メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

箇条書きをまとめるコツ!

2016.02.19

箇条書きをまとめるコツ!

日差しが心なしか穏やかになり、次の季節へ移り替わっていくのが肌で感じられます。
大海原を行く豪華客船の旅人は、舳先に立ってこの先進む方角を眺めるか、あるいは船尾側で今まで進んできた方角を眺めるか、どちらかに分かれるそうです。
新たにくる春を心待ちにするか、過ぎ去っていく冬を懐かしむか、あなたはどっち派?

こんにちは、花粉にやられてちょっと思考がおセンチになっているADちっしーです。

今日のテーマは、箇条書きをうまくまとめるコツ。
どういうことかと申しますと、例えば、こんな文章があるとします。

『今日はいい天気だった。お昼ご飯は公園で食べた。公園では子供たちが走り回っていた。云々…』

『~た。』の繰り返し。つまり、情報の箇条書きです。メモみたいなもの。

たまに海外文学の翻訳版で、こういった文体が延々続くものがありますが、あれを読み続けるストレスはかなりのもの。たいていは途中であきらめてしまいます。どれだけ内容が興味深いテーマでも、単調なパターンが続くと、人間やっぱり飽きてしまうのです。

『た。た。た…』な文章を脱却するために必要なコツを、3つご紹介。

コツその1:『~た。』以外もバランスよく使う

『今日はいい天気だった。お昼ご飯は公園で食べることにする。公園では子供たちが走り回っていた』

真ん中にひとつ、『する。』という感情のこもった語を置くだけで、トントントン、とリズムができます。

コツその2:この間に何があったか?を考える

『今日はいい天気だったので、自然と足が公園に向かった。お昼ご飯は公園で食べることにする。公園では子供たちが走り回っていた』

例えば、『今日はいい天気』と『お昼ご飯は公園』の間に、どんな心の動きがあったのか。思い返して、間をつなぐ接着剤にしましょう。
なんでそこへ行ったの?を説明してみるだけで、ぐっと厚くなります。

コツその3:音、色、動きをプラス

『今日はいい天気だったので、自然と足が公園に向かった。お昼ご飯は公園で食べることにする。公園では子供たちが走り回り、楽しげな声を上げていた』

なんかもう素敵な一場面です。冒頭の箇条書きが嘘のよう。
実際ひとは会話をするとき、相手が話す内容よりも、顔色、声音、動きに印象を強く受けるのだそうです。文章を書くときにも、こういった五感を感じさせる言葉を入れてみると、読者への印象付けに繋がるのです。

 

とっても簡単だけど、効果抜群のこの3つのコツ。
箇条書きにしてしまいがちな方は、ぜひ、意識してみてくださいね。

 

SHARE

新着記事

2020.11.18

社内報の企画・ネタ|2021年「新年号の企画、どうする?」

社内報のつくりかた

社内報の企画・ネタ|2021年「新年号の企画、どうする?」

社内報の企画・ネタ|2021年「新年号の企画、どうする?...

社内報の新年号といえば、「年頭所感」や「新年の抱負」。恒例で載せなければならない企画が多い一方で、毎年同じ見せ方になってしまって頭を悩ませている社内報担当者も多いのではないでしょうか。一方で、今年は新...

2020.10.07

スッキリ解消!社内報の「校正」に関連する記事7選!

社内報のつくりかた

スッキリ解消!社内報の「校正」に関連する記事7選!

スッキリ解消!社内報の「校正」に関連する記事7選!

社内報原稿の社内確認や制作会社とのやりとりで、こんな経験をされたことはありませんか?修正指示を書き込んだが、間違って伝わってしまった。修正指示を見落とされてしまった。校正紙の指示だけでは分からないと制...

2020.09.30

社内報をリニューアルしたい時に読んでほしい記事5選

社内報のつくりかた

社内報をリニューアルしたい時に読んでほしい記事5選

社内報をリニューアルしたい時に読んでほしい記事5選

社内報の“リニューアル”といっても、新しい企画を立ち上げて反応を見るという比較的すぐに実行できる方法もありますし、表紙を含めてデザインや内容を大きく刷新する方法もあります。社内報をリニューアルする前に...

2020.04.09

社内報のネタに困ったら?こんな方法で解決!

社内報のつくりかた

社内報のネタに困ったら?こんな方法で解決!

社内報のネタに困ったら?こんな方法で解決!

社内報担当者であれば「社内報がちゃんと読まれているか?」「社内報がコミュニケーション活性化に貢献しているか?」は、業界・業種に関係なく社内報担当者に共通している課題です。そして、「社員に読んでもらえる...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-6210-1433

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ