メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

紙端いっぱいまで印刷するために必要な『塗り足し』とは?

2019.11.27

2015.10.29

うさ田です、こんにちは。前回は『とんぼ』についてお話しましたが、今回は『塗り足し』についてお話したいと思います。

まずは前回のおさらい、トンボの種類「角トンボ」のご説明をさせていただきます。

角トンボとは?

通常の印刷では仕上がり(断裁)のアタリを示すもの以外に、断ち落としをするために3mm程度の塗り足し幅(ドブ)を示す二重線となっているものが多く使われます。二重線の内側を「内トンボ」、外側を「外トンボ」といいます(下図参照)。

 

02_

 さて、上記の中にも登場する『塗り足し』について。

皆さんの手元に届く印刷物で、紙端いっぱいまで印刷されている印刷物を見かけることがあると思います。ダイナミックで力強い印象を出したい時などにオススメの印刷手法となりますが、そのような印刷物は作成時に『3m程度の塗り足し』処理が行われています。

『塗り足し』処理がされていないと印刷物はどうなるのでしょうか?

仕上がりを示す「内トンボ」までにしか絵柄が入っていないと、断裁がズレて白色が抜けた形で印刷されてしまう危険性があります(下図参照)。これではせっかくの印刷が台なしです。

 

01

そういったことを避けるために、通常仕上がりを示す内トンボから3mm外側に絵柄を伸ばしてデータを作成します。仕上がりよりも大きくデータを作成することで断裁時に多少ズレてしまっても端まで印刷されているようになっているのです。

色校正紙など、「トンボ」が入った紙面を見る機会がありましたら、この『塗り足し』がきちんとされているか気にしてみてください。

 

 

SHARE

新着記事

2021.02.19

社内報のつくりかた

トップメッセージは誰のため?伝え方のポイントとは

トップメッセージは誰のため?伝え方のポイントとは

4月号は新入社員特集を掲載する企業が多い私感です。さて、読みにくいとも、読まれている、とも言われるこのトップメッセージ。どこで差がつくのでしょうか? それは、「読みたい」と思う社員と「読みたくない」と...

2021.02.12

社内報のつくりかた

色校正とは?色校正を見るときに気を付けたい3つのポイント

色校正とは?色校正を見るときに気を付けたい3つのポイント

今回は社内報をつくる工程の中でも、社内報担当者の方の最後の確認になる色校正についてです。 みなさんは色校正のチェックの時に、どのように何をチェックされていますか? そもそも、なぜ色校正が必要なのかご存...

2021.02.03

社内報のつくりかた

社内報校正・校閲の鬼門 !「名前と数字」を確認するコツ

社内報校正・校閲の鬼門 !「名前と数字」を確認するコツ

校正・校閲で最も皆さんがミスするのは、商品や人の「名前」と業績やマーケットの「数字」です。これだけは、印刷物なら間違えると必ず刷り直しになります。この特に注意が必要な「名前」「数字」を校正・校閲作業時...

2021.01.28

社内報のつくりかた

【無料DLあり】社内報の企画・ネタ|コロナ禍でもできる春の「社員紹介」企画とは?

【無料DLあり】社内報の企画・ネタ|コロナ禍でもできる春...

春に発行する社内報の制作が進行し始める時期となりました。社内報の「春号」といえば、キラーコンテンツの集まり。たとえば、新年度のキックオフイベントや入社式のレポート、そして新入社員紹介。社内報担当者とし...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-6210-1433

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ