メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

~タテで撮る?ヨコで撮る?~

2018.11.06

2015.06.23

こんにちは!ディレクターのnemoです。
今回はちょっと久しぶりになってしましたが、社内報に使いたい写真についてのご紹介をさせていただこうと思います。

ちなみに今回のテーマは「写真を撮る時にタテで撮るか?ヨコで撮るか?」…という案外迷いがちなポイントについて、各々の撮り方の利点と欠点をお教えしたいと思います。

まずは…

「ヨコで撮る写真」について

ヨコ(横位置)で撮る写真というのは、より自然な構図として目に入り込んでくることの多いものとなります。その理由は、人の目(視界)に近い、ということが特徴にあるためです。

人の目はパッと前を見た際、上下はそれほど見えてきませんが、左右に関しては、約180度近い範囲を見ることができるかと思います。そういった人間の視野の特徴と重なる部分が横位置の写真には要素としてあるため、写真の仕上がり(構図)自体に自然な様子を見る側に与えやすい、という点が利点となってきます。

またヨコ(横位置)で撮る写真のもう一つの利点は、被写体に対し、その背景を多く入れることで、その場の情景や雰囲気をより写真の中に映し出すことができるという点です。 社内報で使用する写真のほとんどが、職場の雰囲気を紹介するものであったり、イベントの様子を報告するものであったり、というものだと思いますので、ぜひそう言った撮影の際は横位置での写真撮影を心だけていただければと思います。

逆に欠点というところで言うと、広くその場の様子を取り入れる撮り方ができるため、不要なものが映り込みやすい、またそういったことがあるため、被写体を際立たせた写真を撮る際のスキルが必要になってしまう、ということが挙げられます。

続いて…

「タテで撮る写真」について

タテ(縦位置)で撮る写真というのは被写体を際立たせ、存在感を引き出す効果があると言われています。奥行きを出したり、高さを表現するなど、被写体をより効果的に見せることができるという点がタテで撮る写真の利点となります。

縦に長いものを撮影する際に適した撮り方になってくるのですが、人を被写体とする際、その方の表情だけをとらえたい、またしっかりとした印象の写真を撮りたい、という点で活躍する構図にもなってきますので、社内報の中で、もし人物紹介のページなどを含む際は、ぜひ実践していただければと思います。

ただし、タテで撮る写真は、被写体を際立たせる範囲がかなり狭まるため、背景までを含んだ写真が撮りにくい、またその場の情景を引き出しにくいという点が欠点部分になるので、ぜひ注意してくださいね!

と、今回は以上になります。

写真を撮るということは、今や誰にでもできることではあるのですが、撮り方次第で何を伝えたいのか?という点が大きく変わってくるので、改めて頭の中で思い描く「絵」をどれだけ写真に表わすことができるのか、細かなコツをこれからもご紹介させていただこうと思うので、一歩一歩、上達に向けがんばりましょう!

ではでは、また次回をお楽しみに。

 

SHARE

新着記事

2022.01.05

社内報のつくりかた

無料でお役立ちフォーマットがDL!「社内報のきほん by glassy株式会社」

無料でお役立ちフォーマットがDL!「社内報のきほん by...

当サイト社内報のお役立ちコラムを運営するglassy株式会社が新しく社内報担当者向けのお役立ちサイトをオープン致しました。社内報のきほん by glassy株式会社https://shanaiho.g...

2021.12.15

社内報のつくりかた

メディア型とSNS型。あなたの会社に合うコミュニケーションツールはどっち?

メディア型とSNS型。あなたの会社に合うコミュニケーショ...

「会社の経営理念やビジョンが現場の社員までなかなか浸透しない」「テレワークが増えてメンバー間のコミュニケーションが希薄になってきた」このような組織内のコミュニケーション不足を感じているなら、伝えたいタ...

2021.12.14

社内報のつくりかた

WEB社内報でユーザー情報の管理問題について考える

WEB社内報でユーザー情報の管理問題について考える

WEB社内報の運用を進めるにあたり、コンテンツ発信以外の思わぬところで躓いてしまうことがあります。その見落としがちなポイントの1つが、ユーザー情報の管理方法です。そこで今回は、コンテンツ発信に注力でき...

2021.12.13

社内報のつくりかた

WEB社内報の閲覧数ばかり気にしていないですか?

WEB社内報の閲覧数ばかり気にしていないですか?

紙と違いWEBは閲覧数を容易に把握できるため、ついそこばかりに目が行きがちです。広報担当者が、社員に「読んでもらうこと」(=閲覧数)を意識するのは決して間違いではありません。しかし、社内メディアが持つ...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-6210-1433

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

社内報お役立ちコラム

ページトップへ