メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

“社内イベント”レポートをステキに魅せるコツ

2018.11.06

2015.07.09

ディレクターのタカエです。

社内イベント、あなたの会社では多いですか?
当社でも、暑気払いや忘年会と言った飲み会の他、社員の家族が会社見学できるファミリーデーなど色々行われています。会社のメンバーでたまに仕事から少し外れたことをするのは楽しいものですよね!

そんな社内イベントの中でも社員の士気を高めたり、参加感を強める意義のあるイベントの場合、開催後にレポートを作って社内報にのせることも多いはず。でも、日記のような内容になりがちだったり、いまいちイベントの良さが伝わらなかったりしがちなネタでもあります…。

そんな社内イベントレポートをステキに魅せるコツを3つご紹介します!

★コツ1 目的・得られるもの・今後のビジョンを明確に

参加していない方にもイベントの価値を伝えるためには、イベントの意義やメリットをわかりやすく伝える必要があります。なぜ開催したのか、開催することで何を得られるのか、今後どのように開催する予定なのか、この3点は最低限明確に伝えましょう。

★コツ2 写真で会場の「全体感」と「動き」をみせる

イベントの雰囲気を伝えるために、最も大切な要素は「写真」です。
会場を大きく写し、「全体感」を伝える写真と、個々のプログラムや参加者の細かな反応など会場の「動き」を伝える写真の両方をのせるとメリハリのある魅力的な記事になります!

★コツ3 他の参加者の声をのせる

レポートを書く1人だけの目線では、イベントの盛り上がりについて納得感が伝わりにくいもの。参加した何名かの感想や意見もできるだけ細かくのせることで、客観的かつ説得力のある記事にできます。

参加者にも参加しなかった方にも社内イベントの魅力が伝わること。この1点を意識してネタづくりを行いましょう。社内報の記事で、イベントの参加率をアップさせることも夢ではありません!

 

 

SHARE

新着記事

2021.04.01

社内報のつくりかた

はじめて社内報担当者になったとき、やるべきことまとめ

はじめて社内報担当者になったとき、やるべきことまとめ

この春から、初めて社内報を担当することになった方もいらっしゃることでしょう。社内報担当者になったからには、まず次号の表紙を決める?それとも企画を考える? 正直何から手をつければよいのかわからない… で...

2021.03.11

社内報のつくりかた

社内報制作でデザイナーに依頼するときは具体的に!

社内報制作でデザイナーに依頼するときは具体的に!

こんにちは! 社内報デザインを外部のデザイナーさんにお願いしている企業も多いと思います。 そのときに、こんな悩みを抱えたことありませんか?「渡した資料どおりのレイアウトで、デザインに工夫が感じられない...

2021.02.19

社内報のつくりかた

トップメッセージは誰のため?伝え方のポイントとは

トップメッセージは誰のため?伝え方のポイントとは

4月号は新入社員特集を掲載する企業が多い私感です。さて、読みにくいとも、読まれている、とも言われるこのトップメッセージ。どこで差がつくのでしょうか? それは、「読みたい」と思う社員と「読みたくない」と...

2021.02.12

社内報のつくりかた

色校正とは?色校正を見るときに気を付けたい3つのポイント

色校正とは?色校正を見るときに気を付けたい3つのポイント

今回は社内報をつくる工程の中でも、社内報担当者の方の最後の確認になる色校正についてです。 みなさんは色校正のチェックの時に、どのように何をチェックされていますか? そもそも、なぜ色校正が必要なのかご存...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-6210-1433

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ