メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

表紙と本文の「用紙」を変えてみる。

2016.07.14

表紙と本文の「用紙」を変えてみる。

こんにちは。うさ田です。
社内報担当者さまから、「社内報を読んでもらうためにはどうしたらよいでしょう?」というご相談をいただくことが多いのですが、まずは表紙をめくってもらうことから始まりますよね。

以前、冊子に特別感を出すために「箔押し」という加工をご紹介しましたが、今回はもう少し簡単に違いを出す方法として、表紙と本文の用紙を変えてみることをご紹介します。

例えば、表紙に「ファンシー系」の用紙を使用してみる。

ファンシー系の用紙は普通のコート紙やマットコート紙より風合いがあります。表紙に風合いのある用紙を使用するだけで普段とは違った雰囲気をだすことができ、「なんだろう?この雰囲気は。なんだろう、この手触りは?!」と、読者の“視覚”や“触覚”に訴える仕掛けとなります。

例えば、表紙に使う用紙を「本文より厚く」してみる。

社内報などであまり厚い用紙を使用することはないかと思いますが、表紙に使う用紙を本文より厚くするだけでしっかりとした冊子になります。そこにPP加工や、箔押しなどのスポット的な加工、銀刷りなど特色印刷を加えると、さらに読者の興味を引くことができるのではないかと思います。

多くの冊子やカタログは、表紙と本文の用紙を同じ用紙を使用して作成していますが、ファンシー系の用紙を使用する。用紙の厚さを変える。加工を加える。など、まずは社内報の顔となる、表紙の用紙を変えてみることから始めてみてはいかがでしょうか。

SHARE

新着記事

2020.04.09

社内報のネタに困ったら?こんな方法で解決!

社内報のつくりかた

社内報のネタに困ったら?こんな方法で解決!

社内報のネタに困ったら?こんな方法で解決!

社内報担当者であれば「社内報がちゃんと読まれているか?」「社内報がコミュニケーション活性化に貢献しているか?」は、業界・業種に関係なく社内報担当者に共通している課題です。そして、「社員に読んでもらえる...

2020.02.28

表記統一リスト~社内報担当者が覚えておきたい用語ルール~

社内報のつくりかた

表記統一リスト~社内報担当者が覚えておきたい用語ルール~

表記統一リスト~社内報担当者が覚えておきたい用語ルール~

社内報制作時に文字の表記を、漢字にするかひらがなにするか、送り仮名をどう付けるのかなど悩むことがあります。その際に参考にしていただくために、社内報でよく使用する用語を抜粋した表記統一の推奨表記リストを...

2020.02.10

社内報でSDGsの実践に貢献しよう!

社内報のつくりかた

社内報でSDGsの実践に貢献しよう!

社内報でSDGsの実践に貢献しよう!

こんにちは!かわうそです。2020年、いよいよオリンピックイヤーがスタートしました。3月には福島県から全国へと聖火リレーのランナーが出発!夢の舞台の始まりを心待ちにしている人も多いと思います。東京20...

2019.12.27

社内報で今一度確認しておきたい「SNSのリテラシー」とは?

社内報のつくりかた

社内報で今一度確認しておきたい「SNSのリテラシー」とは?

社内報で今一度確認しておきたい「SNSのリテラシー」とは...

こんにちは!かわうそです。令和元年もそろそろ締めくくりの時期。年末恒例「今年の漢字」も発表され、社内報で「今年の自分を漢字1文字で表現するとしたら…?」といったアンケートを実施している会社もあると思い...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-6385-1151

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ