メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

「感謝」と「お詫び」は紙一重?

2019.02.13

2015.09.18

こんにちは!アシスタントディレクターのちっしーです。

今回のテーマは、「感謝」です。

よろこび、怒り、悲しみと同じように、「感謝」の気持ちも、周囲に伝播するものです。

とある社内報の記事に、退職される方のコメントを掲載しているコーナーがありました。
企画自体はありふれているのですが、他とちょっと違うのは、退職する本人のコメントの横に、親しい部下や上司からのメッセージを一緒に掲載していること。

「○○さんはこんなことが得意だった」「実はこんな一面もあった」という思い出話に、「今までありがとう」「あなたのおかげでがんばれた。これからもお元気で」という感謝のことばが続きます。退職する人のことも、それを送り出す人のことも全く知らないのに、それを読んでいるとなんだかほんわか、自分まで優しい気持ちになりました。

さて、そんな「感謝」を意味する熟語を並べてみると、ちょっとおもしろいことがわかります。

謝意(しゃい):お礼や、感謝の気持ち。また、謝罪やお詫びの気持ち。
多謝(たしゃ):深く感謝する、厚く礼を述べること。また、深く罪を詫びること。
万謝(ばんしゃ):深く感謝する、厚く礼をいうこと。また、深く詫びること。
深謝(しんしゃ):深く感謝すること。また、丁寧に詫びること。

お気づきですか。
感謝をあらわすものの多くが、同時にお詫びも意味しているのです。
「助けてくれてありがとう、迷惑かけてごめんなさい」というところでしょうか。

そういえばこの国では、ありがとうもごめんなさいも、「頭を下げる」という同じ動作をします。確かにじっくり思い返してみると、感謝をしているときとお詫びをしているときの感情って、けっこう似ているかもしれません。

なんとなく、皮肉なことですね。

SHARE

新着記事

2022.01.05

社内報のつくりかた

無料でお役立ちフォーマットがDL!「社内報のきほん by glassy株式会社」

無料でお役立ちフォーマットがDL!「社内報のきほん by...

当サイト社内報のお役立ちコラムを運営するglassy株式会社が新しく社内報担当者向けのお役立ちサイトをオープン致しました。社内報のきほん by glassy株式会社https://shanaiho.g...

2021.12.15

社内報のつくりかた

メディア型とSNS型。あなたの会社に合うコミュニケーションツールはどっち?

メディア型とSNS型。あなたの会社に合うコミュニケーショ...

「会社の経営理念やビジョンが現場の社員までなかなか浸透しない」「テレワークが増えてメンバー間のコミュニケーションが希薄になってきた」このような組織内のコミュニケーション不足を感じているなら、伝えたいタ...

2021.12.14

社内報のつくりかた

WEB社内報でユーザー情報の管理問題について考える

WEB社内報でユーザー情報の管理問題について考える

WEB社内報の運用を進めるにあたり、コンテンツ発信以外の思わぬところで躓いてしまうことがあります。その見落としがちなポイントの1つが、ユーザー情報の管理方法です。そこで今回は、コンテンツ発信に注力でき...

2021.12.13

社内報のつくりかた

WEB社内報の閲覧数ばかり気にしていないですか?

WEB社内報の閲覧数ばかり気にしていないですか?

紙と違いWEBは閲覧数を容易に把握できるため、ついそこばかりに目が行きがちです。広報担当者が、社員に「読んでもらうこと」(=閲覧数)を意識するのは決して間違いではありません。しかし、社内メディアが持つ...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-6210-1433

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

社内報お役立ちコラム

ページトップへ