メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

エクセル原稿フォーマット活用のススメ

エクセル原稿フォーマット活用のススメ

こんにちは、nocoです。

みなさんは社内報の原稿依頼をするとき、どのような形で依頼をしていますか?

「600W程度でお願いします」という依頼で、ワード文書でもらっていることが多いのではないでしょうか?
ワードは使い慣れていて書きやすいし文字数カウントもでき、その後デザイナーや制作会社に入稿する際もそのまま渡せるので、最も一般的と言えます。

ただ、私はエクセルでフォーマットを作ることをおすすめします。
ワードは、記入者が文字数を気にせずに書いてしまうと簡単にオーバーしてしまいます。

エクセルは「データの入力規則」の設定で、入力した文字数が多かったり少なかったりすると、エラーメッセージが出るようにできるため、送ってもらった原稿の文字数が多くて再度書き直してもらったり、社内報担当者が苦労して文章を修正したりする手間が省けます。

また、私の感覚値ですが、普段エクセルを使用する際は数字データ系の業務が多いからか、ワードと比べるとギュッと簡潔なコメントになる傾向があるように思います。
(もちろん文字数の制限があるからではありますが…)

 

f3ec8e42497870fbf3fddda2d86a490c

 

実際に私が社内報で使用しているフォーマットの一例をご紹介します。

No.32_sheetsample

 

フォーマットのQ1~4の記入欄には、それぞれ指定している文字数の制限がかけてあります。 

書いてもらった原稿をほぼそのまま記事に使用する場合は、記事を構成する本文ブロックと連動する形で記入欄を設ければOK。上記の例では、ある程度編集部側でテキストを編集する想定なので文字数の幅を広くしてありますが、そのまま掲載する場合はもう少し狭くするとよいでしょう。

また、編集部側で文章を書く場合も、例のように、ある程度盛り込みたい内容で項目を分けて質問を設定すると後でラクです。Q1から順にポイントとなる内容を抜き出していき、全項目をつなげて整えればイチから文章を起こすより短時間で作れますので、取材代わりのヒアリングシートとしても使えます。

編集作業をできるだけ効率的に進めて時間的な余裕を作ることで、その分、企画やディテールにこだわることができます。
原稿のやりとりや修正に苦労している方は、ぜひ試してみて下さい。

SHARE

全9種類

社内報作成に役立つ資料を 今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する
お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

全9種類

社内報作成に役立つ資料を
今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

新着記事

2019.06.12

今さら聞けない社内報の寄稿とは?どんなノウハウがある?

社内報のつくりかた

今さら聞けない社内報の寄稿とは?どんなノウハウがある?

今さら聞けない社内報の寄稿とは?どんなノウハウがある?

社内報は社内広報ツールの一つであり、会社の理念を伝えたり、働いている人々の思いを共有したりするのに有効な手段です。ただ、そのためには担当する人間だけが原稿を書いていたのでは十分ではなく、さまざまな視点...

2019.05.29

技術広報と社内報

社内報のつくりかた

技術広報と社内報

技術広報と社内報

こんにちは!かわうそです。新しい元号「令和」がスタートしました。社内文書や社内報でも年号の記述を変えたり、表記を統一したり・・・といった対応に追われた担当者も多いのではないでしょうか?さて、今回は「技...

2019.05.14

組織活性化のために!企業が実践できる取り組みとは?

職場活性化

組織活性化のために!企業が実践できる取り組みとは?

組織活性化のために!企業が実践できる取り組みとは?

会社組織の活性化は、どの企業にとっても大きな課題です。組織活性化に向けて取り組んでいる企業は、いま足りないのは一体どんなところかなのかと悩んでしまいますよね。ひとことで活性化といっても企業ごとに特徴が...

2019.04.25

動画配信で社内報の情報伝達力を高めよう!

社内報のつくりかた

動画配信で社内報の情報伝達力を高めよう!

動画配信で社内報の情報伝達力を高めよう!

こんにちは!かわうそです。平成から令和へ・・・新しい時代が始まろうとしています。社内報でもこの1年間、平成を振り返る企画や特集記事が増えたのではないでしょうか。平成30年間を振り返ってみると、紙や冊子...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-6385-1151

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ