メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

イメージに合った書体を選ぼう。

2018.11.05

2015.04.27

ディレクターのマーサです。社内報制作に役立つ「編集の鉄則」をご紹介しています。
今回は、「書体」について考えていきたいと思います。

書体は、誌面の雰囲気を大きく左右する大切な要素です。
例えば、和文フォントには明朝体、ゴシック体、楷書体、その他に、手書き文字、デザインフォントなど数多くの種類があります。

明朝体

読みやすさ(可読性)が他書体に比べて高いので、比較的長い原稿を読んでもらいたい場合に、明朝体はオススメです。また、上品で繊細な印象を与えることができるので、知的な雰囲気や大人っぽい雰囲気を出したい時に使用してみましょう。

ゴシック体

一方、ゴシック体は視認性が高く、力強い印象を出せるので、見出しなどで大きく使用すると迫力が出てオススメです。また、人工的な印象の強い書体なので、写真の近くに入れるキャプションや図やグラフ内のテキストなどの「説明」にも適しています。

さらに、明朝体に残ってしまう「まじめさ」や「古めかしさ」を読み手に感じさせたくない場合にも有効です。最近の若者向けのフリーペーパーや情報誌などで、ゴシック体が多く使われているのもその影響かなと思います。

デザインフォント

個性の強い書体なので、使いすぎるとうるさい印象になったり、「伝えたい内容とチグハグで、なんだかダサくなっちゃった・・・」なんてことになったりします。使う場合には注意が必要ですが、イメージにピッタリな書体を選ぶことができれば、読み手の記憶に強く残すことができます。

 

いかがでしたでしょうか。
「書体」によって与える印象は異なりますので、社内報で使用する場合には、まずは、その誌面をどんな雰囲気に見せたいのか考えることから始めましょう。

 

 

SHARE

新着記事

2021.04.30

社内報のつくりかた

【無料DLあり】社内報の企画・ネタ|夏号に使える企画12選

【無料DLあり】社内報の企画・ネタ|夏号に使える企画12...

春号の社内報制作も終わり、ひと段落といったところでしょうか。社内報の春号企画は、会社の大きなイベントと連動していることが多いかと思います。たとえば、新年度のキックオフレポート、入社式レポート、新入社員...

2021.04.01

社内報のつくりかた

はじめて社内報担当者になったとき、やるべきことまとめ

はじめて社内報担当者になったとき、やるべきことまとめ

この春から、初めて社内報を担当することになった方もいらっしゃることでしょう。社内報担当者になったからには、まず次号の表紙を決める?それとも企画を考える? 正直何から手をつければよいのかわからない… で...

2021.03.11

社内報のつくりかた

社内報制作でデザイナーに依頼するときは具体的に!

社内報制作でデザイナーに依頼するときは具体的に!

こんにちは! 社内報デザインを外部のデザイナーさんにお願いしている企業も多いと思います。 そのときに、こんな悩みを抱えたことありませんか?「渡した資料どおりのレイアウトで、デザインに工夫が感じられない...

2021.02.19

社内報のつくりかた

トップメッセージは誰のため?伝え方のポイントとは

トップメッセージは誰のため?伝え方のポイントとは

4月号は新入社員特集を掲載する企業が多い私感です。さて、読みにくいとも、読まれている、とも言われるこのトップメッセージ。どこで差がつくのでしょうか? それは、「読みたい」と思う社員と「読みたくない」と...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-6210-1433

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

社内報お役立ちコラム

ページトップへ