メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

元・社史ライターが叫ぶ。社内報の「資料的」価値

2020.03.13

2017.10.06

社内報の編集をご担当の皆さん、こんにちは。元・社史ライターのkumaです。
100ページ程度のコンパクトなものから、500ページにも及ぶ重厚長大なものまで、さまざまなタイプの社史のライティングを手がけるなかで、いつも痛烈に感じていたことがあります。

それは「ありがとう、社内報…!!」という感謝の念(ときどき涙)。

こちらの連載では、元・社史ライターとして社内報に深い敬意を抱く私kumaが、社内報の「資料的価値」に光を当てていきます。

社内報編集ご担当者の皆さんは、毎号、「いかに従業員の方々の心を惹きつけるか」を念頭に、紙面を作り上げていらっしゃることと思います。

ある時は、新しい企画やネタの“生みの苦しみ”に悶絶しながら。
またある時は、すっかり定番化した企画の“マンネリ感”に煩悶しながら…。

社内報は、会社の「今」を伝えるもの。(言うまでも無いことですが)読者は従業員です。しかし、今から10年後、20年後あるいは30年後、おそらくは皆さんの予期せぬところで、社内報は“熱烈な読者”を得ることになります。20XX年、あなたの会社が創業50年の節目を迎えるとします。その時、高い確率で制作されることになる、「社史」の編纂チームの面々が“熱烈な読者”の正体です。編纂チームのメンバーは、あなたの未来の後輩社員、そして(かつての私のような)社史ライターなど。

社史の原稿執筆に際しては、「公開(の許可がおりた)文書はすべて」活用します。そして、多種多様な文書のうち、マストアイテムとして大活躍するのが社内報です。

社内報の「資料的価値」が、ほかの文書よりも抜きん出ているところとして、私は次の2点を挙げたいと思います。

・(会社概況や社内の出来事が)よそいきではない“生”の言葉で語られている。
・毎号を通して見ていくと、当時の重要トピックが自然と分かってくる。

20XX年の人間が、数年ないし数十年前のリアルな会社概況を把握したいと考えた時、上記の点から、社内報から非常に多くの有益な情報を得ることができるのです。

「歴史的資料」として参照される(そしてとても感謝される)ということ。

社内報の企画に悩んだときや、既存コーナーの編集方針について悩んだとき、そんな少し先の未来を思い浮かべていただけると、新しい発見があるかもしれません。(あるといいな)

…というところを目指しながら、次回以降、恒例の企画としてお馴染みのアノ企画について、「資料的価値」としての観点から掘り下げていきたいと思います。

 

<蛇足のコーナー:社史を編纂するということ>
社史は、企業が歩んできたかけがえのない足跡を、正確な形で永く遺すために編まれるものです。未来の経営幹部や社員に、教訓や指針を示すツールとして用いられるだけでなく、経済学者やその業界の研究者に、一次資料として参照されたりもします。

SHARE

新着記事

2021.04.30

社内報のつくりかた

【無料DLあり】社内報の企画・ネタ|夏号に使える企画12選

【無料DLあり】社内報の企画・ネタ|夏号に使える企画12...

春号の社内報制作も終わり、ひと段落といったところでしょうか。社内報の春号企画は、会社の大きなイベントと連動していることが多いかと思います。たとえば、新年度のキックオフレポート、入社式レポート、新入社員...

2021.04.01

社内報のつくりかた

はじめて社内報担当者になったとき、やるべきことまとめ

はじめて社内報担当者になったとき、やるべきことまとめ

この春から、初めて社内報を担当することになった方もいらっしゃることでしょう。社内報担当者になったからには、まず次号の表紙を決める?それとも企画を考える? 正直何から手をつければよいのかわからない… で...

2021.03.11

社内報のつくりかた

社内報制作でデザイナーに依頼するときは具体的に!

社内報制作でデザイナーに依頼するときは具体的に!

こんにちは! 社内報デザインを外部のデザイナーさんにお願いしている企業も多いと思います。 そのときに、こんな悩みを抱えたことありませんか?「渡した資料どおりのレイアウトで、デザインに工夫が感じられない...

2021.02.19

社内報のつくりかた

トップメッセージは誰のため?伝え方のポイントとは

トップメッセージは誰のため?伝え方のポイントとは

4月号は新入社員特集を掲載する企業が多い私感です。さて、読みにくいとも、読まれている、とも言われるこのトップメッセージ。どこで差がつくのでしょうか? それは、「読みたい」と思う社員と「読みたくない」と...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-6210-1433

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ