メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

社内報の企画・ネタ|ヒト、コト、モノで「変化」を見せる。

2020.11.13

2016.02.15

こんにちは、ディレクターのkojiです。

社内報のデザインやレイアウトは読んでもらうため、興味を持ってもらうためのファーストステップかと思いますが、そのページの目的が伝わらなければ意味がありませんよね。
読者の関心を引きつつ、制作側である社内報担当者の皆さんの意図を伝えるための企画の切り口として、今日は「変化を見せる」ネタを取り上げてみたいと思います。

企画案1:私たち、1年間でこんなに成長しました。

例えば、昨年入社した新入社員の中で、売上を伸ばした営業マン、新製品の開発に携わった技術者はいませんか?彼らに取材をして、入社してからの1年間でどんなことを学び、考え、実行したのかを聞いてみる企画は、いかがでしょう?さらにこの春入社する新入社員への応援メッセージを添えることで、新入社員に対して、自身の1年後という短期的な目標を見せることにもつながる企画になると思います。

【訴求ポイント:成長する社員、それを応援する企業姿勢、新入社員へのエール】

企画案2:我が想い出の、○×会社

新社屋に移転した、新しい部署が増えた、新製品が発売されたなど、「新しい」コト・モノの情報は、社内報に取り上げやすいネタですよね。そこにひと工夫として、昔の社屋、旧部署の活躍、新製品の元になったロングセラー製品など、当時を知る社員にコメントをもらうというのはいかがでしょう?単なる情報発信のページから、企業の歴史や、お客さまに愛される製品づくりのヒントまでを伝える厚みのある企画になると思います。

【訴求ポイント:歴史の継承、製品づくりノウハウ】

企画案3:ONとOFFの、やる気スイッチCHECK!

仕事を頑張る、プライベートの時間も大切にする、そんなオンもオフもイキイキと過ごしている社員を社内報で取り上げます。企画を通じてその人が大切にしていること、その人を創り上げる土台が見えてくることでしょう。また、企業の求める人物像に近い社員を人選すれば、その社員を通じて、企業の想いが伝わりやすくなるのではないかと思います。

【訴求ポイント:ワークライフバランス、企業の求める人物像】

 

そろそろ社内報の春号の制作がスタートしている頃でしょうか?新たな年間テーマを定めたり、企画を見直したり、もしかしたら編集委員のメンバーが変わったり!?なにかと動きの多い号になるのではないかと思いますが、変化することを怖がらずに新しいことにチャレンジすることを楽しんでくださいね。

 

SHARE

新着記事

2021.09.06

社内報のつくりかた

【WEB社内報】コメント機能のメリットとデメリット

【WEB社内報】コメント機能のメリットとデメリット

コロナ禍の影響で様々なモノやコトがニューノーマルへと変化しました。特にリモートワークの普及により、同僚と顔を合わせる機会が大幅に減少した方も多いのではないでしょうか。そんな中、リモート環境下でも社内コ...

2021.09.06

社内報のつくりかた

【WEB社内報】サムネイルデザインの基本

【WEB社内報】サムネイルデザインの基本

WEB社内報を作成しているなかで、記事のサムネイルデザインがなかなか仕上がらず、悩まれている担当者の方も多いのではないでしょうか。従業員の目に留まるようなサムネイルデザインの作成は難しく、アクセス数が...

2021.09.06

社内報のつくりかた

コンテンツで困らないために!WEB社内報の編集体制のつくりかた

コンテンツで困らないために!WEB社内報の編集体制のつく...

紙からWEBへ、社内報をリニューアルしたい!そんな思いも持たれている広報責任者様、ご担当者様は非常に多いのではないでしょうか。紙からWEBへ移行するメリットとしては、・デザイン制作、印刷、配送の工数が...

2021.09.06

社内報のつくりかた

【WEB社内報】読まれる記事を作るにはタイトルを工夫すべし

【WEB社内報】読まれる記事を作るにはタイトルを工夫すべ...

企業が発行する社内報はもともと紙媒体が主流でしたが、最近はオンライン上で閲覧できる「WEB社内報」を導入する企業も増えています。しかし、紙で配布される社内報とは異なり、WEB社内報を読むには社員が自ら...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-6210-1433

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

社内報お役立ちコラム

ページトップへ