メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

企画の考え方 ~会議編~

2021.01.20

2016.06.17

こんにちは。shibaです。

我々の仕事の1つに、「企画を考えること」があります。多くがチームで考えなければならず、そのため“企画会議”という名のチームミーティングを重ねていきます。しかし、この“企画会議”、参加者が多くなればなるほど足並みが揃わず、挙句、「今日の会議って意味あったの?」と思った経験が、幾度となくあります。皆さんは、そんな経験ないですか?

そんな話を、出版社に勤務する友人としていた際、彼女の会社で実践している企画会議のルールを少し教えてもらったので、今回はそちらを紹介したいと思います。

■文書を用意する

企画会議に参加するあたって、各人が必ず企画を文書にまとめてくる。形式は、手書きでもパワーポイントでも何でも可。実際には、文書化する過程(書いたり消したりすること)が重要なのだそうで、この作業で頭の中が徐々に整理され、企画が個人レベルで練られていくのだそうです。ちなみに、会議を乗り切るためだけの付け焼刃的な企画(ジャストアイデアや全く練られていないもの)については、容赦ないそうです。

■否定しない

きちんと練られた企画については、さらに会議参加者で深掘り。ただし、大事なのは、決して否定をしないこと。「いや、それは…」「駄目(無理)だよ、そういうのは…」は、使わないそうで、「さらに、こういうのはどう?」「これ、もう少しこうしたら…」という建設的な意見が重要なのだそうです。

■決めること

これは企画会議に限らず、何の会議でも同じ。多くないですか、決めない会議。これでは、時間(コスト)の無駄になりかねません。必ず、「やるかやらないか」という結論を出す。仮に結論を先送りにするならば、「いつまでに再提出」「次回、最終決定」という期限を決める。何となくうやむやに終わるのはご法度だそうです。

せっかく、たくさんの人が集まる会議であれば、実りのあるものにしたいですよね。

SHARE

新着記事

2021.04.01

社内報のつくりかた

はじめて社内報担当者になったとき、やるべきことまとめ

はじめて社内報担当者になったとき、やるべきことまとめ

この春から、初めて社内報を担当することになった方もいらっしゃることでしょう。社内報担当者になったからには、まず次号の表紙を決める?それとも企画を考える? 正直何から手をつければよいのかわからない… で...

2021.03.11

社内報のつくりかた

社内報制作でデザイナーに依頼するときは具体的に!

社内報制作でデザイナーに依頼するときは具体的に!

こんにちは! 社内報デザインを外部のデザイナーさんにお願いしている企業も多いと思います。 そのときに、こんな悩みを抱えたことありませんか?「渡した資料どおりのレイアウトで、デザインに工夫が感じられない...

2021.02.19

社内報のつくりかた

トップメッセージは誰のため?伝え方のポイントとは

トップメッセージは誰のため?伝え方のポイントとは

4月号は新入社員特集を掲載する企業が多い私感です。さて、読みにくいとも、読まれている、とも言われるこのトップメッセージ。どこで差がつくのでしょうか? それは、「読みたい」と思う社員と「読みたくない」と...

2021.02.12

社内報のつくりかた

色校正とは?色校正を見るときに気を付けたい3つのポイント

色校正とは?色校正を見るときに気を付けたい3つのポイント

今回は社内報をつくる工程の中でも、社内報担当者の方の最後の確認になる色校正についてです。 みなさんは色校正のチェックの時に、どのように何をチェックされていますか? そもそも、なぜ色校正が必要なのかご存...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-6210-1433

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ