メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

気になる他社様の社内報の発行方法について!

こんにちは、プロデューサーのkitaです。
社内報のスタートアップのお手伝いをさせていただくことがたまにございます。

日本の企業は430万社、そのうち社内報を発行しているのは1万2千社。従業員数が100名を超えてきますと、face to faceのコミュニケーションが難しくなり、社内報の必要性を感じるようになるようです。弊社でお手伝いさせていただいている企業様で100部発行というのが最小ですので、従業員数100名以上というのが社内報発行を検討する分岐点かと思います。
(社員数30名ほどの企業様でも社内報を発行されている事例は多々ありますので、必要性を感じたら積極的に検討してみてください。)

今回は、印刷社内報のスタートアップをする際に、よく尋ねられる社内報の発行方法について、弊社の社内報セミナー来場者77社様からのアンケート結果から特別にお教えしちゃいます! 

先ずは、社内報の発行頻度につきまして。
1番多いのは、制作期間が取りやすい季刊で28%です。そして、情報配信のタイムラグの軽減を考慮した月刊が26%と続きます。そして、隔月、年3回、年2回という順になります。ご予算や目的で発行頻度は様々ですが、無理なくきちんと発行できるようにすることが重要です。

次に、ページ数。読みやすさを考慮した16ページ以下48%、情報量を重視した20ページ以上52%で二極化しています。更に細分化してみますと、4ページ9%、8ページ15%、12ページ13%、16ページ11%、20ページ14%、24ページ11%、28ページ11%、28ページ以上16%。以上で100%となりますが、社内報の一般的なページ数というものは無いということが分かります。

発行頻度と情報量を考慮して決めるのが良いでしょう。そして、情報量によってページ数を変動させることも一考です。

そして、判型です。A4サイズが85%という結果が出ております。用途によりましてB5サイズやタブロイド判など様々な判型の社内報を見かけることもよくあるのですが、情報量や読みやすさを考慮してA4サイズとなる企業様が多いようです。

社内報の他社様の発行方法は気になるものです。しかし、定型のパターンは無いということが分かりますので、社内報ご担当者様が、無理のないように発行できるように工夫すること、それが一番重要かと思います。

 

 

SHARE

新着記事

2022.01.05

社内報のつくりかた

無料でお役立ちフォーマットがDL!「社内報のきほん by glassy株式会社」

無料でお役立ちフォーマットがDL!「社内報のきほん by...

当サイト社内報のお役立ちコラムを運営するglassy株式会社が新しく社内報担当者向けのお役立ちサイトをオープン致しました。社内報のきほん by glassy株式会社https://shanaiho.g...

2021.12.15

社内報のつくりかた

メディア型とSNS型。あなたの会社に合うコミュニケーションツールはどっち?

メディア型とSNS型。あなたの会社に合うコミュニケーショ...

「会社の経営理念やビジョンが現場の社員までなかなか浸透しない」「テレワークが増えてメンバー間のコミュニケーションが希薄になってきた」このような組織内のコミュニケーション不足を感じているなら、伝えたいタ...

2021.12.14

社内報のつくりかた

WEB社内報でユーザー情報の管理問題について考える

WEB社内報でユーザー情報の管理問題について考える

WEB社内報の運用を進めるにあたり、コンテンツ発信以外の思わぬところで躓いてしまうことがあります。その見落としがちなポイントの1つが、ユーザー情報の管理方法です。そこで今回は、コンテンツ発信に注力でき...

2021.12.13

社内報のつくりかた

WEB社内報の閲覧数ばかり気にしていないですか?

WEB社内報の閲覧数ばかり気にしていないですか?

紙と違いWEBは閲覧数を容易に把握できるため、ついそこばかりに目が行きがちです。広報担当者が、社員に「読んでもらうこと」(=閲覧数)を意識するのは決して間違いではありません。しかし、社内メディアが持つ...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-6210-1433

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

社内報お役立ちコラム

ページトップへ