メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

社内報撮影の後、画像をトリミングするときの3ステップ

2020.11.10

2016.01.05

こんにちは、ディレクターのnemoです。
今回もみなさんに知って使えるカメラ知識をお届けしたいと思いますので、何卒よろしくお願いいたします。

と言うことで早速。
いつもは撮影時の注意点などをメインに色々と豆知識をご紹介してまいりましたが、今回は撮影後に知っておきたい補正処理の基礎知識をご紹介させていただきます。
基礎知識と言っても様々ですが、今回はすぐに使える画像の「トリミング」にクローズアップしていきたいと思います。

まずはじめに「トリミング」って言葉の意味、みなさんはご存知ですか?
良く聞く言葉ではあるけど、なんとなく知ってる…と言う方も多いのではないでしょうか?

実に簡単な作業ではあるのですが、トリミングとは撮影した画像データの一部分だけを切り抜き、新たな構図の写真を作る作業のことを言います。
簡単にできることではあるのですが、その作業がもたらす仕上がりへの影響は大きく、きちんとした知識を持っていないと、せっかくの写真が台無しになることもあるので、要注意です。

そんなポイントも踏まえ、分かりやすく3ステップにまとめてご紹介いたします。

■ステップ1>トリミング前に撮影データを確認

画像のトリミングは余分な部分を削除したり、強調したい部分にクローズアップしたりする場合にとても有効的な作業となります。
簡単にできる分、本来は残した方が良い思われる要素までを誤って省いてしまったり、意図の伝わりにくい写真になってしまったり…と、トリミングを行うことが的確な選択肢なのか、それらを見極めて作業することも必要になります。

画像のトリミングを行うと写真の構図が変わり、その印象も大きく変わります。
撮影後に撮ったデータを確認してみると、もっと被写体を大きく目立たせたい…と思ってしまうものですが、単にトリミングをして目立たせることが必ずしも良いと言えるものではなく、その写真を見る側に対し、どう受け取ってもらいたいか、また何を伝えたいか、その際に不要な情報が入りすぎてないか、など掲載する媒体のコンセプトなども含め振り返り、冷静に判断してから行うことが大切にもなってきます。

撮影の際の意図をどう活かすか、まずは考えてみましょう。

■ステップ2>元の撮影データから構図を作り直す

元の画像とはまったく異なる構図、また雰囲気を生みだすためにトリミングを行う場合が多々あります。

例えば、画面上に写り込んでいる不要なものを省き、主体となる被写体をよりクローズアップしたいときに活用したりします。この作業はカメラや被写体なしで、すでにある画像を使って、撮影時と同じように構図作りを行うことを意味しています。

具体的な方法としては、画像をプリントアウトし、縦横に画像を囲むように紙などを置きます。
紙が隠している部分が省く場所で、隠れていない部分が残す部分です。
カメラで言えば、ファインダーの外と内を示すわけです。
紙を自由に動かしながら、ベストな構図を探っていき、構図が決まったら、画像編集ソフトを使い、元の画像を切り抜いてトリミングします。
トリミングを行えば、元の画像とはまったく違った写真に変えることが可能となります。
縦位置の写真から横位置に、またはその逆など、大胆に構図を変えてみることもその写真の良さを引き出すためのきっかけにもなります。 パノラマ写真のように横に細長く区切ってみるのもいいでしょう。
区切ることで、新たに見える効果を想定することも大事になります。

■ステップ3>先入観をなくして写真の持つ要素を活かす

必要以上に余白を作ってしまったり、意図しないものが写り込んでしまった写真を撮影してしまった場合にトリミングで画像を整えることが必要になります。
この場合、省きたい箇所が明確なので、トリミングをするにあたっても構図に迷うことはあまりないかと思います。

ただし、トリミング後に残る画像がカットされた部分に影響されないよう、配慮して行うことが重要となり、トリミングを終えた後、元画像と比較して、処理後の方が見映えよく仕上がっていることを確認することが必須になります。 トリミングだけに限りませんが、撮影後に画像補正を行うときには、その効果がなくては意味がありません。
効果があるとは、見映えがよくなるのはもちろんのこと、写真が持つ意味やその意図が見る側に対し、しっかり伝えられるものになるかというものになります。
こうした効果が出ているか、見極めながら一連の作業を行うよう、心がけてみましょう!

<画像のトリミング例>
before

before_

after

after_

写真を撮るも、その後の補正処理を行うも、結局は見る側に「何を伝えたい」か、という点が明確になっていなければいけない、というのが最重要なポイントとなりますので、トリミングを行うにあたっても、ただただ画像を切り抜くだけの作業にならないように気をつけてみてください!

ではでは、良い写真が残せるよう、次回もお楽しみに。 

SHARE

新着記事

2021.04.01

社内報のつくりかた

はじめて社内報担当者になったとき、やるべきことまとめ

はじめて社内報担当者になったとき、やるべきことまとめ

この春から、初めて社内報を担当することになった方もいらっしゃることでしょう。社内報担当者になったからには、まず次号の表紙を決める?それとも企画を考える? 正直何から手をつければよいのかわからない… で...

2021.03.11

社内報のつくりかた

社内報制作でデザイナーに依頼するときは具体的に!

社内報制作でデザイナーに依頼するときは具体的に!

こんにちは! 社内報デザインを外部のデザイナーさんにお願いしている企業も多いと思います。 そのときに、こんな悩みを抱えたことありませんか?「渡した資料どおりのレイアウトで、デザインに工夫が感じられない...

2021.02.19

社内報のつくりかた

トップメッセージは誰のため?伝え方のポイントとは

トップメッセージは誰のため?伝え方のポイントとは

4月号は新入社員特集を掲載する企業が多い私感です。さて、読みにくいとも、読まれている、とも言われるこのトップメッセージ。どこで差がつくのでしょうか? それは、「読みたい」と思う社員と「読みたくない」と...

2021.02.12

社内報のつくりかた

色校正とは?色校正を見るときに気を付けたい3つのポイント

色校正とは?色校正を見るときに気を付けたい3つのポイント

今回は社内報をつくる工程の中でも、社内報担当者の方の最後の確認になる色校正についてです。 みなさんは色校正のチェックの時に、どのように何をチェックされていますか? そもそも、なぜ色校正が必要なのかご存...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-6210-1433

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ