メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

「6月」を題材にした社内報企画

2018.11.06

2016.06.20

こんにちは、ディレクターのkojiです。

さて、社内報制作で、企画に困るのが夏号といわれます。
今回は「6月」を題材にしたコミュニケーション企画をご紹介します。

「お父さん、いつもありがとう。」

160620b

こちらは毎月社内報を発行している企業さまの6月号「父の日企画」にいかがでしょう。
社員の紹介コーナーに、ご家族からのメッセージを掲載します。これは、ある企業さまで実際に行っている企画なのですが、普段の仕事の顔とは異なるオフの意外な素顔を見ることができるとあって、社員の間で大変好評だそうです。さらに、本人も家族が自分のことをどんな風に思ってくれているのかを知れて、家族のためにまた頑張ろう!と奮起するのだとか。

父の日企画だけでなく、他の社員への感謝を伝える伝言板企画としても面白そうですね。普段なかなか言葉にできない想いを伝えるコーナーとして、社員の皆さんに提供してみてはいかがでしょう。

雨の日を吹き飛ばせ。社員の私服コレクション

160620c

6月と言えば衣替えが行われる季節ですが、普段制服で勤務する企業さまに私服コレクションの企画はいかがでしょう。
こちらも、ある企業さまで実際に行っている企画ですが、普段の仕事の顔とは異なるオフの意外な素顔を見ることができるとあって、非常に好評なのだそうです。身につけている小物などへのこだわりからも、その人の性格が伝わってきそうですね。

ファッションネタは、制服の着こなしポイントやオフィスでの服装◯×集、みんなで取り組むクールビズスタイル集など色々な展開を考えることができますよ。

以上、「6月」を題材にした企画のネタでした。1ページ企画が足りなくなってしまった時などに、試してみてはいかがでしょうか。

SHARE

新着記事

2021.02.19

社内報のつくりかた

トップメッセージは誰のため?伝え方のポイントとは

トップメッセージは誰のため?伝え方のポイントとは

4月号は新入社員特集を掲載する企業が多い私感です。さて、読みにくいとも、読まれている、とも言われるこのトップメッセージ。どこで差がつくのでしょうか? それは、「読みたい」と思う社員と「読みたくない」と...

2021.02.12

社内報のつくりかた

色校正とは?色校正を見るときに気を付けたい3つのポイント

色校正とは?色校正を見るときに気を付けたい3つのポイント

今回は社内報をつくる工程の中でも、社内報担当者の方の最後の確認になる色校正についてです。 みなさんは色校正のチェックの時に、どのように何をチェックされていますか? そもそも、なぜ色校正が必要なのかご存...

2021.02.03

社内報のつくりかた

社内報校正・校閲の鬼門 !「名前と数字」を確認するコツ

社内報校正・校閲の鬼門 !「名前と数字」を確認するコツ

校正・校閲で最も皆さんがミスするのは、商品や人の「名前」と業績やマーケットの「数字」です。これだけは、印刷物なら間違えると必ず刷り直しになります。この特に注意が必要な「名前」「数字」を校正・校閲作業時...

2021.01.28

社内報のつくりかた

【無料DLあり】社内報の企画・ネタ|コロナ禍でもできる春の「社員紹介」企画とは?

【無料DLあり】社内報の企画・ネタ|コロナ禍でもできる春...

春に発行する社内報の制作が進行し始める時期となりました。社内報の「春号」といえば、キラーコンテンツの集まり。たとえば、新年度のキックオフイベントや入社式のレポート、そして新入社員紹介。社内報担当者とし...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-6210-1433

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ