メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

社内報の写真撮影のためにカメラに慣れよう(あなたはニコン派?キャノン派?)

2020.11.13

2016.05.24

今回はカメラに興味を持たれた方によく聞かれる質問・・・

「ニコン派ですか?キャノン派ですか?」について、それぞれの特徴や良さをちょっとだけ掘り下げて、その違いをご紹介したいと思います。

ニコンやキャノン以外にも、性能の良いカメラを作っているメーカーは多々ありますが、今回は一眼レフと言ったら、というところで、この二大メーカーについて取り上げさせていただきます。

まず、ご紹介させていただく私nemoは、カメラを始めて間もなくして、ずっと「キャノン」ユーザーでございます。 普段から人物の撮影をすることが割合多いのですが、なぜキャノン?と言われても、実は特に大きな決め手はなく、個人的には性能もさることながら、手に持つボディー(カメラ機本体)のフィット感がちょうどいい、というのが一つの理由かもしれないかな?と漠然と思い描くところでございます。

っと、そんな理由は、これから本格的にカメラを使おうと迷われている方には、あまりいい参考にはならないかもですね。

ではでは、カメラを始めようとする方にもより良く参考にしていただけるよう、改めて各社の特徴と違いをご紹介しましょう!

<ニコンとキャノンの特徴を比較>

その1>写し出される色が違う

 一般的に「キャノンは白が強く、ニコンは黒が強い」と言われています。

具体的な違いで言うと、キャノンについては、人の肌の質感表現に優れ、その肌のきめ細やかな描写はニコン機で再現することはなかなか難しいほど、とも言われています。白飛びしにくいことも合わせて挙げられますが、逆に黒の表現が塗り絵のように潰れて写るという面もあったりします。

その点、ニコンは黒に強いというところで、例えばですが、キャノンでは表現しにくい、人の髪の毛の描写力が高いなどと言う点が特徴として挙げられます。黒に強いというところで、夜景撮影に強いからニコン派!という方も中にはいらっしゃったりしますね。

その他、キャノンは赤の表現にも長けているので、人物撮影に適している、またニコンについては、自然な色合いを引き出してくれるので嘘っぽくない写真になるなどの意見もあったりします。

その2>オートフォーカスの性能の強みが違う

オートフォーカスとはカメラが自動で被写体に対し焦点を合わせてくれる機能のことを言いますが、この機能での強みの違いとは?というところで、キャノンに関しては、その焦点を合わせるスピードがニコンに比べ、早いという強みがあります。

分かりやすい説明で言うと、シャッターを半押してから「ピピッ」とピントを合わせてくれるまでのあの時間の長さが短いと言うことです。

コンパクトデジタルカメラなどでの撮影の場合、特にピントを合わせるまでの時間が長く、動くものを撮影する際には、すぐにぶれて写ってしまうなどの問題点があったりすると思うのですが、キャノン機はニコン機に比べ、その点が優れているというのが一般的な意見としても挙げられます。
その証拠に動く被写体を撮り続けるスポーツカメラマンの殆どがキャノン機ユーザーということも知る人だけが知る事実だったりもします。

じゃ、逆にニコン機のオートフォーカスの強みはと言うと、ピントのズレが少ないその正確さが特徴として挙げられます。
キャノンはピントを合わせるスピードは早いのですが、しっかりと写したいものを写すというピント合わせの点で言うと、若干の甘さがある、というのが比較して一歩劣る点ではあります。

結果どっちがいいの?と考えてしまうところではありますが、これはそれぞれの強みをどう捉えるかというところで、人が多く集まるイベントごとやスポーツなど、動きを捉える場合の撮影にはそのシャッターチャンスを逃すことないキャノン機を、商品や人物のポートレート撮影など、動きがなく撮れて当たり前のものをきちんと綺麗に撮影することを優先するのであればニコン機、とその良さを切り分けて選んでいただくといいかもしれません。 

その3>仕上がりの印象が違う

 これは一般的な見解含め、個人的な意見でもあるのですが、キャノンは現実よりも綺麗に写し、ニコンは現実をそのまま忠実に写す。というのが写真の仕上がりを見ての印象の違いかなと感じています。

「その1」でご紹介したそれぞれの特徴が、仕上がりの違いにもつながっているものと思いますが、同じものを撮りながらもその印象が異なって写るというのは、実に面白いことだと思います。

これに関しては、実際にご自身の目で確認いただかないと、というところではありますが、今だと家電量販店などで、実際にカメラを試写させてもらいながら、その違いを見て比べることもできるので、ぜひ興味がある方はその違いを見比べ、感じていただければとも思います。

と、個人的な意見までも含め、それぞれのメーカーの特徴と強み、またそこからの違いをご紹介させていただきましたが、上記を元にぜひどのカメラがご自身に適しているのか、選ぶにあたって迷われた時のご判断の参考にでもしていただければと思います。

結局はどっちが良くて、何がどう良いとは言い切れず、最終的な判断は各々の「好み」になってしまうかもですが、ぜひこれを機にカメラの奥深さ、また楽しさを感じていただければ嬉しいです。

良い写真を撮るためにカメラの持つ特徴や性能も理解してみましょう! ということで、また次回をお楽しみに。

 

 

SHARE

新着記事

2022.01.05

社内報のつくりかた

無料でお役立ちフォーマットがDL!「社内報のきほん by glassy株式会社」

無料でお役立ちフォーマットがDL!「社内報のきほん by...

当サイト社内報のお役立ちコラムを運営するglassy株式会社が新しく社内報担当者向けのお役立ちサイトをオープン致しました。社内報のきほん by glassy株式会社https://shanaiho.g...

2021.12.15

社内報のつくりかた

メディア型とSNS型。あなたの会社に合うコミュニケーションツールはどっち?

メディア型とSNS型。あなたの会社に合うコミュニケーショ...

「会社の経営理念やビジョンが現場の社員までなかなか浸透しない」「テレワークが増えてメンバー間のコミュニケーションが希薄になってきた」このような組織内のコミュニケーション不足を感じているなら、伝えたいタ...

2021.12.14

社内報のつくりかた

WEB社内報でユーザー情報の管理問題について考える

WEB社内報でユーザー情報の管理問題について考える

WEB社内報の運用を進めるにあたり、コンテンツ発信以外の思わぬところで躓いてしまうことがあります。その見落としがちなポイントの1つが、ユーザー情報の管理方法です。そこで今回は、コンテンツ発信に注力でき...

2021.12.13

社内報のつくりかた

WEB社内報の閲覧数ばかり気にしていないですか?

WEB社内報の閲覧数ばかり気にしていないですか?

紙と違いWEBは閲覧数を容易に把握できるため、ついそこばかりに目が行きがちです。広報担当者が、社員に「読んでもらうこと」(=閲覧数)を意識するのは決して間違いではありません。しかし、社内メディアが持つ...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-6210-1433

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

社内報お役立ちコラム

ページトップへ