メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

「PP加工」を知る

2018.11.06

2015.06.17

ディレクターのマサオです。
社内報を印刷物で発行されている担当者様は必見!「印刷知識」をテーマとして毎度色々とネタをご紹介しております。印刷工程シリーズは今回一休みさせて頂き、第12回目は「PP加工」です。

制作会社や印刷会社の方とやり取りしている中で、「PP加工」という言葉を聞いたことはないでしょうか?
社内報では多く使われている例はあまりありませんが、会社案内や事業パンフレットなどでは、「PP加工」を施されているケースがあります。

PP加工とは?

そもそも「PP加工」の「PP」とは、なんぞや?というところからご説明致します。そう、「PP」とはポリプロプレンのことです。そして、実際の「PP加工」とは、ポリプロピレンのフィルムを印刷物の上から貼る加工のことです。もっとわかりやすくご説明すると、印刷物の表面に薄いビニールを貼る加工のことを言います。

身近なものの例で言えば、雑誌やコミック、パンフレットなどで、表紙に光沢があり、つるつるしているものを見たことはあるかと思います。それらはすべて「PP加工」がされています。

では、なぜ「PP加工」をするのでしょうか?

 PP加工の役割

・見た目や仕上がりが良くなる
→PP加工をすることで、仕上がりにより高級感が増します。

・表面が保護される
→PP加工をすることで、表面がビニールで保護され、キズや汚れ、多少の濡れ、色あせから守ってくれます。特に長く使用するものや、使用する頻度が高いものに関しては、加工をしているものとしていないものでは、時間が経つと一目瞭然です!

いかがでしたでしょうか?
PP加工には「グロスPP」や「マットPP」など種類がいくつかありますので、一度協力会社のご担当者にお願いして、サンプルを見せてもらうのもいいかと思います!社内報では、PP加工を施すことはあまりないかもしれませんが、印刷知識として知っておくと役に立つときが来ますよ!

今後も、役立つ印刷知識をご紹介して参りたいと思います。
乞うご期待ください!

SHARE

新着記事

2021.04.01

社内報のつくりかた

はじめて社内報担当者になったとき、やるべきことまとめ

はじめて社内報担当者になったとき、やるべきことまとめ

この春から、初めて社内報を担当することになった方もいらっしゃることでしょう。社内報担当者になったからには、まず次号の表紙を決める?それとも企画を考える? 正直何から手をつければよいのかわからない… で...

2021.03.11

社内報のつくりかた

社内報制作でデザイナーに依頼するときは具体的に!

社内報制作でデザイナーに依頼するときは具体的に!

こんにちは! 社内報デザインを外部のデザイナーさんにお願いしている企業も多いと思います。 そのときに、こんな悩みを抱えたことありませんか?「渡した資料どおりのレイアウトで、デザインに工夫が感じられない...

2021.02.19

社内報のつくりかた

トップメッセージは誰のため?伝え方のポイントとは

トップメッセージは誰のため?伝え方のポイントとは

4月号は新入社員特集を掲載する企業が多い私感です。さて、読みにくいとも、読まれている、とも言われるこのトップメッセージ。どこで差がつくのでしょうか? それは、「読みたい」と思う社員と「読みたくない」と...

2021.02.12

社内報のつくりかた

色校正とは?色校正を見るときに気を付けたい3つのポイント

色校正とは?色校正を見るときに気を付けたい3つのポイント

今回は社内報をつくる工程の中でも、社内報担当者の方の最後の確認になる色校正についてです。 みなさんは色校正のチェックの時に、どのように何をチェックされていますか? そもそも、なぜ色校正が必要なのかご存...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-6210-1433

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ