メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

間違えやすい漢字!変換にご注意!

2016.06.23

間違えやすい漢字!変換にご注意!

こんにちは、iisatoです。
今回は、間違えやすい漢字についてお話しします。

文章を書いたり読んだりしていると、日本語は同音異義語がありすぎてまぎらわしい…とつくづく思います。文章を書いていて、「こういう意味のときはどっちの漢字を使うんだっけ…?」という状況に陥ったことは誰しもありますよね。また、なにげなく使っていたけど、実は間違った漢字を使っていた!なんてことも…。

そこで今回は、私が社内報の校正をしていてよく見かける間違えやすい漢字変換の例をいくつかご紹介いたします。

●「追求」と「追及」

「追求」➤ 追いかけ求めること。 使用例:「サービスの向上を追求する」
「追及」➤ 責任などを追い責めること。 使用例:「責任を追及する」

普段、目にする機会が多いのはどちらかと言えば「追及」の方ではないかと思います。そのためかどうしても「追求」を使うべき場面でも、うっかり「追及」を選びがちですよね。

●「回答」と「解答」

「回答」➤ 質問や要求に対する返事。 使用例:「アンケートに回答する」
「解答」➤ 問題を解いて答えを出すこと。またはその答え。 使用例:「クイズの解答発表」

こちらも気を付けていないとうっかり間違えてしまう漢字です。
「解答」は、問題があって、それを解くという流れがあった上で使われる言葉なんですね。それに対し、「回答」は答えると同義ですね。

●「超える」と「越える」

「超える」➤ 限界を過ぎてそれ以上になる。 使用例:「予算を超える」
「越える」➤ 物の上を過ぎていく。その時を経過する。 使用例:「閑散期を越える」

どちらも社内報にたびたび登場する言葉ですね。
「越える」は期間や距離など決まった長さのものを過ぎるイメージでしょうか。「超える」はある基準や限度を上回るという意味です。

●「制作」と「製作」

「制作」➤ 定めつくること。芸術的なものをつくること。 使用例:「社内報の制作」
「製作」➤ 実用的なものをつくること。 使用例:「機械の製作」

今回ご紹介した中では、一番区別が難しいなぁと思いました。ですが、社内報作りは「制作」ですね!そのことを改めて認識し、社内報作りも芸術の一部なんだなぁと少し嬉しくなったのでした!

この他にもまだまだたくさんありますが、今回は社内報で頻出の言葉を選んでみました。

日本語って本当に難しい!

でも、それぞれの言葉のニュアンスの違いを楽しんで使い分けることができたら、きっともっと文章を書くこと、読むことが好きになるだろうな~とも思いました。
それが日本語の醍醐味なんですね、きっと!

SHARE

全9種類

社内報作成に役立つ資料を 今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する
お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

全9種類

社内報作成に役立つ資料を
今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

新着記事

2019.06.12

今さら聞けない社内報の寄稿とは?どんなノウハウがある?

社内報のつくりかた

今さら聞けない社内報の寄稿とは?どんなノウハウがある?

今さら聞けない社内報の寄稿とは?どんなノウハウがある?

社内報は社内広報ツールの一つであり、会社の理念を伝えたり、働いている人々の思いを共有したりするのに有効な手段です。ただ、そのためには担当する人間だけが原稿を書いていたのでは十分ではなく、さまざまな視点...

2019.05.29

技術広報と社内報

社内報のつくりかた

技術広報と社内報

技術広報と社内報

こんにちは!かわうそです。新しい元号「令和」がスタートしました。社内文書や社内報でも年号の記述を変えたり、表記を統一したり・・・といった対応に追われた担当者も多いのではないでしょうか?さて、今回は「技...

2019.05.14

組織活性化のために!企業が実践できる取り組みとは?

職場活性化

組織活性化のために!企業が実践できる取り組みとは?

組織活性化のために!企業が実践できる取り組みとは?

会社組織の活性化は、どの企業にとっても大きな課題です。組織活性化に向けて取り組んでいる企業は、いま足りないのは一体どんなところかなのかと悩んでしまいますよね。ひとことで活性化といっても企業ごとに特徴が...

2019.04.25

動画配信で社内報の情報伝達力を高めよう!

社内報のつくりかた

動画配信で社内報の情報伝達力を高めよう!

動画配信で社内報の情報伝達力を高めよう!

こんにちは!かわうそです。平成から令和へ・・・新しい時代が始まろうとしています。社内報でもこの1年間、平成を振り返る企画や特集記事が増えたのではないでしょうか。平成30年間を振り返ってみると、紙や冊子...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-6385-1151

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ