メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

社内報で、「変化」を見せる。

2016.02.15

社内報で、「変化」を見せる。

こんにちは、ディレクターのkojiです。

社内報のデザインやレイアウトは読んでもらうため、興味を持ってもらうためのファーストステップかと思いますが、そのページの目的が伝わらなければ意味がありませんよね。
読者の関心を引きつつ、制作側である社内報担当者の皆さんの意図を伝えるための企画の切り口として、今日は「変化を見せる」ネタを取り上げてみたいと思います。

企画案1:私たち、1年間でこんなに成長しました。

例えば、昨年入社した新入社員の中で、売上を伸ばした営業マン、新製品の開発に携わった技術者はいませんか?彼らに取材をして、入社してからの1年間でどんなことを学び、考え、実行したのかを聞いてみる企画は、いかがでしょう?さらにこの春入社する新入社員への応援メッセージを添えることで、新入社員に対して、自身の1年後という短期的な目標を見せることにもつながる企画になると思います。

【訴求ポイント:成長する社員、それを応援する企業姿勢、新入社員へのエール】

企画案2:我が想い出の、○×会社

新社屋に移転した、新しい部署が増えた、新製品が発売されたなど、「新しい」コト・モノの情報は、社内報に取り上げやすいネタですよね。そこにひと工夫として、昔の社屋、旧部署の活躍、新製品の元になったロングセラー製品など、当時を知る社員にコメントをもらうというのはいかがでしょう?単なる情報発信のページから、企業の歴史や、お客さまに愛される製品づくりのヒントまでを伝える厚みのある企画になると思います。

【訴求ポイント:歴史の継承、製品づくりノウハウ】

企画案3:ONとOFFの、やる気スイッチCHECK!

仕事を頑張る、プライベートの時間も大切にする、そんなオンもオフもイキイキと過ごしている社員を社内報で取り上げます。企画を通じてその人が大切にしていること、その人を創り上げる土台が見えてくることでしょう。また、企業の求める人物像に近い社員を人選すれば、その社員を通じて、企業の想いが伝わりやすくなるのではないかと思います。

【訴求ポイント:ワークライフバランス、企業の求める人物像】

 

そろそろ社内報の春号の制作がスタートしている頃でしょうか?新たな年間テーマを定めたり、企画を見直したり、もしかしたら編集委員のメンバーが変わったり!?なにかと動きの多い号になるのではないかと思いますが、変化することを怖がらずに新しいことにチャレンジすることを楽しんでくださいね。

 

SHARE

全9種類

社内報作成に役立つ資料を 今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する
お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

全9種類

社内報作成に役立つ資料を
今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

新着記事

2019.06.12

今さら聞けない社内報の寄稿とは?どんなノウハウがある?

社内報のつくりかた

今さら聞けない社内報の寄稿とは?どんなノウハウがある?

今さら聞けない社内報の寄稿とは?どんなノウハウがある?

社内報は社内広報ツールの一つであり、会社の理念を伝えたり、働いている人々の思いを共有したりするのに有効な手段です。ただ、そのためには担当する人間だけが原稿を書いていたのでは十分ではなく、さまざまな視点...

2019.05.29

技術広報と社内報

社内報のつくりかた

技術広報と社内報

技術広報と社内報

こんにちは!かわうそです。新しい元号「令和」がスタートしました。社内文書や社内報でも年号の記述を変えたり、表記を統一したり・・・といった対応に追われた担当者も多いのではないでしょうか?さて、今回は「技...

2019.05.14

組織活性化のために!企業が実践できる取り組みとは?

職場活性化

組織活性化のために!企業が実践できる取り組みとは?

組織活性化のために!企業が実践できる取り組みとは?

会社組織の活性化は、どの企業にとっても大きな課題です。組織活性化に向けて取り組んでいる企業は、いま足りないのは一体どんなところかなのかと悩んでしまいますよね。ひとことで活性化といっても企業ごとに特徴が...

2019.04.25

動画配信で社内報の情報伝達力を高めよう!

社内報のつくりかた

動画配信で社内報の情報伝達力を高めよう!

動画配信で社内報の情報伝達力を高めよう!

こんにちは!かわうそです。平成から令和へ・・・新しい時代が始まろうとしています。社内報でもこの1年間、平成を振り返る企画や特集記事が増えたのではないでしょうか。平成30年間を振り返ってみると、紙や冊子...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-6385-1151

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ