メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

社内報の誌面イメージは、「ビジュアル」から。

2015.02.09

社内報の誌面イメージは、「ビジュアル」から。

ライターのニッタです。
いきなりですが皆さんに質問です!誌面のデザインを決めるとき、どこからデザインを考えていますか。
「いつもデザイナーさんに丸ごとお任せして……」。それでは本当に伝えたいことが伝わりにくくなります。編集意図をふまえたレイアウトを作り、より効果的な誌面になるよう工夫してみましょう。

雑誌を見ると、写真やイラスト(以下ビジュアル)がわかりやすく配置されていますね。でも自分で社内報のページを作るとき、ビジュアルをうまく配置しているつもりでも、どこかとってつけたようなデザインだと感じてしまう……。

これはズバリ、「編集」ができているか否かの違いになります。 写真やイラストを配置するとき、つい見栄えのいいビジュアルを優先して使いがちです。しかし、これではきれいな誌面はできても伝わる誌面にはなりにくい。大事なのは誌面で何を訴えたいか。誌面のレイアウトの中でも起承転結を作ると、格段に伝わりやすくなるのです。

例えば、社長と新入社員の対談ページを見開きで作るとしましょう。
見開きとは、誌面を広げたときの左右両ページを一面とした呼び方です。レイアウトのコツは、見開きの中に落とし込むビジュアルやテキストと、読者の「目の動き」を合わせること。

右開き(ページを右に繰っていくこと)の誌面の場合、読者の視点は右ページの右上から始まり「N」の字をなぞるようにページの左下で終わります。そして左ページの右上に進み、同じく左下で終わります。

★読者の視点

150209A

 この視線の流れに対して、最初に適切なビジュアルを決めていきます。
仮に対談のタイトルが「社長が喝! 新入社員へ叱咤激励」だとしましょう。すると読者は「新入社員がどんな叱咤激励を受け、対談を通じてどのように変化するのか」というストーリーが気になるはずです。
最初は新入社員が緊張した面持ちで話を聴いている写真を配置し、次第に笑顔が見えるようになり、最後に両者が握手する……このような流れがイメージできますね。

その上で、最も誌面で伝えたいメッセージに近い写真を一番大きくレイアウトします。
「社長と新入社員の距離が近くなった」という結論を伝えたい場合は、握手の写真が一番大きくなるのが自然ですね。メイン写真と中写真、小写真がだいたい決まってきたら、あとはストーリーの流れ、希望するテキスト分量をデザイナーに伝えればいいのです。

そこから先はデザインのプロの領域。デザイナーは編集意図をより汲んでくれ、ワンランク上の誌面ができあがってくるのです。

 

 

SHARE

新着記事

2020.04.09

社内報のネタに困ったら?こんな方法で解決!

社内報のつくりかた

社内報のネタに困ったら?こんな方法で解決!

社内報のネタに困ったら?こんな方法で解決!

社内報担当者であれば「社内報がちゃんと読まれているか?」「社内報がコミュニケーション活性化に貢献しているか?」は、業界・業種に関係なく社内報担当者に共通している課題です。そして、「社員に読んでもらえる...

2020.02.28

表記統一リスト~社内報担当者が覚えておきたい用語ルール~

社内報のつくりかた

表記統一リスト~社内報担当者が覚えておきたい用語ルール~

表記統一リスト~社内報担当者が覚えておきたい用語ルール~

社内報制作時に文字の表記を、漢字にするかひらがなにするか、送り仮名をどう付けるのかなど悩むことがあります。その際に参考にしていただくために、社内報でよく使用する用語を抜粋した表記統一の推奨表記リストを...

2020.02.10

社内報でSDGsの実践に貢献しよう!

社内報のつくりかた

社内報でSDGsの実践に貢献しよう!

社内報でSDGsの実践に貢献しよう!

こんにちは!かわうそです。東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会は、スポーツの祭典としてだけでなく、社会・環境・経済の持続可能性にも配慮しながら準備が進められ、持続可能な開発目標(SDGs)...

2019.12.27

社内報で今一度確認しておきたい「SNSのリテラシー」とは?

社内報のつくりかた

社内報で今一度確認しておきたい「SNSのリテラシー」とは?

社内報で今一度確認しておきたい「SNSのリテラシー」とは...

こんにちは!かわうそです。令和元年もそろそろ締めくくりの時期。年末恒例「今年の漢字」も発表され、社内報で「今年の自分を漢字1文字で表現するとしたら…?」といったアンケートを実施している会社もあると思い...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-6210-1433

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ