メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

社内報の担当者に向いているタイプって

2018.11.06

2016.05.16

こんにちは、ディレクターのkojiです。
さて今回は、新しく社内報担当者になられた方にむけて、社内報担当者にとって大切な4つの素質について考えてみたいと思います。

オープンさ・誠実さ

明るい性格で、人とのコミュニケーションを積極的に取ることは、社内報の担当者に限らず社会人として非常に大切な素質です。どんな人にも心を開き、相手の意見を受け入れる姿勢は、「この人なら協力したい」と信頼してもらいやすいです。
また、社内報は多くの人の協力のもとで成り立っていますので、原稿依頼なども丁寧に真摯な対応で臨みましょう。

公平さ

社内報担当者は、社内の情報を社員にきちんと伝える役目を担っています。自社の強み、弱みを冷静にとらえる視点を持つことを心がけましょう。そのためには事実を客観的に判断でき、他社との状況・他者の意見を比較した上で自分の意見を述べられるようになるとよいでしょう。

好奇心旺盛

社内には社内報のネタがあちらこちらに散らばっているものですが、モノゴトへの関心が薄いと、せっかくのネタに気づかぬままになってしまいます。どんなことにも興味をもち、気になったことはすぐに誰かに質問するなどして解決していきましょう。

整理上手

社内報づくりで、編集者としての手腕が問われるのは、各ページに集まる素材(情報)を、いかに的確に伝えることができるかということ。そのためには、ページの目的はコレ、だからこの素材(情報)を、このくらいのボリュームで扱うことにする、など自分の考えを簡潔に整理するように心がけましょう。持論的に、料理を手際よく作ることができる人は、社内報づくりも向いているのではないかと思います。

社内報は、結局「人」が作るものです。担当者の熱意や態度が、社内報の出来映えを間違いなく左右します。社内の情報を伝える、コミュニケーションを活性かさせるという重要な任務を任された皆さんの「人間力」を発揮していただきつつ、ご自身の成長につながる仕事となりますように。

 

 

SHARE

新着記事

2021.04.01

社内報のつくりかた

はじめて社内報担当者になったとき、やるべきことまとめ

はじめて社内報担当者になったとき、やるべきことまとめ

この春から、初めて社内報を担当することになった方もいらっしゃることでしょう。社内報担当者になったからには、まず次号の表紙を決める?それとも企画を考える? 正直何から手をつければよいのかわからない… で...

2021.03.11

社内報のつくりかた

社内報制作でデザイナーに依頼するときは具体的に!

社内報制作でデザイナーに依頼するときは具体的に!

こんにちは! 社内報デザインを外部のデザイナーさんにお願いしている企業も多いと思います。 そのときに、こんな悩みを抱えたことありませんか?「渡した資料どおりのレイアウトで、デザインに工夫が感じられない...

2021.02.19

社内報のつくりかた

トップメッセージは誰のため?伝え方のポイントとは

トップメッセージは誰のため?伝え方のポイントとは

4月号は新入社員特集を掲載する企業が多い私感です。さて、読みにくいとも、読まれている、とも言われるこのトップメッセージ。どこで差がつくのでしょうか? それは、「読みたい」と思う社員と「読みたくない」と...

2021.02.12

社内報のつくりかた

色校正とは?色校正を見るときに気を付けたい3つのポイント

色校正とは?色校正を見るときに気を付けたい3つのポイント

今回は社内報をつくる工程の中でも、社内報担当者の方の最後の確認になる色校正についてです。 みなさんは色校正のチェックの時に、どのように何をチェックされていますか? そもそも、なぜ色校正が必要なのかご存...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-6210-1433

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ