メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

海外拠点やグローバル化を伝えるには?

2015.01.27

海外拠点やグローバル化を伝えるには?

こんにちは。ディレクターのFです。

「海外に拠点があるのですが、社内報ってどう考えれば良いですか?」
こんな質問をよく頂きます。

予算や発行形態など、タテにもヨコにも考えるべき軸がある社内報のグローバル化。内容も国内から海外まで網羅する必要があり、盛りだくさんになりがちです。

そんな時はズバリ「簡単情報棚卸し術」を使って考えてみましょう。

棚卸しのポイントは、いたってシンプル。
「誰に、何を、どの位、伝えなければいけないのか」

1:読み手はだれ?

拠点の社員は、ローカル採用の現地スタッフばかりなのか、それとも日本からの駐在員が多いのか、海外拠点を占める読み手とは、どんな人なのか。社内報を読むターゲットのプロフィールを整理しましょう。

2:伝えたい情報ってなに?

読み手の整理ができたら、読み手に伝えたい情報を考えてみましょう。現地のスタッフに伝えるべきこと、日本からの駐在員に伝えるべきこと、「読み手」のプロフィールが分かれば、何を伝えるべきなのか、見えてきます。

3:どのくらい、つたえるべき?

読み手に対して、伝えるべき情報が整理された後は、その情報をどの程度の分量で伝えるのかを考えましょう。特集を組んで、数ページにわたって伝える必要があるのか、ちょっとした一コマを使って伝えるべきなのか。
海外拠点のひとびとに対して、送り手のみなさんや経営陣が、社内報という媒体を通じて、「今」伝えるべきメッセージをどの程度理解してもらう必要があるのかを考えてみましょう。

 

自社の社内報をグローバル化する時に、簡単な棚卸し術ですが、結構ためになりますよ。ポイントを整理することで、紙媒体で発行すべきなのか、WEBで配信すべきなのか、どんな企画と分量で伝えるべきなのか、次のステップが見えてくるはずです。もちろん、ドメスティックな社内報でも基本は同じです。

「誰に、何を、どのくらい伝える必要があるのか」というシンプルシンキングをするだけで、社内報だけでなく、外部広報や販売促進など、コミュニケーション領域での仕事は格段にわかりやすく整理されますよ。

 

SHARE

全9種類

社内報作成に役立つ資料を 今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する
お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

全9種類

社内報作成に役立つ資料を
今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

新着記事

2019.06.12

今さら聞けない社内報の寄稿とは?どんなノウハウがある?

社内報のつくりかた

今さら聞けない社内報の寄稿とは?どんなノウハウがある?

今さら聞けない社内報の寄稿とは?どんなノウハウがある?

社内報は社内広報ツールの一つであり、会社の理念を伝えたり、働いている人々の思いを共有したりするのに有効な手段です。ただ、そのためには担当する人間だけが原稿を書いていたのでは十分ではなく、さまざまな視点...

2019.05.29

技術広報と社内報

社内報のつくりかた

技術広報と社内報

技術広報と社内報

こんにちは!かわうそです。新しい元号「令和」がスタートしました。社内文書や社内報でも年号の記述を変えたり、表記を統一したり・・・といった対応に追われた担当者も多いのではないでしょうか?さて、今回は「技...

2019.05.14

組織活性化のために!企業が実践できる取り組みとは?

職場活性化

組織活性化のために!企業が実践できる取り組みとは?

組織活性化のために!企業が実践できる取り組みとは?

会社組織の活性化は、どの企業にとっても大きな課題です。組織活性化に向けて取り組んでいる企業は、いま足りないのは一体どんなところかなのかと悩んでしまいますよね。ひとことで活性化といっても企業ごとに特徴が...

2019.04.25

動画配信で社内報の情報伝達力を高めよう!

社内報のつくりかた

動画配信で社内報の情報伝達力を高めよう!

動画配信で社内報の情報伝達力を高めよう!

こんにちは!かわうそです。平成から令和へ・・・新しい時代が始まろうとしています。社内報でもこの1年間、平成を振り返る企画や特集記事が増えたのではないでしょうか。平成30年間を振り返ってみると、紙や冊子...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-6385-1151

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ