メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

冒頭のインパクト

2018.11.06

2015.05.29

「な、なんだこの暑さは!」

一歩外に出た途端、全身から汗が吹き出した。まだ5月だというのに、真夏のような日差しが降り注いでいる。ちっしーは思わず足が竦んだ。

……こんにちは!アシスタントディレクターのちっしーです。

人は初対面の相手と向き合ったとき、無意識に表情や口調を観察しながら、この人はどういう性格だろう?自分とどういう付き合い方をするのだろう?と第一印象を分析します。
同じように、文章にも、第一印象というものがあります。

長い文章の冒頭をちょっと読んだだけでも「おもしろそう」「退屈そう」など大まかな判断を下されてしまいます。せっかく書いた記事を最後まで読んでもらうためにも、書き出しにはなるべく注意を払いたいです。
いくつかパターンをみてみましょう。

<セリフ、つぶやき>

先ほどのようにいきなりセリフから始めると、書き手のリアルな存在感を出せます。それによって読み手との距離を縮め、打ち解けた雰囲気や臨場感を表現できます。
イベントレポートなど、動きのある記事に適しています。

<簡潔な一言>

『いける。その企画書を見て、私は直感した』
『共生。それが我々のテーマです』

鋭く言い切ることで、強い意志や信念を感じさせます。また、文章全体を貫くイメージが冒頭に置かれることで、長文でもぐっと読みやすくなります。
四文字熟語やことわざ、名言などを活用しても面白いですね。

<風景描写>

『青い空の下、広々としたグラウンドに、大勢の人々が集まりました。今日はここで…』

内容に直接関係ないような風景や状況の描写から始めることで、謎を解くようなわくわく感を与えます。なになに?何があったの?と、気になって続きを読んでもらえるかもしれません。

いかがでしたか?

『今日は…』『今回は…』など、いつも同じじゃつまらない!
テーマや内容に合った書き出しを探して、いろいろ楽しんでみましょう。

 

SHARE

新着記事

2021.02.19

社内報のつくりかた

トップメッセージは誰のため?伝え方のポイントとは

トップメッセージは誰のため?伝え方のポイントとは

4月号は新入社員特集を掲載する企業が多い私感です。さて、読みにくいとも、読まれている、とも言われるこのトップメッセージ。どこで差がつくのでしょうか? それは、「読みたい」と思う社員と「読みたくない」と...

2021.02.12

社内報のつくりかた

色校正とは?色校正を見るときに気を付けたい3つのポイント

色校正とは?色校正を見るときに気を付けたい3つのポイント

今回は社内報をつくる工程の中でも、社内報担当者の方の最後の確認になる色校正についてです。 みなさんは色校正のチェックの時に、どのように何をチェックされていますか? そもそも、なぜ色校正が必要なのかご存...

2021.02.03

社内報のつくりかた

社内報校正・校閲の鬼門 !「名前と数字」を確認するコツ

社内報校正・校閲の鬼門 !「名前と数字」を確認するコツ

校正・校閲で最も皆さんがミスするのは、商品や人の「名前」と業績やマーケットの「数字」です。これだけは、印刷物なら間違えると必ず刷り直しになります。この特に注意が必要な「名前」「数字」を校正・校閲作業時...

2021.01.28

社内報のつくりかた

【無料DLあり】社内報の企画・ネタ|コロナ禍でもできる春の「社員紹介」企画とは?

【無料DLあり】社内報の企画・ネタ|コロナ禍でもできる春...

春に発行する社内報の制作が進行し始める時期となりました。社内報の「春号」といえば、キラーコンテンツの集まり。たとえば、新年度のキックオフイベントや入社式のレポート、そして新入社員紹介。社内報担当者とし...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-6210-1433

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ