メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

社内報の写真をスマホで撮ろう~iPhoneで写真を撮るコツ~

2020.11.13

2015.07.14

こんにちは!ディレクターのnemoです。

これまで、カメラを使っての撮影術や操作法などについて、色々とご紹介をして参りましたが、今回はiPhoneを使用して撮影する場合のちょっとしたコツをお教えしたいと思います。

社内報に使うための写真は、高画質のものがやはり良いということもあり、スマホを使用しての撮影は避けるべき!と以前にご紹介をさせていただいていたのですが、今現在、出回っているスマホは小さいながらにも性能を上げており、メインで使用する、というところまでには達していなくとも、サブカメラとして使用するにはちょうどいいレベルにまでなってきたと思います。

スマホであれば、簡単に起動することができ、また手軽に広範囲を撮影することもできるので、撮り逃しも多少軽減できるのではないかな…というところで、カメラできちんと撮影をした後、予備として抑えの写真をスマホで撮っておくことも改めておすすめしたいと思います。

ということで、今回はiPhoneを使っての撮影を例に挙げて、スマホでの撮影で起こりやすい「ぶれ」を軽減するための撮影術をご紹介させていただきます。
今回のポイントは3つです!

ポイント① シャッターの切り方に注意!

通常、カメラを使用しての撮影の場合、ボタンを押したらシャッターが切れる、という仕組みになっていますが、iPhoneの標準カメラの場合ですとボタンを押した瞬間ではなく、ボタンを離した瞬間にシャッターが切れる仕組みになっているので、改めて「指を離すタイミング」を意識してみてくだい! そうするだけでも「ぶれ」の発生を軽減することができるようになるかと思います。

ポイント② 付属のイヤホンを使用してみる!

実はiPhoneの撮影用シャッターは画面内に表示されるボタンだけに限らず、本体の側面にある音量ボタンでも写真が撮れるようになっています。 この場合、ボタンを離した際にシャッターが切れる、というわけではなく、通常のカメラ同様、ボタンを押した際にシャッターが切れる、という仕組みの違いがあるのですが、この仕組みを利用して、付属のイヤホンを本体に繋げた状態にするだけで、本体に触れることなく、イヤホンの音量ボタンで写真が撮れるようになるというものです。

スマホで「ぶれ」が発生するほとんどの原因は、画面のボタンを押すことで生じる小さな動きです。イヤホンを使うことでその心配もなくなるので、一番効果的な写真の撮り方にもなります。

ポイント③ アプリを使ってみる

標準カメラの状態ではなく、いろんな機能を持ち合わせたアプリを使用して撮影をしてみるもの「ぶれ」を軽減する、効果的な撮影の仕方にもなります。

設定に関しては、アプリによって、都度設定、もしくは固定設定など、特徴は様々ですが、標準状態で撮影するよりも、「ぶれ」軽減の他、色々な効果も併せて撮影することができるので、是非試していただければと思います。ちなみにおすすめのアプリは『Camera+』『プロカメラ』となります。

取材時の撮影漏れや撮り逃しをなくす、ということも考え、これからはメインで使うカメラの他、サブカメラというかたちで、スマホを使ってみるのも良いかと思います。

普段から今回挙げたポイントに注意して、撮影の練習もしてみましょう! 
ではでは、また次回をお楽しみに。

SHARE

新着記事

2021.09.06

社内報のつくりかた

【WEB社内報】コメント機能のメリットとデメリット

【WEB社内報】コメント機能のメリットとデメリット

コロナ禍の影響で様々なモノやコトがニューノーマルへと変化しました。特にリモートワークの普及により、同僚と顔を合わせる機会が大幅に減少した方も多いのではないでしょうか。そんな中、リモート環境下でも社内コ...

2021.09.06

社内報のつくりかた

【WEB社内報】サムネイルデザインの基本

【WEB社内報】サムネイルデザインの基本

WEB社内報を作成しているなかで、記事のサムネイルデザインがなかなか仕上がらず、悩まれている担当者の方も多いのではないでしょうか。従業員の目に留まるようなサムネイルデザインの作成は難しく、アクセス数が...

2021.09.06

社内報のつくりかた

コンテンツで困らないために!WEB社内報の編集体制のつくりかた

コンテンツで困らないために!WEB社内報の編集体制のつく...

紙からWEBへ、社内報をリニューアルしたい!そんな思いも持たれている広報責任者様、ご担当者様は非常に多いのではないでしょうか。紙からWEBへ移行するメリットとしては、・デザイン制作、印刷、配送の工数が...

2021.09.06

社内報のつくりかた

【WEB社内報】読まれる記事を作るにはタイトルを工夫すべし

【WEB社内報】読まれる記事を作るにはタイトルを工夫すべ...

企業が発行する社内報はもともと紙媒体が主流でしたが、最近はオンライン上で閲覧できる「WEB社内報」を導入する企業も増えています。しかし、紙で配布される社内報とは異なり、WEB社内報を読むには社員が自ら...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-6210-1433

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

社内報お役立ちコラム

ページトップへ