メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

太字・イタリック文字を変更する時の校正記号

2018.11.05

2015.11.19

こんにちは。ディレクターのタカエです。
「校正記号の時間」では、社内報の校正時に役立つ、校正記号の種類と使い方をご紹介しています。
(バックナンバーはこちら

今回ご紹介する記号は、文字を「太字」や「イタリック」にしたり、普通の文字に戻したりする時に使用します。

まずは、「普通の文字」⇔「イタリック」に変更する際の記号です。

 

795316b92fc766b0181f6fef074f03fa

 

普通の文字をイタリックにする時は、該当箇所に下線を引くだけ!
単純な記号ではありますが、意味なく校正紙に下線を引いてしまうと、イタリックに変更する指示と勘違いされてしまうことがあるかもしれません。気を付けましょう。
イタリックを普通の文字に直すときには、箱のような形の記号で指示を出します。(箱で文字を正すイメージ)

それでは、「普通の文字」⇔「太字(ボールド)」に変更する時はどうでしょうか。

 

2b530e80c7d0de90885e285c5d798063

 

普通の文字をボールドにする時は、該当箇所に波線を引きます。
イタリック同様、修正指示でない波線を校正紙に書き込むことは避けましょう!(たまに拝見します)
ボールドを普通の文字に直す場合は、なぜか正式な校正記号が存在しません…。該当箇所を丸で囲むなどして引き出し線を引き、普通の文字に戻す、などの指示を書き込みましょう。

次回は、アルファベットの大文字・小文字を変更する校正記号をお届けします。一緒に少しずつ覚えていきましょう!

SHARE

新着記事

2021.04.30

社内報のつくりかた

【無料DLあり】社内報の企画・ネタ|夏号に使える企画12選

【無料DLあり】社内報の企画・ネタ|夏号に使える企画12...

春号の社内報制作も終わり、ひと段落といったところでしょうか。社内報の春号企画は、会社の大きなイベントと連動していることが多いかと思います。たとえば、新年度のキックオフレポート、入社式レポート、新入社員...

2021.04.01

社内報のつくりかた

はじめて社内報担当者になったとき、やるべきことまとめ

はじめて社内報担当者になったとき、やるべきことまとめ

この春から、初めて社内報を担当することになった方もいらっしゃることでしょう。社内報担当者になったからには、まず次号の表紙を決める?それとも企画を考える? 正直何から手をつければよいのかわからない… で...

2021.03.11

社内報のつくりかた

社内報制作でデザイナーに依頼するときは具体的に!

社内報制作でデザイナーに依頼するときは具体的に!

こんにちは! 社内報デザインを外部のデザイナーさんにお願いしている企業も多いと思います。 そのときに、こんな悩みを抱えたことありませんか?「渡した資料どおりのレイアウトで、デザインに工夫が感じられない...

2021.02.19

社内報のつくりかた

トップメッセージは誰のため?伝え方のポイントとは

トップメッセージは誰のため?伝え方のポイントとは

4月号は新入社員特集を掲載する企業が多い私感です。さて、読みにくいとも、読まれている、とも言われるこのトップメッセージ。どこで差がつくのでしょうか? それは、「読みたい」と思う社員と「読みたくない」と...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-6210-1433

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

社内報お役立ちコラム

ページトップへ