メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

社内報の企画・ネタ|社内報で、サプライズ!?

2020.11.16

2016.03.07

ディレクターのkojiです。

企業のさまざまな制作物のご提案機会をいただくのですが、その中で、提案内容に煮詰まった時や迷った時に自分に問う言葉があります。

 それが、「喜び、発見、感動」という言葉。

実はコレ、ある企業の経営理念にもなっているのですが、人の気持ちを動かす力を持った熱い言葉だなと思い、制作物を作る上で忘れないように心に留めています。

「喜んでもらう」ために、「驚いてもらう」ために、「感動を与える」ために。

相手より何倍も相手のことを思い、期待を上まわるためにどうしたらよいかを考えることは大変であると同時にハッピーな作業です。私たちのご提案は、お誕生日に何をプレゼントしようか?喜んでくれるかしら?とドキドキワクワクする作業と似ています。

さて、社内報の企画に置き換えてみましょう。

「社内報で、サプライズ!?」どんなコトができるでしょう。

■いつも、ありがとう。

「ご家族へあてた手紙を書いてもらい、それを社内報に掲載する」という小さなコーナーを設けている企業さまがありました。支えてくださっている妻への感謝の言葉、これからの息子の成長を応援する言葉など、普段なかなか口にできないことを社内報に掲載し、自宅に帰って、サッと妻や息子に冊子を手渡していただきます。気づかずに読んでいたら、なんと自分への手紙が載っている!「えーーーっ!?(驚)」
なんとも感動の一瞬だと思いませんか?

また、ある企業の社内報では、記事の余白部分に社長から社員個人へのメッセージを小さく載せています。1号につき5~6名で、もちろん社員は誰宛のメッセージが載っているか読むまでわかりません。
自分の名前はあるかな・・・?と少しだけワクワク、ドキドキしながら読んでもらえる遊び心のあるこんな工夫もいいですね。

■お疲れさまでした。

定年退職を迎える方へのサプライズとして、入社当時の写真や、職場のまわりの方からの温かいコメントを掲載します。ご本人は社内報に掲載されていることを知りません。「えーーーっ!?(驚)」渡されてビックリ。その1冊は、その方にとってきっと一生の宝物になるに違いありません。

■おめでとう。

定年退職の企画に少し近いですが、お誕生日や出産・結婚などのページへ、まわりの方からのお祝いコメントを掲載するというのもステキな企画になりそうです。

 

誰かが、自分のために何かを考えてくれたこと、それが嬉しいものです。
その嬉しい表情を見て、サプライズする側にもきっと喜びが訪れて、連鎖していく、まさに“コミュニケーションの活性化”といえるのではないでしょうか。

さぁ、ステキなサプライズを、社内報で!

 

SHARE

新着記事

2021.04.01

社内報のつくりかた

はじめて社内報担当者になったとき、やるべきことまとめ

はじめて社内報担当者になったとき、やるべきことまとめ

この春から、初めて社内報を担当することになった方もいらっしゃることでしょう。社内報担当者になったからには、まず次号の表紙を決める?それとも企画を考える? 正直何から手をつければよいのかわからない… で...

2021.03.11

社内報のつくりかた

社内報制作でデザイナーに依頼するときは具体的に!

社内報制作でデザイナーに依頼するときは具体的に!

こんにちは! 社内報デザインを外部のデザイナーさんにお願いしている企業も多いと思います。 そのときに、こんな悩みを抱えたことありませんか?「渡した資料どおりのレイアウトで、デザインに工夫が感じられない...

2021.02.19

社内報のつくりかた

トップメッセージは誰のため?伝え方のポイントとは

トップメッセージは誰のため?伝え方のポイントとは

4月号は新入社員特集を掲載する企業が多い私感です。さて、読みにくいとも、読まれている、とも言われるこのトップメッセージ。どこで差がつくのでしょうか? それは、「読みたい」と思う社員と「読みたくない」と...

2021.02.12

社内報のつくりかた

色校正とは?色校正を見るときに気を付けたい3つのポイント

色校正とは?色校正を見るときに気を付けたい3つのポイント

今回は社内報をつくる工程の中でも、社内報担当者の方の最後の確認になる色校正についてです。 みなさんは色校正のチェックの時に、どのように何をチェックされていますか? そもそも、なぜ色校正が必要なのかご存...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-6210-1433

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ