メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

企画のタネは、いつも読者の「不の解消」にある!

2018.11.06

2016.01.20

こんにちは、nocoです。

社内報担当者の方のお悩みで定番なのが、「企画のマンネリ化」かと思います。
この気持ち、私もよ~くわかります。雑誌の編集者になって、少し慣れた頃(2年目とかでしょうか)この壁にぶつかりました。
でも、ちょっとしたコツをつかむと、このお悩みは見事に消えてなくなります。むしろ、作ってみたい企画が次々と浮かんでくるようになります。

この考え方のポイントを、今回はご紹介したいと思います。

それは……

読者の「不」の解消を常に考える

ということです。

実は、全くのゼロから創造するようなことは、記事制作の場面ではほとんどなく、「読者にこの情報を伝えたい」「こんなお悩みを解決したい」など、目的があって作ることが多いはずです。
特に、情報を発信する媒体の場合は、読者の「不」を解消することが多いと思います。

具体的には、記事を読めば「わからないことがわかる」「不安が解消される」「マイナスな感情がプラスに変わる」などです。
この「不」をどうやって解消するのか、を企画にしていくのです。

そのために大切なのは、やはり「現場のリアルな声」です。
読者が今、どんなことに困っていて、何が知りたいのか。どんな表現をすれば響くのか、逆に不快に思うこと、など、読み手の「今」をきちんと捉えていること。
アイデアの斬新さよりも、ここが肝なのです。

社内報読者である社員のみなさんが、今、知りたいことは何ですか?
不安に思っていること、困っていることは?
これを深掘りしていけば、必ず企画は生まれます。

ぜひ一度、まわりの社員の方たちにヒアリングしてみて下さい。
きっとヒントがたくさん見つかりますよ!

SHARE

新着記事

2022.01.05

社内報のつくりかた

無料でお役立ちフォーマットがDL!「社内報のきほん by glassy株式会社」

無料でお役立ちフォーマットがDL!「社内報のきほん by...

当サイト社内報のお役立ちコラムを運営するglassy株式会社が新しく社内報担当者向けのお役立ちサイトをオープン致しました。社内報のきほん by glassy株式会社https://shanaiho.g...

2021.12.15

社内報のつくりかた

メディア型とSNS型。あなたの会社に合うコミュニケーションツールはどっち?

メディア型とSNS型。あなたの会社に合うコミュニケーショ...

「会社の経営理念やビジョンが現場の社員までなかなか浸透しない」「テレワークが増えてメンバー間のコミュニケーションが希薄になってきた」このような組織内のコミュニケーション不足を感じているなら、伝えたいタ...

2021.12.14

社内報のつくりかた

WEB社内報でユーザー情報の管理問題について考える

WEB社内報でユーザー情報の管理問題について考える

WEB社内報の運用を進めるにあたり、コンテンツ発信以外の思わぬところで躓いてしまうことがあります。その見落としがちなポイントの1つが、ユーザー情報の管理方法です。そこで今回は、コンテンツ発信に注力でき...

2021.12.13

社内報のつくりかた

WEB社内報の閲覧数ばかり気にしていないですか?

WEB社内報の閲覧数ばかり気にしていないですか?

紙と違いWEBは閲覧数を容易に把握できるため、ついそこばかりに目が行きがちです。広報担当者が、社員に「読んでもらうこと」(=閲覧数)を意識するのは決して間違いではありません。しかし、社内メディアが持つ...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-6210-1433

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

社内報お役立ちコラム

ページトップへ