メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

「色」を知る

2018.11.05

2015.04.01

ディレクターのマサオです。

社内報を印刷物で発行されている担当者様は必見!「印刷知識」をテーマとして毎度色々とネタをご紹介しております。第7回目は「色」です。

色には光のように色を混ぜていくと白になる「光の三原色」と、絵の具のように色を混ぜていくと黒になる「色料の三原色」があります。

光の三原色

光の三原色とは、R(レッド)、G(グリーン)、B(ブルー)の三色のことで、パソコンやテレビ画面ではこの三原色を使用して様々な色を表現しています。
※画面をよく見てみると、RGBの三色が見えてきますよ!
学生の時にライトなどでも試したことがあるかもしれませんが、混ぜれば混ぜるほど白に近づいていきます。

 

 

403a31fbeb20a78b22afc654d53b6da0

  

色料の三原色

色料の三原色とは、C(シアン)、M(マゼンタ)、Y(イエロー)の三色のことで、印刷機に使用するインキやカラープリンターに使用するトナーやインクではこの三原色を使用しています。
※混ぜれば混ぜるほど黒色に近づいていきますが、実際は完全な黒色にはならないため、印刷機やプリンターでは必ずK(ブラック)を追加したC・M・Y・Kの4色で印刷されています。

 

 

c668fc7b6e3423d20db85bbbdd072956

RGBとCMYKの再現領域

RGBとCMYKでは色を再現できる領域が異なります。

RGBの方がCMYKよりも再現できる領域がとても広く、RGBで再現可能であっても、CMYKでは再現ができない色があります。
そのため、RGBで作成されたデータを印刷するとCMYKにて置き換えられるため、全体的にくすんだ色味に仕上がってしまうのです。

 

いかがでしたでしょうか?
段々マニアックな方向になりつつありますが、紙で社内報を発行されている方にはとても重要なことだと思います。

社内報を制作される上では、人物や風景の写真は必須となってきます。基本的に写真はRGBデータが多いため、印刷をする際にCMYKに変換され、印刷物に仕上がった際には写真がくすんでしまっている!といったことがあるため、心配な方は制作会社の方に画像の補正や調整をしていただくように依頼してみてはいかがでしょうか?

今後も印刷知識について記事を更新していきたいと思います。
乞うご期待!

 

 

SHARE

新着記事

2021.04.01

社内報のつくりかた

はじめて社内報担当者になったとき、やるべきことまとめ

はじめて社内報担当者になったとき、やるべきことまとめ

この春から、初めて社内報を担当することになった方もいらっしゃることでしょう。社内報担当者になったからには、まず次号の表紙を決める?それとも企画を考える? 正直何から手をつければよいのかわからない… で...

2021.03.11

社内報のつくりかた

社内報制作でデザイナーに依頼するときは具体的に!

社内報制作でデザイナーに依頼するときは具体的に!

こんにちは! 社内報デザインを外部のデザイナーさんにお願いしている企業も多いと思います。 そのときに、こんな悩みを抱えたことありませんか?「渡した資料どおりのレイアウトで、デザインに工夫が感じられない...

2021.02.19

社内報のつくりかた

トップメッセージは誰のため?伝え方のポイントとは

トップメッセージは誰のため?伝え方のポイントとは

4月号は新入社員特集を掲載する企業が多い私感です。さて、読みにくいとも、読まれている、とも言われるこのトップメッセージ。どこで差がつくのでしょうか? それは、「読みたい」と思う社員と「読みたくない」と...

2021.02.12

社内報のつくりかた

色校正とは?色校正を見るときに気を付けたい3つのポイント

色校正とは?色校正を見るときに気を付けたい3つのポイント

今回は社内報をつくる工程の中でも、社内報担当者の方の最後の確認になる色校正についてです。 みなさんは色校正のチェックの時に、どのように何をチェックされていますか? そもそも、なぜ色校正が必要なのかご存...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-6210-1433

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ