メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

「印刷工程 〜刷版(プレート)出力〜」を知る

2018.11.06

2015.06.03

ディレクターのマサオです。社内報を印刷物で発行されている担当者様は必見!「印刷知識」をテーマとして毎度色々とネタをご紹介しております。

第11回目は「印刷工程 〜刷版(プレート)出力〜」です。今回は印刷工程シリーズ第3回目「刷版(プレート)出力」に関してご紹介していきたいと思います。

印刷の知識を持っている人でないと、「刷版(さっぱん)」といわれても何のことやら…わからない方がほとんどかと思います。実はオフセット印刷の工程では、「刷版」は無くてはならない存在なのです!!

 

印刷工程
工程その3:刷版(プレート)出力

刷版とはオフセット印刷の際に使用する印刷用の版のことです。
PS版というアルミ製の板を使用し、面付けされた印刷用データをこの板に焼き付けていきます。
※もう少し分かりやすく言うと、印刷するための判子(はんこ)のようなもので、朱肉にあたるインキが刷版につくことによって用紙に印刷されるのです。

 

a0a42ca83d1ef0b07644a93105fb7122

 

焼き付け方法としては、コンピューターで面付けされたデータをCMYKの4色に分解し、プレートセッターと呼ばれる機械を使用し、データを焼き付けていきます。
※コンピューター上で処理を行い、板に焼き付けるため、CTP(Computer to Plate)という名称で呼ばれています。

 

5e0db551396567ed2ec1e91c85ff1d54

 

青い部分が削り落とされ白くなっているのがわかりますでしょうか?
この青くのこった部分が実際にインキがのる部分となります。
4色での印刷の場合は一回の印刷でCMYKの計4枚版を出力することになります。
※刷版は片面のみの出力になるので、冊子などを両面作成される場合は4枚×2の8枚出力します。

いかがでしたでしょうか?
印刷をするためには刷版は必要不可欠な存在です!覚えておきましょう!

次回は印刷工程第4回「印刷(オフセット印刷)」についてご紹介していきたいと思います!
乞うご期待ください!

SHARE

新着記事

2021.09.06

社内報のつくりかた

【WEB社内報】コメント機能のメリットとデメリット

【WEB社内報】コメント機能のメリットとデメリット

コロナ禍の影響で様々なモノやコトがニューノーマルへと変化しました。特にリモートワークの普及により、同僚と顔を合わせる機会が大幅に減少した方も多いのではないでしょうか。そんな中、リモート環境下でも社内コ...

2021.09.06

社内報のつくりかた

【WEB社内報】サムネイルデザインの基本

【WEB社内報】サムネイルデザインの基本

WEB社内報を作成しているなかで、記事のサムネイルデザインがなかなか仕上がらず、悩まれている担当者の方も多いのではないでしょうか。従業員の目に留まるようなサムネイルデザインの作成は難しく、アクセス数が...

2021.09.06

社内報のつくりかた

コンテンツで困らないために!WEB社内報の編集体制のつくりかた

コンテンツで困らないために!WEB社内報の編集体制のつく...

紙からWEBへ、社内報をリニューアルしたい!そんな思いも持たれている広報責任者様、ご担当者様は非常に多いのではないでしょうか。紙からWEBへ移行するメリットとしては、・デザイン制作、印刷、配送の工数が...

2021.09.06

社内報のつくりかた

【WEB社内報】読まれる記事を作るにはタイトルを工夫すべし

【WEB社内報】読まれる記事を作るにはタイトルを工夫すべ...

企業が発行する社内報はもともと紙媒体が主流でしたが、最近はオンライン上で閲覧できる「WEB社内報」を導入する企業も増えています。しかし、紙で配布される社内報とは異なり、WEB社内報を読むには社員が自ら...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-6210-1433

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

社内報お役立ちコラム

ページトップへ