メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

業務負荷を軽減する、スケジュール管理テクニック

業務負荷を軽減する、スケジュール管理テクニック

こんにちは。ディレクターのkojiです。

最近の社内報制作進行は、順調に進んでいますか?

「企画ページで社員の皆さんに寄稿をお願いしたのですが、原稿依頼が思うように進まなかった」、「外部のデザイナーに任せているのだけど、欲しいタイミングでデザインがあがってこなかった」など、スケジュール面で思うようにいかないと、お悩みの方も多いようです。

ページ数の多い、また寄稿などで原稿依頼する人数の多い社内報制作においては、“スケジュール管理を制するものが社内報づくりを制する”と言っても過言ではないほど、スケジュール管理は非常に重要な業務となります。

実際、今回の制作でスケジュール通りに思うように進まなかった方、それはなぜでしょうか。無理なスケジュール感だったのでしょうか?よく耳にしますのが、「原稿がそろったページからデザイナーに原稿を渡していたのだけど、そのデザインに時間がかかって…せっかく早く原稿送ったのになぁ」といった感想。

デザイナー側からしますと、ページ全体のイメージがわかないまま、部分的に原稿が届く、これ、デザイナー泣かせな依頼のようです。
もし、デザイナーと円滑なやりとりを進行したい場合、2つのポイントがあります。

①原稿はコーナーごとにまとめて入稿しましょう
②入稿タイミングを共有しましょう

1つめは原稿の入稿方法について。

例えば、「トピックスの原稿のうち、揃ったものから入稿します」と五月雨式に送るのではなく、「今回のトピックスページでは、8つのネタを均等に掲載したいと思っています。すべての原稿が揃ったので、デザインを開始してください」と、コーナー単位で原稿をまとめて入稿してあげるとよいでしょう。
そうすることで、デザイナーはページ全体を確認しながら、素材を調理しますので、結果、質の高いデザインに仕上がることにつながります。

2つめは入稿タイミングについて。

原稿の入稿が、当初のタイミングからズレてしまうこと、よくあります。
そのような時は、デザイナーにひと言「このページの入稿は、1日ずれて○月○日になりそうなので、提出も1日ずらして○月○日にアップしてもらえますか?」と先にスケジュールを確保しておきましょう。

デザイナーはいろいろな案件を同時に抱えていることが多いので、業務がどのタイミングで入ってくるのか事前に知っておくことで、「このページは、○月○日に入稿されると言っていたから、その日は予定を空けておこう」、と調整が可能になり、結果、早いタイミングで提出が可能になったりします。

SHARE

全9種類

社内報作成に役立つ資料を 今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する
お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

全9種類

社内報作成に役立つ資料を
今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

新着記事

2019.06.26

これからの時代のグローバル社内報

社内報のつくりかた

これからの時代のグローバル社内報

これからの時代のグローバル社内報

こんにちは!かわうそです。今回のテーマは「グローバル社内報」です。全社的に発行している社内報だけでなく海外支店向けに独自に社内報を制作している企業も多いのではないでしょうか?さまざまな国籍の社員が働く...

2019.06.12

今さら聞けない社内報の寄稿とは?どんなノウハウがある?

社内報のつくりかた

今さら聞けない社内報の寄稿とは?どんなノウハウがある?

今さら聞けない社内報の寄稿とは?どんなノウハウがある?

社内報は社内広報ツールの一つであり、会社の理念を伝えたり、働いている人々の思いを共有したりするのに有効な手段です。ただ、そのためには担当する人間だけが原稿を書いていたのでは十分ではなく、さまざまな視点...

2019.05.29

技術広報と社内報

社内報のつくりかた

技術広報と社内報

技術広報と社内報

こんにちは!かわうそです。新しい元号「令和」がスタートしました。社内文書や社内報でも年号の記述を変えたり、表記を統一したり・・・といった対応に追われた担当者も多いのではないでしょうか?さて、今回は「技...

2019.05.14

組織活性化のために!企業が実践できる取り組みとは?

職場活性化

組織活性化のために!企業が実践できる取り組みとは?

組織活性化のために!企業が実践できる取り組みとは?

会社組織の活性化は、どの企業にとっても大きな課題です。組織活性化に向けて取り組んでいる企業は、いま足りないのは一体どんなところかなのかと悩んでしまいますよね。ひとことで活性化といっても企業ごとに特徴が...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-6385-1151

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ