メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

社内報の企画・ネタ|ヒト、コト、モノで「変化」を見せる。

2016.02.15

社内報の企画・ネタ|ヒト、コト、モノで「変化」を見せる。

こんにちは、ディレクターのkojiです。

社内報のデザインやレイアウトは読んでもらうため、興味を持ってもらうためのファーストステップかと思いますが、そのページの目的が伝わらなければ意味がありませんよね。
読者の関心を引きつつ、制作側である社内報担当者の皆さんの意図を伝えるための企画の切り口として、今日は「変化を見せる」ネタを取り上げてみたいと思います。

企画案1:私たち、1年間でこんなに成長しました。

例えば、昨年入社した新入社員の中で、売上を伸ばした営業マン、新製品の開発に携わった技術者はいませんか?彼らに取材をして、入社してからの1年間でどんなことを学び、考え、実行したのかを聞いてみる企画は、いかがでしょう?さらにこの春入社する新入社員への応援メッセージを添えることで、新入社員に対して、自身の1年後という短期的な目標を見せることにもつながる企画になると思います。

【訴求ポイント:成長する社員、それを応援する企業姿勢、新入社員へのエール】

企画案2:我が想い出の、○×会社

新社屋に移転した、新しい部署が増えた、新製品が発売されたなど、「新しい」コト・モノの情報は、社内報に取り上げやすいネタですよね。そこにひと工夫として、昔の社屋、旧部署の活躍、新製品の元になったロングセラー製品など、当時を知る社員にコメントをもらうというのはいかがでしょう?単なる情報発信のページから、企業の歴史や、お客さまに愛される製品づくりのヒントまでを伝える厚みのある企画になると思います。

【訴求ポイント:歴史の継承、製品づくりノウハウ】

企画案3:ONとOFFの、やる気スイッチCHECK!

仕事を頑張る、プライベートの時間も大切にする、そんなオンもオフもイキイキと過ごしている社員を社内報で取り上げます。企画を通じてその人が大切にしていること、その人を創り上げる土台が見えてくることでしょう。また、企業の求める人物像に近い社員を人選すれば、その社員を通じて、企業の想いが伝わりやすくなるのではないかと思います。

【訴求ポイント:ワークライフバランス、企業の求める人物像】

 

そろそろ社内報の春号の制作がスタートしている頃でしょうか?新たな年間テーマを定めたり、企画を見直したり、もしかしたら編集委員のメンバーが変わったり!?なにかと動きの多い号になるのではないかと思いますが、変化することを怖がらずに新しいことにチャレンジすることを楽しんでくださいね。

 

SHARE

新着記事

2020.11.18

社内報の企画・ネタ|2021年「新年号の企画、どうする?」

社内報のつくりかた

社内報の企画・ネタ|2021年「新年号の企画、どうする?」

社内報の企画・ネタ|2021年「新年号の企画、どうする?...

社内報の新年号といえば、「年頭所感」や「新年の抱負」。恒例で載せなければならない企画が多い一方で、毎年同じ見せ方になってしまって頭を悩ませている社内報担当者も多いのではないでしょうか。一方で、今年は新...

2020.10.07

スッキリ解消!社内報の「校正」に関連する記事7選!

社内報のつくりかた

スッキリ解消!社内報の「校正」に関連する記事7選!

スッキリ解消!社内報の「校正」に関連する記事7選!

社内報原稿の社内確認や制作会社とのやりとりで、こんな経験をされたことはありませんか?修正指示を書き込んだが、間違って伝わってしまった。修正指示を見落とされてしまった。校正紙の指示だけでは分からないと制...

2020.09.30

社内報をリニューアルしたい時に読んでほしい記事5選

社内報のつくりかた

社内報をリニューアルしたい時に読んでほしい記事5選

社内報をリニューアルしたい時に読んでほしい記事5選

社内報の“リニューアル”といっても、新しい企画を立ち上げて反応を見るという比較的すぐに実行できる方法もありますし、表紙を含めてデザインや内容を大きく刷新する方法もあります。社内報をリニューアルする前に...

2020.04.09

社内報のネタに困ったら?こんな方法で解決!

社内報のつくりかた

社内報のネタに困ったら?こんな方法で解決!

社内報のネタに困ったら?こんな方法で解決!

社内報担当者であれば「社内報がちゃんと読まれているか?」「社内報がコミュニケーション活性化に貢献しているか?」は、業界・業種に関係なく社内報担当者に共通している課題です。そして、「社員に読んでもらえる...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-6210-1433

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ