メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

社内報が読まれない時は別冊に。特別編集のススメ

2020.11.12

2015.10.08

こんにちは! 早速ですが皆さん、社内報で本当はやってみたいけれど、ページ数の関係で載せきれないから…と諦めた企画はありませんか?

そのような時は、その企画を特別編集版として別冊で作成することを検討してみてはいかがでしょうか。企画内容によっては、別冊の1冊で大きな効果を生み出したり、読者に特別感を演出することができます。
(本誌より小さめに作ると付録っぽくなりますね!)

どのような別冊企画が考えられるか、3つほど例をご紹介しましょう。

★1 全社員が一覧で見られる!社員名鑑

会社にありがちな「顔と名前が一致しない」問題。
年に1回程度、全社員(または支店ごとなど)の顔と名前、内線番号や趣味・特技などが掲載されている別冊を作り、配布してみてはいかがでしょうか。春先に作れば、新入社員も大助かり!社内コミュニケーションに欠かせない一冊になるかもしれません。

★2 新年に必ず読んでほしい、年頭所感

新年最初の号の定番企画と言えば「年頭所感」。
ですが、幹部の方の言葉を紹介するにあたり、ある程度ページを割く必要があることもあり、本当は載せたい他の企画がボツになることもあるのではないでしょうか。別冊にすれば、特別感が高まり、読んでもらいやすくなるだけでなく、他の企画のページを増やすことができるため、一石二鳥と言えそうです。

★3 普段の社内報の雰囲気と逆の企画

皆さんの社内報は、社風によってある程度企画の幅が決まっているのではないかと思います。そこで、例えば普段本誌ではのトップからの情報発信が多い場合は、社員同士のコミュニケーションを図る企画を別冊に、というように、いつもとは異なる企画を別冊で制作してみませんか?ずっと同じ企画で作っているからと、リニューアルを尻込みされていた方も、別冊ならきっと試しやすいはず。発刊後にアンケートを取って、読者の反応を見てみましょう。

予算や目的、発行時期次第にはなってしまいますが、企画の幅が広がる別冊でぜひ皆さんの社内報の可能性を広げてみてください。

SHARE

新着記事

2021.02.19

社内報のつくりかた

トップメッセージは誰のため?伝え方のポイントとは

トップメッセージは誰のため?伝え方のポイントとは

4月号は新入社員特集を掲載する企業が多い私感です。さて、読みにくいとも、読まれている、とも言われるこのトップメッセージ。どこで差がつくのでしょうか? それは、「読みたい」と思う社員と「読みたくない」と...

2021.02.12

社内報のつくりかた

色校正とは?色校正を見るときに気を付けたい3つのポイント

色校正とは?色校正を見るときに気を付けたい3つのポイント

今回は社内報をつくる工程の中でも、社内報担当者の方の最後の確認になる色校正についてです。 みなさんは色校正のチェックの時に、どのように何をチェックされていますか? そもそも、なぜ色校正が必要なのかご存...

2021.02.03

社内報のつくりかた

社内報校正・校閲の鬼門 !「名前と数字」を確認するコツ

社内報校正・校閲の鬼門 !「名前と数字」を確認するコツ

校正・校閲で最も皆さんがミスするのは、商品や人の「名前」と業績やマーケットの「数字」です。これだけは、印刷物なら間違えると必ず刷り直しになります。この特に注意が必要な「名前」「数字」を校正・校閲作業時...

2021.01.28

社内報のつくりかた

【無料DLあり】社内報の企画・ネタ|コロナ禍でもできる春の「社員紹介」企画とは?

【無料DLあり】社内報の企画・ネタ|コロナ禍でもできる春...

春に発行する社内報の制作が進行し始める時期となりました。社内報の「春号」といえば、キラーコンテンツの集まり。たとえば、新年度のキックオフイベントや入社式のレポート、そして新入社員紹介。社内報担当者とし...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-6210-1433

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ