メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

わたしは誰? 文章における“立ち位置”の話

2018.11.06

2016.01.22

こんにちは!アシスタントディレクターのちっしーです。

今回は、文章表現における“立ち位置”について考えてみたいと思います。

さっそく例文から。

「我々は、社員どうしのコミュニケーションツールとして社内報を発行された。」

例えば、上記のような場合。
最初は『我々』から話が出発しているのに、最後は『社内報』の視点になっていますね?
自分がいったい誰なのか、どこからこの事象を見ているのか、定まっていません。

そんなの基本だろ、わきまえてるよ!
と思っていても、例えば長い文章を夢中になって書いていると、うっかり自分の立場を違えてしまうことがあるのです。
また、さきほどの例では登場人物が「我々」と「社内報」の2つでしたが、これが増えていくと、一層混乱しやすくなります。

「我々は、社員どうしのコミュニケーションツールとして社内報を発行するよう社長が提案し、それを実行した。」

ん?ん?と、戸惑ってしまいませんか?
視点があっちへ行ったりこっちへ来たり、せわしない。
複雑な登場人物の間を上手に立ち回るために重要なことは、確固とした「主人公」を1人、しっかりと決めておくことです。

主人公が『我々』の場合:
「社員どうしのコミュニケーションツールとして社内報を発行するよう社長が提案したことを受け、我々はそれを実行した。」

この場合は、『受け』という言葉がひとつ入ることによって、前半部分を一気に『我々』のものにしています。
説明の言葉を足すことで、それぞれの位置を整理整頓できました。

主人公が『社内報』の場合:
「社長の提案により、社員同士のコミュニケーションツールとして、社内報が生まれた。」

あっ、『我々』がいなくなってしまいました。
時にはこんなふうに、登場人物を減らすことも手です。ちょっと切ないですが…

複雑な話を書くときは、ぜひ揺るぎない主人公を設定してあげましょう。
ヒーローの活躍で、すっきりまとまること間違いなしですよ!

 

 

SHARE

新着記事

2021.09.06

社内報のつくりかた

【WEB社内報】コメント機能のメリットとデメリット

【WEB社内報】コメント機能のメリットとデメリット

コロナ禍の影響で様々なモノやコトがニューノーマルへと変化しました。特にリモートワークの普及により、同僚と顔を合わせる機会が大幅に減少した方も多いのではないでしょうか。そんな中、リモート環境下でも社内コ...

2021.09.06

社内報のつくりかた

【WEB社内報】サムネイルデザインの基本

【WEB社内報】サムネイルデザインの基本

WEB社内報を作成しているなかで、記事のサムネイルデザインがなかなか仕上がらず、悩まれている担当者の方も多いのではないでしょうか。従業員の目に留まるようなサムネイルデザインの作成は難しく、アクセス数が...

2021.09.06

社内報のつくりかた

コンテンツで困らないために!WEB社内報の編集体制のつくりかた

コンテンツで困らないために!WEB社内報の編集体制のつく...

紙からWEBへ、社内報をリニューアルしたい!そんな思いも持たれている広報責任者様、ご担当者様は非常に多いのではないでしょうか。紙からWEBへ移行するメリットとしては、・デザイン制作、印刷、配送の工数が...

2021.09.06

社内報のつくりかた

【WEB社内報】読まれる記事を作るにはタイトルを工夫すべし

【WEB社内報】読まれる記事を作るにはタイトルを工夫すべ...

企業が発行する社内報はもともと紙媒体が主流でしたが、最近はオンライン上で閲覧できる「WEB社内報」を導入する企業も増えています。しかし、紙で配布される社内報とは異なり、WEB社内報を読むには社員が自ら...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-6210-1433

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

社内報お役立ちコラム

ページトップへ