メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

社内広報は、「社員ファースト」で考えよう。

社内広報は、「社員ファースト」で考えよう。

こんにちは、ディレクターのkojiです。

社内広報の担当者である皆さんの元には、さまざまな声や情報が飛んでくることでしょう。経営層の声、行き交う社員同士の会話、社外の情報を社内に還元する役割も担わなければなりません。

さて、これらの情報をどのようにまとめていきましょうか。社内広報では、「社員ファースト」で考えていくことにしましょう。

ここで言う「社員ファースト」とは、文字通り「社員」の知りたいことを「ファースト(第一優先)」して解決するということ。それでは、「社員」は何を知りたいのか?やはり、事実を知りたいのではないでしょうか。 

とにかく迅速に

何が起こったのか、その原因は何なのか、わかっている範囲での情報をできるだけ迅速に社員に伝えましょう。「すべてが解明してから行わないと、間違ったことを伝えてしてしまう恐れがあるのでは?」と考えるかもしれませんが、すべてが解明するのを待っていては、社員の不安・不満は募るばかり、士気も下がってしまいます。

適切に

情報開示が困難な場合には、適切な表現方法、社内報であれば、どのような企画が今、社員に必要なのか?を考えてみましょう。たとえば、コンプライアンスに関わる事件が起こった場合には、「管理体制やルールの見直し」「社会とよりよい関係を築くために」など、社会の一員としての企業の役割を再認識させる企画が必要かもしれません。

そして客観的に

事実に対して、正しいかor間違っているか、良いor悪い、美しいかor醜いかの<意見>を混ぜないように注意しましょう。それは置かれる状況や立場によって変わるものです。

一方、淡々と事実を追及するだけなら、社内広報など必要なくなってしまいます。ここが難しい部分ですが、さまざまな声を拾える社内広報の担当者の皆さんだからできること。それは、不安定な社内の情報を整理し、企業を、社員の気持ちを、立ち止まらせずに「少しでも前へと向かせるためにどうしたらよいか」を考えることではないでしょうか。

企業の問題が起こった時でも、社員は、不安を感じながらも働かなくてはならないのです。家族や関係者に対して、その説明をしなければならないのです。迅速で、適切で、客観的な情報開示の実行は、事実の収束と対外的な広報に追われて後まわしにされがちな社員に希望を与え、自分たちに今できることはなにか?を考えさせるきっかけを与えることでしょう。

SHARE

新着記事

2020.04.09

社内報のネタに困ったら?こんな方法で解決!

社内報のつくりかた

社内報のネタに困ったら?こんな方法で解決!

社内報のネタに困ったら?こんな方法で解決!

社内報担当者であれば「社内報がちゃんと読まれているか?」「社内報がコミュニケーション活性化に貢献しているか?」は、業界・業種に関係なく社内報担当者に共通している課題です。そして、「社員に読んでもらえる...

2020.02.28

表記統一リスト~社内報担当者が覚えておきたい用語ルール~

社内報のつくりかた

表記統一リスト~社内報担当者が覚えておきたい用語ルール~

表記統一リスト~社内報担当者が覚えておきたい用語ルール~

社内報制作時に文字の表記を、漢字にするかひらがなにするか、送り仮名をどう付けるのかなど悩むことがあります。その際に参考にしていただくために、社内報でよく使用する用語を抜粋した表記統一の推奨表記リストを...

2020.02.10

社内報でSDGsの実践に貢献しよう!

社内報のつくりかた

社内報でSDGsの実践に貢献しよう!

社内報でSDGsの実践に貢献しよう!

こんにちは!かわうそです。2020年、いよいよオリンピックイヤーがスタートしました。3月には福島県から全国へと聖火リレーのランナーが出発!夢の舞台の始まりを心待ちにしている人も多いと思います。東京20...

2019.12.27

社内報で今一度確認しておきたい「SNSのリテラシー」とは?

社内報のつくりかた

社内報で今一度確認しておきたい「SNSのリテラシー」とは?

社内報で今一度確認しておきたい「SNSのリテラシー」とは...

こんにちは!かわうそです。令和元年もそろそろ締めくくりの時期。年末恒例「今年の漢字」も発表され、社内報で「今年の自分を漢字1文字で表現するとしたら…?」といったアンケートを実施している会社もあると思い...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-6385-1151

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ