メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

イメージに合った書体を選ぼう。

2018.11.05

2015.04.27

ディレクターのマーサです。社内報制作に役立つ「編集の鉄則」をご紹介しています。
今回は、「書体」について考えていきたいと思います。

書体は、誌面の雰囲気を大きく左右する大切な要素です。
例えば、和文フォントには明朝体、ゴシック体、楷書体、その他に、手書き文字、デザインフォントなど数多くの種類があります。

明朝体

読みやすさ(可読性)が他書体に比べて高いので、比較的長い原稿を読んでもらいたい場合に、明朝体はオススメです。また、上品で繊細な印象を与えることができるので、知的な雰囲気や大人っぽい雰囲気を出したい時に使用してみましょう。

ゴシック体

一方、ゴシック体は視認性が高く、力強い印象を出せるので、見出しなどで大きく使用すると迫力が出てオススメです。また、人工的な印象の強い書体なので、写真の近くに入れるキャプションや図やグラフ内のテキストなどの「説明」にも適しています。

さらに、明朝体に残ってしまう「まじめさ」や「古めかしさ」を読み手に感じさせたくない場合にも有効です。最近の若者向けのフリーペーパーや情報誌などで、ゴシック体が多く使われているのもその影響かなと思います。

デザインフォント

個性の強い書体なので、使いすぎるとうるさい印象になったり、「伝えたい内容とチグハグで、なんだかダサくなっちゃった・・・」なんてことになったりします。使う場合には注意が必要ですが、イメージにピッタリな書体を選ぶことができれば、読み手の記憶に強く残すことができます。

 

いかがでしたでしょうか。
「書体」によって与える印象は異なりますので、社内報で使用する場合には、まずは、その誌面をどんな雰囲気に見せたいのか考えることから始めましょう。

 

 

SHARE

新着記事

2021.09.06

社内報のつくりかた

【WEB社内報】コメント機能のメリットとデメリット

【WEB社内報】コメント機能のメリットとデメリット

コロナ禍の影響で様々なモノやコトがニューノーマルへと変化しました。特にリモートワークの普及により、同僚と顔を合わせる機会が大幅に減少した方も多いのではないでしょうか。そんな中、リモート環境下でも社内コ...

2021.09.06

社内報のつくりかた

【WEB社内報】サムネイルデザインの基本

【WEB社内報】サムネイルデザインの基本

WEB社内報を作成しているなかで、記事のサムネイルデザインがなかなか仕上がらず、悩まれている担当者の方も多いのではないでしょうか。従業員の目に留まるようなサムネイルデザインの作成は難しく、アクセス数が...

2021.09.06

社内報のつくりかた

コンテンツで困らないために!WEB社内報の編集体制のつくりかた

コンテンツで困らないために!WEB社内報の編集体制のつく...

紙からWEBへ、社内報をリニューアルしたい!そんな思いも持たれている広報責任者様、ご担当者様は非常に多いのではないでしょうか。紙からWEBへ移行するメリットとしては、・デザイン制作、印刷、配送の工数が...

2021.09.06

社内報のつくりかた

【WEB社内報】読まれる記事を作るにはタイトルを工夫すべし

【WEB社内報】読まれる記事を作るにはタイトルを工夫すべ...

企業が発行する社内報はもともと紙媒体が主流でしたが、最近はオンライン上で閲覧できる「WEB社内報」を導入する企業も増えています。しかし、紙で配布される社内報とは異なり、WEB社内報を読むには社員が自ら...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-6210-1433

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

社内報お役立ちコラム

ページトップへ