メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

社内報の写真撮影で使える!正しい三脚の使い方~

2020.11.12

2016.03.29

こんにちは!nemoです。

そろそろ新入社員号の制作に取り掛かり始めている社内報担当者の方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

前回のご紹介では、新入社員の自己紹介用の撮影で今すぐ実践できる[フレーミング法]という構図を決める上での基礎知識をお教えしましたが、今回はその撮影の中で、社員証やバストショットなど、一律して同じ構図で撮る際に役立つ「三脚の使い方」について、ご紹介をさせていただきます!

簡単に使えるようで、実はしっかりと正しい使い方を知っておかないと利便性を発揮することができない…という三脚。
撮影の際のブレを防ぐだけでなく、構図を熟考する上でも大活躍する撮影アイテムにもなりますので、この機会を持って、基本の使い方を習得しておきましょう!

【正しい三脚の使い方:3ステップ】

<その1> 脚は太い方から伸ばしてネジ類はしっかり止める

三脚の脚(あし)部分、何も考えずにセッティングをした場合、先端の細い方から伸ばしたくなるものですが、脚の細い部分から伸ばしてしまうと、三脚を立てた際、カメラの重みで三脚自体、バランスを崩しやすくなってしまったり、安定感が保ちにくくなったりと、とても危険な状態になってしまいます。
まずは上部の太い部分から伸ばすようにし、ネジやレバーでの固定部分もゆるみが生じないよう、しっかりと締めることを忘れず行うようにしましょう!

<その2>  3本の脚の長さは同じに揃える

脚を開いてから目分量で長さを決めるのはNGです。
それぞれの脚の長さが不揃いになってしまうと安定感がなくなるだけでなく、水平垂直を保つことが難しい状態になってしまいます。
面倒でも脚を閉じた状態から長さを同じに揃えるようにし、その後開脚するように心がけましょう!
最近では元から目盛りのついた三脚も出てますので、使いやすく感じるものを選んでいただければと思います。

<その3>  エレベーターの使用は1/3程度にする

エレベーターとは三脚をセッティングした後に、カメラの高さを垂直方向に自由に変えることのできるパーツとなります。
ファインダーを覗きながら、任意の高さに調節ができるので、とても使い勝手の良いものになります。
但し、あまり高めに引き伸ばしてしまうとカメラを支える強度が弱まり、逆に固定がしにくい状態にもなってしまうので、基本は微調整程度で使うよう、意識していただければと思います。
その際の目安として、1/3までの高さを基本に調整するようにしましょう!

 

と、以上です。

上記3ステップの説明を見れば「実に簡単な基礎」とお思いになることかと思いますが、時折、その簡単な操作が故にその基本をパッと忘れてしまったり、ついつい自分勝手な使い方をしてしまったり…という方も多くいらっしゃいますので、まずは決めた構図をしっかり保つ、撮るべきものがしっかりと写真に収めることができるよう、三脚の正しい使い方をマスターしてみてくださいね!

ではでは、今回はこれまで。
また次回をお楽しみに!

 

SHARE

新着記事

2022.01.05

社内報のつくりかた

無料でお役立ちフォーマットがDL!「社内報のきほん by glassy株式会社」

無料でお役立ちフォーマットがDL!「社内報のきほん by...

当サイト社内報のお役立ちコラムを運営するglassy株式会社が新しく社内報担当者向けのお役立ちサイトをオープン致しました。社内報のきほん by glassy株式会社https://shanaiho.g...

2021.12.15

社内報のつくりかた

メディア型とSNS型。あなたの会社に合うコミュニケーションツールはどっち?

メディア型とSNS型。あなたの会社に合うコミュニケーショ...

「会社の経営理念やビジョンが現場の社員までなかなか浸透しない」「テレワークが増えてメンバー間のコミュニケーションが希薄になってきた」このような組織内のコミュニケーション不足を感じているなら、伝えたいタ...

2021.12.14

社内報のつくりかた

WEB社内報でユーザー情報の管理問題について考える

WEB社内報でユーザー情報の管理問題について考える

WEB社内報の運用を進めるにあたり、コンテンツ発信以外の思わぬところで躓いてしまうことがあります。その見落としがちなポイントの1つが、ユーザー情報の管理方法です。そこで今回は、コンテンツ発信に注力でき...

2021.12.13

社内報のつくりかた

WEB社内報の閲覧数ばかり気にしていないですか?

WEB社内報の閲覧数ばかり気にしていないですか?

紙と違いWEBは閲覧数を容易に把握できるため、ついそこばかりに目が行きがちです。広報担当者が、社員に「読んでもらうこと」(=閲覧数)を意識するのは決して間違いではありません。しかし、社内メディアが持つ...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-6210-1433

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

社内報お役立ちコラム

ページトップへ