メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

取材時に、一番聞きたい質問をするタイミングとは

取材時に、一番聞きたい質問をするタイミングとは

こんにちは。shibaです。
昔、一緒に仕事していたライターさんと、少し前に食事をした時の話です。

「本当に聞きたい質問って、いつすると思う?」

“取材”が話のテーマになった際、そのライターさんから出た質問です。

みなさんは、いかがでしょうか。取材冒頭ですか(これは、あまりないですかね)。それでは、中盤から終盤にかけてでしょうか。

仮に、中盤から終盤だったとして、その時の話のテーマと聞きたいテーマとの間にギャップがあった場合、どうすれば良いでしょうか。これはこれで、悩みますよね。

そのライターさん曰く、「本当に聞きたい質問は、『はい、取材はこれで終わりです。今日は、どうもありがとうございました』と、一旦取材を締めた(フリをした)上でする」のだそうです。

「取材される側というのは、どうしても構えてしまう。特に、それが初めての方なんて、ICレコーダーが目の前で回っている非日常の風景で、どうしても緊張してしまうんだよね。だから、ICレコーダーを止めて、一旦取材が終わったフリをして、片付け始める。すると、取材対象者の緊張が途端にほぐれてね。いい感じにいろんなことを喋ってくれるんだよ。意外と、言えないことまで話してくれたりね(笑)」とのこと。

彼はそのために、ICレコーダーを常に2個、回しているそうです。

取材する側として、限りある時間の中で聞かねばならないことは、できるだけ早く聞いて片付けたいと思いますよね。でも、そこはどっしりと構え、戦略的に臨むことが本質に迫るために必要なのかもしれません。

SHARE

全9種類

社内報作成に役立つ資料を 今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する
お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

全9種類

社内報作成に役立つ資料を
今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

新着記事

2019.06.12

今さら聞けない社内報の寄稿とは?どんなノウハウがある?

社内報のつくりかた

今さら聞けない社内報の寄稿とは?どんなノウハウがある?

今さら聞けない社内報の寄稿とは?どんなノウハウがある?

社内報は社内広報ツールの一つであり、会社の理念を伝えたり、働いている人々の思いを共有したりするのに有効な手段です。ただ、そのためには担当する人間だけが原稿を書いていたのでは十分ではなく、さまざまな視点...

2019.05.29

技術広報と社内報

社内報のつくりかた

技術広報と社内報

技術広報と社内報

こんにちは!かわうそです。新しい元号「令和」がスタートしました。社内文書や社内報でも年号の記述を変えたり、表記を統一したり・・・といった対応に追われた担当者も多いのではないでしょうか?さて、今回は「技...

2019.05.14

組織活性化のために!企業が実践できる取り組みとは?

職場活性化

組織活性化のために!企業が実践できる取り組みとは?

組織活性化のために!企業が実践できる取り組みとは?

会社組織の活性化は、どの企業にとっても大きな課題です。組織活性化に向けて取り組んでいる企業は、いま足りないのは一体どんなところかなのかと悩んでしまいますよね。ひとことで活性化といっても企業ごとに特徴が...

2019.04.25

動画配信で社内報の情報伝達力を高めよう!

社内報のつくりかた

動画配信で社内報の情報伝達力を高めよう!

動画配信で社内報の情報伝達力を高めよう!

こんにちは!かわうそです。平成から令和へ・・・新しい時代が始まろうとしています。社内報でもこの1年間、平成を振り返る企画や特集記事が増えたのではないでしょうか。平成30年間を振り返ってみると、紙や冊子...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-6385-1151

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ