メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

社内報の企画・ネタ|2021年「新年号の企画、どうする?」【無料DL資料あり】

社内報の新年号といえば、「年頭所感」や「新年の抱負」。

恒例で載せなければならない企画が多い一方で、毎年同じ見せ方になってしまって頭を悩ませている社内報担当者も多いのではないでしょうか。

一方で、今年は新型コロナウイルスの影響もあり、毎年行われていた会社のイベントがほとんど行われず、社内報で取り上げるはずだった頼みの企画がなくなってしまってどうしよう…なんてこともあるのでは!?

今回はそんな皆さんに向けて、新年号における企画のヒントや見せ方の工夫についてお伝えします。

2021年、社長の「年頭所感」には注目が集まる。

社長が語る「年頭所感」企画は、ほとんどの企業で新年号の社内報に掲載されている企画です。

・前年をどのように総括しているか。
・直面している経営環境をどのように捉えているか。
・新年の目標・課題は?
・それを達成・克服するための方策は?

恒例企画であるがゆえに、さっと流し読みで済ませてしまう社員も少なくなかったかもしれませんが、今回は違うと予想しています。なぜなら、新型コロナウイルスの影響で、多くの社員はこれまで以上に会社の動向に関心を寄せ、今、会社のトップがなにを考えているのか、その発言に注目しているからです。

<たとえばこんなネタをプラス>
「社長に聞きたい、10のコト」

例年の「年頭所感」に加えて、社員からの10個の質問に1問1答形式で答えるコーナーを設けてみてはいかがでしょうか?

「先行きが不安です。どうしたらいいですか?」
「働き方って変わりますか?」など

会社の未来と社員の未来、2つのテーマに関する疑問に対し、社長自らが語るその言葉に社員は安心し、「この会社でなら頑張れる」という気持ちを持って新たな一年を踏み出すことでしょう。今年の「年頭所感」には、そんな大切な一歩を後押しする力があると思っています。

201110_新年号001

役員や幹部クラスのあいさつ、ONで語る?OFFで攻める?

「ウチの会社にはどんな役員(幹部クラス)がいるのだろう?」

会社の規模が大きくなればなるほど、役員や幹部クラスの存在は遠くなり、姿を見る機会も少なくなります。そこで年始号で役員一人ひとりが語る「年始ごあいさつ」のような企画は、役員の想いを社員に伝えられる企画として有効です。

<たとえばこんなネタをプラス>
「フォーマルな姿で、ビシッと1枚!集合写真」

ONで語る手法として、ぜひチャレンジしていただきたいのが役員全員での集合写真のレイアウト。1枚の集合写真から強固な組織であることを社員に伝える、今のwithコロナのタイミングにピッタリの企画になります。ちなみに、役員の皆さんも集合写真を改めて撮る機会は少ないと思いますので、当日の撮影でコミュニケーションが生まれたら、それはある意味、社内報の発行効果でもありますよね。

201110_新年号003

<たとえばこんなネタをプラス>
「意外な一面!インスタ風にレイアウト」

OFFで攻める企画として、近年では役員一人ひとりの年末年始の過ごし方を掲載したり、プライベートフォトを撮ってもらってインスタ風にレイアウトしたり、役員の普段知れない一面を見せる楽しい企画にまとめる企業も増えてきました。組織内のコミュニケーション不足は今後の大きな課題になってくると思いますので、ぜひ誌面を通じて、社員との距離を近づけていきましょう。

201110_新年号002

「SDGs」の連載を、始めてみよう。

ここ最近、社内報で登場回数が増大しているのが「SDGs」関連の企画。企業活動にも深く関わるため、社員に理解・浸透させたいけれど、その本格的な取り組みは「これから」というのが多くの企業の現状に思います。社内報では、「SDGs」とは何か? という概要や、企業内のプロジェクトとSDGsを結びつける企画、また「10年後のわたしたち」をテーマにした若手社員の座談会を開催し、その記事を掲載する会社も出てきています。
企業の「存在意義」を伝えるのに、年始というタイミングはピッタリなのではないでしょうか。

あと1ネタ思い浮かばない…そんな時は「企画のネタ帳」で

年末に向けて皆さんもいろいろと業務に追われる時期と思います。なるべく社内報制作の負担は少なくしつつ、企画や見せ方を工夫するだけでちょっと雰囲気が変わるようなそんな社内報にリメイクできたらいいですよね。

また、1ページ、ひと見開き…あと1ネタが思い浮かばない時のために「企画のネタ帳」をご用意しました。
下記バナーから無料でダウンロードいただけますので、ぜひご活用ください。

SHARE

新着記事

2021.04.01

社内報のつくりかた

はじめて社内報担当者になったとき、やるべきことまとめ

はじめて社内報担当者になったとき、やるべきことまとめ

この春から、初めて社内報を担当することになった方もいらっしゃることでしょう。社内報担当者になったからには、まず次号の表紙を決める?それとも企画を考える? 正直何から手をつければよいのかわからない… で...

2021.03.11

社内報のつくりかた

社内報制作でデザイナーに依頼するときは具体的に!

社内報制作でデザイナーに依頼するときは具体的に!

こんにちは! 社内報デザインを外部のデザイナーさんにお願いしている企業も多いと思います。 そのときに、こんな悩みを抱えたことありませんか?「渡した資料どおりのレイアウトで、デザインに工夫が感じられない...

2021.02.19

社内報のつくりかた

トップメッセージは誰のため?伝え方のポイントとは

トップメッセージは誰のため?伝え方のポイントとは

4月号は新入社員特集を掲載する企業が多い私感です。さて、読みにくいとも、読まれている、とも言われるこのトップメッセージ。どこで差がつくのでしょうか? それは、「読みたい」と思う社員と「読みたくない」と...

2021.02.12

社内報のつくりかた

色校正とは?色校正を見るときに気を付けたい3つのポイント

色校正とは?色校正を見るときに気を付けたい3つのポイント

今回は社内報をつくる工程の中でも、社内報担当者の方の最後の確認になる色校正についてです。 みなさんは色校正のチェックの時に、どのように何をチェックされていますか? そもそも、なぜ色校正が必要なのかご存...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-6210-1433

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ