メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

~人を撮るときのカメラの構え~

2018.11.05

2015.09.01

こんにちは!ディレクターのnemoです。
私自身、これまでカメラマンとして撮影をしてきた中で被写体として一番多く撮影してきたのは「人物」の写真なんですが、実は今でもなお、その撮影の難しさを感じながら、ファインダーを覗きこんでいる毎日です。

セミナーなどで皆さんにも人物写真の撮り方をお教えしておりますが、その中で案外皆さんがやってしまっている「こと」があり、今回はそちらを取り上げながら、人を撮るときに注意したいポイントをご紹介させていただこうと思います。

まずは、皆さんがやってしまいがちな「こと」についてですが、それは、自分の目線の高さからカメラを構えてしまっている、と言うことです。さらに言えば、直立の状態で撮影をしてしまっている、と言う点ですね。

被写体となる人物がカメラマンとなる自分自身よりも身長の高い方であれば、そう問題はないことなんですが、その逆で被写体となる人物が自分よりも背の低い方の場合、自分の目線の高さからカメラを構えてしまうと、必然的に上からの撮影となり、顔の大きさが強調されてしまう撮り方になってしまいます。 これは避けておきたいポイントですね。

人物をきれいに、またバランスよく撮影するためには、その被写体の中心部分も見つけて、その高さにレンズの位置を合わせなくてはなりません。

分かりやすく言えば、被写体の胸からおへその間にあたる高さでカメラを構えるということです。被写体の中心部分にあたる高さにカメラを構え、撮影をすることで、胴体に対する顔の大きさや足の長さなどが均一な状態に保たれ、見た目に安定感を感じることのできる写真が撮れるようになります。

その為には、カメラマン自身の上下の動作が鍵となります。直立の状態ではカメラを覗きながら高さを変えることは到底難しいことです。まずは膝の動きを柔らかくし、利き足を前に一歩踏み出すことから始めて、屈伸をしながらの上下動作ができるよう、意識付けをしていきましょう!

ちなみに高さを合わせても、撮影の際にレンズが下向きに傾いてしまうことも、よくある「こと」の一つです。是非高さを合わせたら、レンズ自体も地面と水平に保つことを注意して、カメラを構えるようにしてみましょう!

ちょっとカメラを構える高さを変えることで、新たな印象を与える写真が撮れるようになりますよ。ぜひトライしてみてくださいね!

ではでは、次回もお楽しみに。

SHARE

新着記事

2021.02.19

社内報のつくりかた

トップメッセージは誰のため?伝え方のポイントとは

トップメッセージは誰のため?伝え方のポイントとは

4月号は新入社員特集を掲載する企業が多い私感です。さて、読みにくいとも、読まれている、とも言われるこのトップメッセージ。どこで差がつくのでしょうか? それは、「読みたい」と思う社員と「読みたくない」と...

2021.02.12

社内報のつくりかた

色校正とは?色校正を見るときに気を付けたい3つのポイント

色校正とは?色校正を見るときに気を付けたい3つのポイント

今回は社内報をつくる工程の中でも、社内報担当者の方の最後の確認になる色校正についてです。 みなさんは色校正のチェックの時に、どのように何をチェックされていますか? そもそも、なぜ色校正が必要なのかご存...

2021.02.03

社内報のつくりかた

社内報校正・校閲の鬼門 !「名前と数字」を確認するコツ

社内報校正・校閲の鬼門 !「名前と数字」を確認するコツ

校正・校閲で最も皆さんがミスするのは、商品や人の「名前」と業績やマーケットの「数字」です。これだけは、印刷物なら間違えると必ず刷り直しになります。この特に注意が必要な「名前」「数字」を校正・校閲作業時...

2021.01.28

社内報のつくりかた

【無料DLあり】社内報の企画・ネタ|コロナ禍でもできる春の「社員紹介」企画とは?

【無料DLあり】社内報の企画・ネタ|コロナ禍でもできる春...

春に発行する社内報の制作が進行し始める時期となりました。社内報の「春号」といえば、キラーコンテンツの集まり。たとえば、新年度のキックオフイベントや入社式のレポート、そして新入社員紹介。社内報担当者とし...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-6210-1433

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ