メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

デザイナー脳で指示するポイント

デザイナー脳で指示するポイント

みなさんの会社に、デザイナーはいらっしゃいますか?
デザイナーがいらっしゃる会社はそう多くはないと思います。

大半の企業では、印刷物やWebのデザインは外部に発注しています。デザインの打ち合わせに必要なのは、「デザイナー脳」。
独自の感性で作品の世界観を構成する職人であるデザイナーとのコミュニケーションです。

今回はデザイナーとのコミュニケーションに必要なポイントを紹介します! 

イメージを共有するサンプルを 

デザインの打ち合わせをする際に、最初に決めなくてはならないのは表紙やメインとなるビジュアルです。このような時に大切なのは、先に説明した通り、全体のコンセプトであり、何を表現したいのか、何をアピールしたいのか。

その決定事項を、デザイナーにわかるイメージで共有することです。

ここで大事なことが「デザイナー脳」です。

デザイナーとイメージの話をする時には、必ず見本となるようなサンプルを用意しましょう。
写真でもいいし、他の会社の印刷物やWebサイトでも構いません。スマホで画像検索してもいいでしょう。言葉で伝えるよりも具体的なビジュアルがあった方が、デザイナーと確実にイメージを共有することができます。

さらにデザインをする上で、キーとなるカラーについても、それまで使用していた印刷物やWebサイトを参考資料として渡すようにしましょう。
最近のデザインは白地を活かしたものが流行る傾向にありますので、どのようなキーカラーをアクセントとして入れていくのかによって、全体のトーンが決まってくるのです。

原稿の分量に注意する

そして重要なのは、原稿の分量です。
1ページ当たりの原稿の分量がどの位になるのかによって、デザイナーは文字の大きさや行間を決めます。これは、最も原稿量が多いページを参考にします。ですから、原稿の分量が確定していない状態で、デザインを開始すると、後で原稿が入らないページが出てくることもあるので、注意しましょう。

デザイン先行で進行する場合は、デザインに合わせて原稿の分量を調整することにします。その際には、原稿を依頼する部署やライターに文字数を指定して原稿執筆を発注しましょう。

このようにして、デザイナーが作業を進めていく段取りを先取りするような形で、イメージを共有し、キーカラーと原稿の分量を確定して文字の大きさや行間を決めていくと、デザインがスムーズに進行します。

デザインに関しては、素人だからといって、まるごと任せてしまう担当者が多いのですが、このようなポイントを押さえておけば、自然と完成イメージを思い浮かべながらデザイン発注ができる「デザイナー脳」が養われていくでしょう。

デザイナーとイメージを共有することができると、大きなズレも起こることなく、制作作業を進行することができますよ。

ぜひ、意識してみてくださいね!

SHARE

新着記事

2020.10.07

スッキリ解消!社内報の「校正」に関連する記事7選!

社内報のつくりかた

スッキリ解消!社内報の「校正」に関連する記事7選!

スッキリ解消!社内報の「校正」に関連する記事7選!

社内報原稿の社内確認や制作会社とのやりとりで、こんな経験をされたことはありませんか?修正指示を書き込んだが、間違って伝わってしまった。修正指示を見落とされてしまった。校正紙の指示だけでは分からないと制...

2020.09.30

社内報をリニューアルしたい時に読んでほしい記事5選

社内報のつくりかた

社内報をリニューアルしたい時に読んでほしい記事5選

社内報をリニューアルしたい時に読んでほしい記事5選

社内報の“リニューアル”といっても、新しい企画を立ち上げて反応を見るという比較的すぐに実行できる方法もありますし、表紙を含めてデザインや内容を大きく刷新する方法もあります。社内報をリニューアルする前に...

2020.04.09

社内報のネタに困ったら?こんな方法で解決!

社内報のつくりかた

社内報のネタに困ったら?こんな方法で解決!

社内報のネタに困ったら?こんな方法で解決!

社内報担当者であれば「社内報がちゃんと読まれているか?」「社内報がコミュニケーション活性化に貢献しているか?」は、業界・業種に関係なく社内報担当者に共通している課題です。そして、「社員に読んでもらえる...

2020.02.28

表記統一リスト~社内報担当者が覚えておきたい用語ルール~

社内報のつくりかた

表記統一リスト~社内報担当者が覚えておきたい用語ルール~

表記統一リスト~社内報担当者が覚えておきたい用語ルール~

社内報制作時に文字の表記を、漢字にするかひらがなにするか、送り仮名をどう付けるのかなど悩むことがあります。その際に参考にしていただくために、社内報でよく使用する用語を抜粋した表記統一の推奨表記リストを...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-6210-1433

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ