メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

社内報のマンネリ化から抜け出す方法

2020.11.10

2018.11.07

社内報担当者の皆さんから最もよく聞くのは、やはり「企画のマンネリ化」・「ネタの探し方」についてのお悩みです。

そんな方々に、おすすめの方法をご紹介いたします。

ネタに困ったら、社外へ飛び出せ! 〜外部に協力を依頼しよう〜

社内、社内、社内のことばっかりでもう嫌…! と、社内報のネタにつまってしまったら、ネタを一度外部に求めてみませんか。

例えばこんな企画。

「今さら聞けない、当社商品○○のウラ側。〜協力会社に聞いてみよう〜」

・・・皆さんの企業にもきっと、協力会社の力があって提供できている商品・サービスがあると思います。ですが、協力会社でどのようにその商品を作っているのか、そのサービスを提供しているのか、知らない方も多いのでは?協力会社であれば、取材依頼も比較的しやすいはず!

「○○社の社長さんに伺いました!ものづくりで大切なこと」

・・・ものづくりの企業様なら、同じものづくりの企業の社長さんにお話を伺ってみませんか?自社で考えるだけは気づけないことがたくさん見つかるはずです。

「○○社に学ぶ、顧客満足度を高めるサービスとは?」

・・・“お客様がいる”と言う点では、日本全国どの企業様も目指す方向は同じはず。顧客満足度を高めるために心がけていることや取り組んでいることを、他社から学んでみましょう。

他にもこんな企画も考えられます!
他社のヒット商品に学べ!

 煮詰まった時は中ではなく外になど、目線を変えてみることで、少しでも社内報づくりを楽しんでくださいね。

社内を取り上げるさまざまな企画をやりつくしてしまった場合に、もうひとつおすすめなのが、次でご紹介する「お客様インタビュー」です。

マンネリ化してきたら 「お客様インタビュー」に挑戦!

「マンネリ」、同じ言葉を使っていても、企業によって少しずつニュアンスが変わってきます。
例えば、担当者の方の経験や社内報の歴史が浅い場合は、社内報制作のノウハウがあまりないため、企画のバリエーションが思い浮かばないという理由からマンネリ化することが考えられます。反対に、長く社内報を発行している企業で担当者の方の経験も比較的長い場合には、さまざまな企画をやりつくしたという理由でマンネリ化しているのでしょう。

実は、先日、私も自社のグループ報でグループ会社のクライアントに取材に行ってきました。
そこであらためて思ったのは、こうして直接お客様のお話をうかがうということは、何ページにも渡る会社からのメッセージを載せるよりも説得力があるなあ、ということ。

「お客様に評価頂いている」「こんなことを期待されている」ということを、受注報告などの数字や営業担当者のコメント、つまりは内側の言葉で掲載する企画ももちろんアリですが、お客様の生の言葉=外側から見た意見は、やはり何よりも強く刺激的です。また、そのお客様を担当する社員も同席した形でインタビューを行えば、普段のコミュニケーションの雰囲気や、どれくらい信頼されているかが伝わってくるので、同じ会社の社員としてこちらも誇らしくなります。そして、これは社内報担当者という直接仕事では関わらない第三者がインタビューするからこそ引き出せるのです。同じ内容を営業担当者が直接質問をしても、踏み込んだ言葉を引き出すのは難しいでしょう。

私がこの企画で感じるメリット(見込める読者への効果)は次の通りです。

・お客様とのコミュニケーションに悩んでいる人へのヒントになる。
・数字的な実績や案件の種類などとは異なる軸で掲載企業を決められるため、今までスポットを浴びなかった人も紹介するチャンスができる。
・普段お客様と直接接する機会のない(けれど仕事には関わっている)社員が、誌面を通してお客様の顔を見て自社への思いを聞くことで、より自分事化できる。
・数字では測れない自社の価値や強みが見えてくる。
・「自分もこんな風に取り上げられるようになりたい」という刺激になる。
・グループ報の場合は、グループ会社が具体的にどんな仕事をしているのかがよりわかる。

……等々。

取材先の選定や依頼、取材・撮影、原稿起こし、先方への原稿確認と、いつもの企画よりも準備や進行が少し大変ですが、読み応えのある記事になること間違いなしです。何より、社内報担当者自身のモチベーションアップにも効果的です^^

社内報制作の経験値も上がってきて、企画のマンネリ化を感じてきたなら、ぜひ「お客様インタビュー」にチャレンジしてみて下さい!

SHARE

新着記事

2021.02.19

社内報のつくりかた

トップメッセージは誰のため?伝え方のポイントとは

トップメッセージは誰のため?伝え方のポイントとは

4月号は新入社員特集を掲載する企業が多い私感です。さて、読みにくいとも、読まれている、とも言われるこのトップメッセージ。どこで差がつくのでしょうか? それは、「読みたい」と思う社員と「読みたくない」と...

2021.02.12

社内報のつくりかた

色校正とは?色校正を見るときに気を付けたい3つのポイント

色校正とは?色校正を見るときに気を付けたい3つのポイント

今回は社内報をつくる工程の中でも、社内報担当者の方の最後の確認になる色校正についてです。 みなさんは色校正のチェックの時に、どのように何をチェックされていますか? そもそも、なぜ色校正が必要なのかご存...

2021.02.03

社内報のつくりかた

社内報校正・校閲の鬼門 !「名前と数字」を確認するコツ

社内報校正・校閲の鬼門 !「名前と数字」を確認するコツ

校正・校閲で最も皆さんがミスするのは、商品や人の「名前」と業績やマーケットの「数字」です。これだけは、印刷物なら間違えると必ず刷り直しになります。この特に注意が必要な「名前」「数字」を校正・校閲作業時...

2021.01.28

社内報のつくりかた

【無料DLあり】社内報の企画・ネタ|コロナ禍でもできる春の「社員紹介」企画とは?

【無料DLあり】社内報の企画・ネタ|コロナ禍でもできる春...

春に発行する社内報の制作が進行し始める時期となりました。社内報の「春号」といえば、キラーコンテンツの集まり。たとえば、新年度のキックオフイベントや入社式のレポート、そして新入社員紹介。社内報担当者とし...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-6210-1433

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ