メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

~ピントの合わせ方~

2018.11.06

2015.07.07

こんにちは!ディレクターのnemoです。
前回、人物を引き立たせて印象的に撮影をするためのコツをご紹介させていただきましたが、今回はその補足にもあたるピントの合わせ方について、ポイントをお教えしたいと思います。

皆さんも使われているデジタルカメラ、そのほとんどがオートフォーカス(AF)という機能により、誰でもピントの合った写真が撮れるようになっています。

オートフォーカスとは、撮りたいと思う被写体に対し、シャッターを押すだけで自動的に焦点を当ててくれる便利な機能となります。しかし、すべてを自動設定で撮影するモードの場合、意図する被写体にピントがあてられなかったり、ブレが生じやすかったりという、問題が時折発生することがあるので、撮る際に意識が必要になるところではあります。

自動設定となる「かんたん撮影モード」で撮影をする場合、まずは以下のポイントに注意をして、改めて撮影に臨むようにしてみましょう!

ポイント①-被写体を画面の中心に置いたらシャッターを半押ししましょう!

オートフォーカス(AF)モードで撮影をする場合、通常はファインダーの中央にあるものにピントが合うように設計がされています。

焦点を合わせるためには、まずシャッターを深く押し切るのではなく、軽く押しこんで、半押し状態にしてみます。そうすると「ピピッ」という音が鳴り、画面上に赤や緑などの枠が現れ、撮りたいと思う被写体にその資格が固定された状態で表示がされるようになります。これで被写体に対し、焦点があった状態となるため、まずはしっかりと写したいものに対してピントを合わせる、また固定化させるということを意識してみましょう!

ポイント②-半押しの状態から、シャッターを深く押し切りましょう!

ポイント①で被写体をしっかりと捉えることができたら、そのままシャッターを切ってみましょう!そうすることで、確実に被写体に焦点を合わせた状態の写真が撮れるようになります。

ここで注意しておきたいのが、半押しの状態から一度指を離して改めてシャッターを切る、ということをしないように!ということです。半押し状態でピントを合わせたらオッケーということではなく、半押しした状態で捉えるべきものをしっかりと認識させておくことを継続しておかないといけない、ということが大事になります。

ここで一度指を離してしまうと、せっかく合わせた焦点がリセットされた状態になってしまうので、要注意です。ちなみに半押し状態を継続したまま、画面を動かしても、被写体に対するピントはそのままロックされた状態をキープしますので、もし中央に置いた被写体を左右に配置させて、画面上に余白を作りたいということであれば、この機能はとても有効的になるので、ぜひトライしてみていただければと思います。

以上、今回は被写体をしっかりと捉えるためのピントの合わせ方について、ご紹介をさせていただきました!
次回をお楽しみに。

 

SHARE

新着記事

2021.04.01

社内報のつくりかた

はじめて社内報担当者になったとき、やるべきことまとめ

はじめて社内報担当者になったとき、やるべきことまとめ

この春から、初めて社内報を担当することになった方もいらっしゃることでしょう。社内報担当者になったからには、まず次号の表紙を決める?それとも企画を考える? 正直何から手をつければよいのかわからない… で...

2021.03.11

社内報のつくりかた

社内報制作でデザイナーに依頼するときは具体的に!

社内報制作でデザイナーに依頼するときは具体的に!

こんにちは! 社内報デザインを外部のデザイナーさんにお願いしている企業も多いと思います。 そのときに、こんな悩みを抱えたことありませんか?「渡した資料どおりのレイアウトで、デザインに工夫が感じられない...

2021.02.19

社内報のつくりかた

トップメッセージは誰のため?伝え方のポイントとは

トップメッセージは誰のため?伝え方のポイントとは

4月号は新入社員特集を掲載する企業が多い私感です。さて、読みにくいとも、読まれている、とも言われるこのトップメッセージ。どこで差がつくのでしょうか? それは、「読みたい」と思う社員と「読みたくない」と...

2021.02.12

社内報のつくりかた

色校正とは?色校正を見るときに気を付けたい3つのポイント

色校正とは?色校正を見るときに気を付けたい3つのポイント

今回は社内報をつくる工程の中でも、社内報担当者の方の最後の確認になる色校正についてです。 みなさんは色校正のチェックの時に、どのように何をチェックされていますか? そもそも、なぜ色校正が必要なのかご存...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-6210-1433

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ