) "columncat" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(24) ["count"]=> int(31) ["object_id"]=> int(733) ["filter"]=> string(3) "raw" }
  • #デザイン

2017.07.13

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-7653-5657

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ