メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

社内報にも、キャッチコピーを。

社内報にも、キャッチコピーを。

ディレクターのkojiです。

さて今回は、「キャッチコピー」について。
キャッチコピーとは、企業、商品、作品などのイメージをターゲットに強く印象づけることを目的としてつけられます。その出来映えによって企業イメージや商品の売り行きが左右されます。

例えば、企業についている有名なキャッチコピーをいくつか挙げてみましょう。

●「そうだ、京都に行こう」(JR東海)
―このCMを見ると、無性に京都に行きたくなります。

●「あなたとコンビニ」(ファミリーマート)
―「あなたとコンビニ、ファミリ~マート♪」までを一息で口ずさんでしまいます。

●“あったらいいな”をカタチにする(小林製薬)
―新製品のCMを見ると、好奇心で試してみたくなりませんか?

●「no music no life」(タワーレコード)
―musicの部分を変えて、友人へ送るメールや手紙に使ったことあります。

●「お、ねだん以上。」(ニトリ)
―お得な商品があるのだろうな~と期待感を煽られます。

●まだ、ここにない出会い(リクルート)
―「まだ」「これから」といった未来に託す言葉って、なんだかワクワクしませんか? 

などなど、見ただけ、聞いただけで企業や商品を想像できるキャッチコピーは大成功ですよね。

社内報でもこのキャッチコピー手法を取り入れて、ファンを増やしていくことができるのではないかと思います。
入れる場所は、表紙のタイトルまわり。キャッチコピーを考える場合、まずは次の3つがポイントです。

社内報の発行目的に合っているか?

社内報で実現したいことはどのようなことなのか?「誰に」「何を」「どのように」伝えたい冊子なのか?を考えてみましょう。
キャッチコピーをつけると同時に、社内報担当者が社内報の発行目的を再認識することにも役立ちそうですね。

短い言葉で

文章は長く書くことよりも短くまとめる方が難しいものです。その中に伝えたい情報をギュっと詰め込まなければならないからです。
1000本ノックではないですが、とりあえず短い言葉(10文字前後)で、思いつくことを否定せずに、数多く紙に書き出してみましょう。

キレイにまとめない

30分で分かる、他では知れないといったベネフィット表現、まるで経済紙!?といった比喩表現、ファイト一発!(これはリポビタンDのキャッチコピーですが)といった感情表現など、なにか引っかかりを残す言葉を考えてみましょう。

言葉が誰かに響くことって、ステキなことですよね。さぁ、社内報に心を動かすキャッチコピーをつけてみませんか?

 

SHARE

新着記事

2020.10.07

スッキリ解消!社内報の「校正」に関連する記事7選!

社内報のつくりかた

スッキリ解消!社内報の「校正」に関連する記事7選!

スッキリ解消!社内報の「校正」に関連する記事7選!

社内報原稿の社内確認や制作会社とのやりとりで、こんな経験をされたことはありませんか?修正指示を書き込んだが、間違って伝わってしまった。修正指示を見落とされてしまった。校正紙の指示だけでは分からないと制...

2020.09.30

社内報をリニューアルしたい時に読んでほしい記事5選

社内報のつくりかた

社内報をリニューアルしたい時に読んでほしい記事5選

社内報をリニューアルしたい時に読んでほしい記事5選

社内報の“リニューアル”といっても、新しい企画を立ち上げて反応を見るという比較的すぐに実行できる方法もありますし、表紙を含めてデザインや内容を大きく刷新する方法もあります。社内報をリニューアルする前に...

2020.04.09

社内報のネタに困ったら?こんな方法で解決!

社内報のつくりかた

社内報のネタに困ったら?こんな方法で解決!

社内報のネタに困ったら?こんな方法で解決!

社内報担当者であれば「社内報がちゃんと読まれているか?」「社内報がコミュニケーション活性化に貢献しているか?」は、業界・業種に関係なく社内報担当者に共通している課題です。そして、「社員に読んでもらえる...

2020.02.28

表記統一リスト~社内報担当者が覚えておきたい用語ルール~

社内報のつくりかた

表記統一リスト~社内報担当者が覚えておきたい用語ルール~

表記統一リスト~社内報担当者が覚えておきたい用語ルール~

社内報制作時に文字の表記を、漢字にするかひらがなにするか、送り仮名をどう付けるのかなど悩むことがあります。その際に参考にしていただくために、社内報でよく使用する用語を抜粋した表記統一の推奨表記リストを...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-6210-1433

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ