メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

~人を撮るときのカメラの構え~

2015.09.01

~人を撮るときのカメラの構え~

こんにちは!ディレクターのnemoです。
私自身、これまでカメラマンとして撮影をしてきた中で被写体として一番多く撮影してきたのは「人物」の写真なんですが、実は今でもなお、その撮影の難しさを感じながら、ファインダーを覗きこんでいる毎日です。

セミナーなどで皆さんにも人物写真の撮り方をお教えしておりますが、その中で案外皆さんがやってしまっている「こと」があり、今回はそちらを取り上げながら、人を撮るときに注意したいポイントをご紹介させていただこうと思います。

まずは、皆さんがやってしまいがちな「こと」についてですが、それは、自分の目線の高さからカメラを構えてしまっている、と言うことです。さらに言えば、直立の状態で撮影をしてしまっている、と言う点ですね。

被写体となる人物がカメラマンとなる自分自身よりも身長の高い方であれば、そう問題はないことなんですが、その逆で被写体となる人物が自分よりも背の低い方の場合、自分の目線の高さからカメラを構えてしまうと、必然的に上からの撮影となり、顔の大きさが強調されてしまう撮り方になってしまいます。 これは避けておきたいポイントですね。

人物をきれいに、またバランスよく撮影するためには、その被写体の中心部分も見つけて、その高さにレンズの位置を合わせなくてはなりません。

分かりやすく言えば、被写体の胸からおへその間にあたる高さでカメラを構えるということです。被写体の中心部分にあたる高さにカメラを構え、撮影をすることで、胴体に対する顔の大きさや足の長さなどが均一な状態に保たれ、見た目に安定感を感じることのできる写真が撮れるようになります。

その為には、カメラマン自身の上下の動作が鍵となります。直立の状態ではカメラを覗きながら高さを変えることは到底難しいことです。まずは膝の動きを柔らかくし、利き足を前に一歩踏み出すことから始めて、屈伸をしながらの上下動作ができるよう、意識付けをしていきましょう!

ちなみに高さを合わせても、撮影の際にレンズが下向きに傾いてしまうことも、よくある「こと」の一つです。是非高さを合わせたら、レンズ自体も地面と水平に保つことを注意して、カメラを構えるようにしてみましょう!

ちょっとカメラを構える高さを変えることで、新たな印象を与える写真が撮れるようになりますよ。ぜひトライしてみてくださいね!

ではでは、次回もお楽しみに。

SHARE

新着記事

2020.11.18

社内報の企画・ネタ|2021年「新年号の企画、どうする?」

社内報のつくりかた

社内報の企画・ネタ|2021年「新年号の企画、どうする?」

社内報の企画・ネタ|2021年「新年号の企画、どうする?...

社内報の新年号といえば、「年頭所感」や「新年の抱負」。恒例で載せなければならない企画が多い一方で、毎年同じ見せ方になってしまって頭を悩ませている社内報担当者も多いのではないでしょうか。一方で、今年は新...

2020.10.07

スッキリ解消!社内報の「校正」に関連する記事7選!

社内報のつくりかた

スッキリ解消!社内報の「校正」に関連する記事7選!

スッキリ解消!社内報の「校正」に関連する記事7選!

社内報原稿の社内確認や制作会社とのやりとりで、こんな経験をされたことはありませんか?修正指示を書き込んだが、間違って伝わってしまった。修正指示を見落とされてしまった。校正紙の指示だけでは分からないと制...

2020.09.30

社内報をリニューアルしたい時に読んでほしい記事5選

社内報のつくりかた

社内報をリニューアルしたい時に読んでほしい記事5選

社内報をリニューアルしたい時に読んでほしい記事5選

社内報の“リニューアル”といっても、新しい企画を立ち上げて反応を見るという比較的すぐに実行できる方法もありますし、表紙を含めてデザインや内容を大きく刷新する方法もあります。社内報をリニューアルする前に...

2020.04.09

社内報のネタに困ったら?こんな方法で解決!

社内報のつくりかた

社内報のネタに困ったら?こんな方法で解決!

社内報のネタに困ったら?こんな方法で解決!

社内報担当者であれば「社内報がちゃんと読まれているか?」「社内報がコミュニケーション活性化に貢献しているか?」は、業界・業種に関係なく社内報担当者に共通している課題です。そして、「社員に読んでもらえる...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-6210-1433

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ