メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

カラーテクニックで、読者を「休ませる」。

2018.11.05

2015.11.09

こんにちは、ディレクターのマーサです。
社内報には担当者が想像する以上に、いろいろな情報が集まってくることもあると思います。原稿が集まらない閑古鳥状態よりは嬉しい悲鳴となりますが、すべてを紙面に盛り込もうとすると「アレも」「コレも」と総花的になってしまい、結局何を伝えたいのかが分かりにくくなります。

そのような時に考えてほしいことが、読者を「休ませる」ということ。今回はカラー編です。皆さんは、さまざまな要素を目立たせようと紙面でカラーを使い過ぎてはいませんか?ページ内の色数を押さえることで効果的な役割を果たします。

下のデザイン案は茶系とグリーン系に色数を絞った一例です。

 c335e561d44a5d82e0b1cbc789cfce35

 

 次に、アンケートなどでグラフを使う場合の一例をご紹介します。
アンケートでは、数多くのグラフを扱う時に「すべてを色分けしてしまうと、どうもゴチャゴチャして見にくくなってしまう」というお悩みを聞きます。しっかりグラフ内容を認識させることが第一ですが、多くのカラーを使うと紙面のまとまり感がなくなり、逆に同じ色を使うとグラフ間で何か共通点があるのでは?と不要な意味を含ませてしまうこともあります。 そのような時も、色数を絞って掲載してみることをオススメします。

 

■Before

 

 

522c25817b8ae1aaf7d2df8b2ba934e5

 

■After

 

e4fa53e100f3400029882601bbdef5ff

 

 さらに、人間の心理として認識しやすいカラーパターンというものがあります。たとえば、下の2つの図。中心に置いてある四角形は、左右どちらの方がハッキリ見えるでしょうか。

5621deba8a18b839c7a4321764bb05e81

右側の方がハッキリ見えるかと思いますが、これはまわりを囲む色との関係で見え方に違いが現われます。認識しやすいカラーパターンは、紙面での優先順位をつけるために役立ちます。

読者を「休ませる」カラーテクニックで、レイアウトを効果的に活用していきましょう。

 

 

SHARE

新着記事

2021.02.19

社内報のつくりかた

トップメッセージは誰のため?伝え方のポイントとは

トップメッセージは誰のため?伝え方のポイントとは

4月号は新入社員特集を掲載する企業が多い私感です。さて、読みにくいとも、読まれている、とも言われるこのトップメッセージ。どこで差がつくのでしょうか? それは、「読みたい」と思う社員と「読みたくない」と...

2021.02.12

社内報のつくりかた

色校正とは?色校正を見るときに気を付けたい3つのポイント

色校正とは?色校正を見るときに気を付けたい3つのポイント

今回は社内報をつくる工程の中でも、社内報担当者の方の最後の確認になる色校正についてです。 みなさんは色校正のチェックの時に、どのように何をチェックされていますか? そもそも、なぜ色校正が必要なのかご存...

2021.02.03

社内報のつくりかた

社内報校正・校閲の鬼門 !「名前と数字」を確認するコツ

社内報校正・校閲の鬼門 !「名前と数字」を確認するコツ

校正・校閲で最も皆さんがミスするのは、商品や人の「名前」と業績やマーケットの「数字」です。これだけは、印刷物なら間違えると必ず刷り直しになります。この特に注意が必要な「名前」「数字」を校正・校閲作業時...

2021.01.28

社内報のつくりかた

【無料DLあり】社内報の企画・ネタ|コロナ禍でもできる春の「社員紹介」企画とは?

【無料DLあり】社内報の企画・ネタ|コロナ禍でもできる春...

春に発行する社内報の制作が進行し始める時期となりました。社内報の「春号」といえば、キラーコンテンツの集まり。たとえば、新年度のキックオフイベントや入社式のレポート、そして新入社員紹介。社内報担当者とし...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-6210-1433

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ