メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

表記ルールづくり②

2019.11.27

2015.06.19

雨が降ったりやんだり、落ち着かないお天気が続いていますね。にわか雨には困ったものですが、予測できない空模様に振り回されるのも、たまには悪くないですよ。

こんにちは!アシスタントディレクターのちっしーです。

今日は、表記ルールづくりの第2弾。「ことば」のルールについてです!

前回の「約物」同様、「ことば」の使い方には強く個性が出ます。
それこそが魅力の源ではあるのですが、社内報というひとつのまとまった読み物として成立させるためには、ある程度のルールが必要とされます。

よくある例としては、

さまざま/様々
みなさま/皆さま/皆様
ひとりひとり/一人ひとり/一人一人
よい/いい/良い
アイデア/アイディア
コミュニケーション/コミニュケーション

このように、同じ単語を異なる方法で表記している場合ですね。
個々の記事の中ではしっくりきていても、全体を通して眺めると、バラバラとしてまとまりのない印象を与えてしまいます。
よく使われる単語は、使い方を一覧表にして、メンバーで共有しておくのがおすすめです。

また、

2015年/平成27年
6か月/6ヵ月/6ヶ月
10000人/10,000人/1万人

などなど、数字や日付に関する表記の違いにも要注意です。
会社の行事や決算について、伝統的なルールが決まっている場合もあります。
発行後のトラブルを防ぐために、不安な箇所がある場合は、担当者にあらかじめ確認しておきましょう。

自由で魅力的な紙面のために、決まりごとはとても大切です。
ぜひ、参考になさってくださいね!

SHARE

新着記事

2021.02.19

社内報のつくりかた

トップメッセージは誰のため?伝え方のポイントとは

トップメッセージは誰のため?伝え方のポイントとは

4月号は新入社員特集を掲載する企業が多い私感です。さて、読みにくいとも、読まれている、とも言われるこのトップメッセージ。どこで差がつくのでしょうか? それは、「読みたい」と思う社員と「読みたくない」と...

2021.02.12

社内報のつくりかた

色校正とは?色校正を見るときに気を付けたい3つのポイント

色校正とは?色校正を見るときに気を付けたい3つのポイント

今回は社内報をつくる工程の中でも、社内報担当者の方の最後の確認になる色校正についてです。 みなさんは色校正のチェックの時に、どのように何をチェックされていますか? そもそも、なぜ色校正が必要なのかご存...

2021.02.03

社内報のつくりかた

社内報校正・校閲の鬼門 !「名前と数字」を確認するコツ

社内報校正・校閲の鬼門 !「名前と数字」を確認するコツ

校正・校閲で最も皆さんがミスするのは、商品や人の「名前」と業績やマーケットの「数字」です。これだけは、印刷物なら間違えると必ず刷り直しになります。この特に注意が必要な「名前」「数字」を校正・校閲作業時...

2021.01.28

社内報のつくりかた

【無料DLあり】社内報の企画・ネタ|コロナ禍でもできる春の「社員紹介」企画とは?

【無料DLあり】社内報の企画・ネタ|コロナ禍でもできる春...

春に発行する社内報の制作が進行し始める時期となりました。社内報の「春号」といえば、キラーコンテンツの集まり。たとえば、新年度のキックオフイベントや入社式のレポート、そして新入社員紹介。社内報担当者とし...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-6210-1433

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ